【2020年版】RPG好きが選ぶニンテンドースイッチおすすめRPGランキングベスト10

【2020/3/19更新】

ニンテンドースイッチの勢いが止まりません。どうぶつの森も発売され、最近は本体の品薄も影響して、購入したくても購入できないという状態が続いています。

そんなニンテンドースイッチですが、いま王道RPGがかなり充実してきています。かつてのWii、Wiiuといった任天堂ハードは必ずしもRPGに強いゲーム機ではありませんでしたが、いまやPS4を超える勢いで魅力的なRPGは揃いつつあります。

そこで、ニンテンドースイッチでおすすめのRPGを実際に遊んでみたユーザー視点で独断でランキング形式でご紹介しますので、RPGを探している方は参考にしてみてください。

【1位】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド[amazon]

ニンテンドースイッチを買ったら、最優先で遊ぶべきRPGです。

オープンワールドで描かれた「ゼルダの伝説」の世界はとても美しく

数々のオープンワールドゲームが存在する中で圧倒的な後発ゲームでありながら、圧倒的に楽しい、ニンテンドースイッチを代表するRPGの傑作であり、ニンテンドースイッチでしか遊べないRPGです。

オープンワールドゲームに求めがちなことは

「なんでもできる」「やりこみ要素がある」といった点に集中しがちですが

本作は「ゲームとしての完成度」「アクションRPGとしての楽しさ」

といった点がとことん作り込まれており

「オープンワールドゲームという形態はあくまでも楽しさを広げる手段であって、本質的なゲームの楽しさはを体験できる」

といった感じです。

いままで、喰わず嫌いで「ゼルダの伝説」をプレイしてこなかった人こそ、ぜひプレイしてください。ゲームに対する概念を変えてくれる人生に残るゲームです。

【2位】ドラゴンクエスト11 S

【通常版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch

ドラゴンクエスト11 S[amazon]

かつてPS4、ニンテンドー3DSで発売されたドラゴンクエスト11

世界観やストーリーなどは同じですが、それぞれ3Dと2Dで描かれたドラクエが遊べたのですが、ニンテンドースイッチ版はその両方をまとめて遊べる

「いわゆる完全版」といった内容になっています。

・フルボイス化

・新しいストーリー追加

・歩く速度の高速化など遊びやすさ改善

・BGMはオーケストラ演奏収録

など、ゲーム内容も大幅パワーアップしておりPS4や3DS版を購入したユーザーからすると、

「それ、最初から販売してよー」と思わず不満が出てしまうかもしれません。

そのくらい、ニンテンドースイッチ版のドラクエ11の内容は素晴らしく、これってニンテンドースイッチ本体ユーザーだけの特権ですね。

PS4、3DS版をクリアした人でも間違いなく楽しめます。

【3位】ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ[amazon]

ファイナルファンタジーシリーズといえばFF7を名作にあげる人が多いのですが、個人的には近年のファイナルファンタジーシリーズにおいて

・圧倒的に王道のファイナルファンタジーで

・圧倒的に世界観やストーリーの作り込みが深くて

・圧倒的にバトルシステムが洗練されている

作品が本作FF12です。

唯一の弱点が年齢と共にテレビの前に座ってRPGをプレイするのが難しくなった・・・という生活の多様化にありますが、ニンテンドースイッチがあれば、もう一度、FFを楽しむことができそうです。

FF12のオリジナル版はプレステ2であり、それをベースにリマスター移植したのが本作ですが、PS2のゲームとは思えないクオリティになっており、最新作と言われても全く遜色なく楽しめます。

ファイナルファンタジーといえば最近スマホで配信された、ファイナルファンタジータクティクスの流れを組む「FFBE幻影戦争」も人気ですが、スマホやニンテンドースイッチのような携帯ゲーム機はFFのような大作RPGをプレイする上で向いていると思います。特に年齢を重ねた大人にとっては。

FFBE幻影戦争の詳細をアプリストアでチェック

【4位】ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster

ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster - Switch

ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster[amazon]

2000年以降、プレイステーション2が登場して以来のファイナルファンタジーシリーズの中で、圧倒的な人気を誇るのがFF10です。

FF10は「泣ける」「感動する」「これこそFF」といった評価も高い作品で、FF10は2作品発売されましたが、

なんとニンテンドースイッチ版では2作品がこれ1本で遊べます

FF10の2作品まとめたパッケージ版はPS4、PS3でも発売されていますので、それをニンテンドースイッチでも展開しただけなのですが、当時FF10をプレイして、実際に今これをプレイする人は30代中盤から40代にかけての人が多いと思われるので、ニンテンドースイッチだとかなり遊びやすい環境構築ができると思います。

現時点での最新FFはFF15ですが、こちらはまだニンテンドースイッチで登場しておらず、今後の展開が期待されるところですね。スマホアプリではFF15の世界観をベースにしたゲームが登場しています。

ファイナルファンタジー15:新たな王国の詳細をアプリストアでチェック

【5位】オクトパストラベラー

オクトパストラベラー - Switch

オクトパストラベラー[amazon]

スーパーファミコンとプレイステーション1の中間のようなゲーム性を

ニンテンドースイッチで美しく再現した

「現代風に作ってみた古き良き時代のファイナルファンタジー風RPG」

といえるのがオクトパストラベラーです。

「最新のRPGは複雑すぎてついていけない」

「スーファミ時代のRPGを遊びたい!」

といったアラサー、アラフォーゲームファンの要望に応えた内容だったのですが、若いゲーム世代からすると

「いままでになかった新しいRPG」

と新鮮に見えるらしく、広い世代に様々な感情が入り混じって人気になっています。実際にプレイしてみると

「箱庭風」「劇場風」な演出や画面展開は新鮮であり、リアルなグラフィックとか、過剰な演出がゲームの面白さの本質ではないというところを気づかせてくれます。

【6位】The Elder Scrolls V: Skyrim

The Elder Scrolls V: Skyrim(R) - Switch

The Elder Scrolls V: Skyrim[amazon]

世界を代表するファンタジーRPGの傑作であり、家庭用ゲーム機では

PS3→PS4→ニンテンドースイッチという流れで移植されてきました。

CEROZタイトルなので、従来の任天堂ハードでは絶対に発売されないゲームでしたが、スカイリムがニンテンドースイッチで発売されたことで、一挙にRPGがニンテンドースイッチ本体に流れ込んできた「きっかけ」になったゲームです。

スカイリムといえば、あまりのボリュームでとても遊び尽くせないのですが、ニンテンドースイッチなら、いつでもプレイできるので、かつてPS3版「スカイリム」を途中で断念してしまったユーザーにおすすめしたいです。

【7位】ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション -Switch 【CEROレーティング「Z」】 (【パッケージ版特典】豪華な特典3種セット 同梱)

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション[amazon]

スカイリムと並んで人気のファンタジー系オープンワールドRPGがウィッチャー3です。PS4で発売され世界的人気になりましたが、なんとこちらもニンテンドースイッチで遊べます。

スカイリムと比べて、「ストーリー重視のゲーム」なので、日本のRPGに近いのが特徴です。

「海外のゲームはちょっと合わない、苦手です」

といった人にこそぜひプレイしてほしいRPGです。

バトルシステムは、ただ力任せで押し切るだけでは勝てない「アクションゲーム的な要素も高いゲームシステム」なので、アクションゲームファンでも楽しめます。

【8位】Xenoblade2 (ゼノブレイド2)

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

Xenoblade2 (ゼノブレイド2)[amazon]

WiiUなどで発売された王道RPGの新作です。ゼノブレイドという名前からわかる通り、その昔「ゼノキアス」「ゼノサーガ」といったタイトルがありましたが、そのスタッフによる流れを汲むrPGです。

RPGに限った話ではなく、近年「日本市場を狙った日本向けのRPG」といったタイトルが非常に少なく、海外市場を意識した内容になりがちですが、ゼノブレイドはまさに日本のゲームユーザーに振り切った作りになっています。

オープンワールドゲームと呼ぶには、ちょっと世界感が狭い印象はありますが、オープンワールド風に描かれたフィールドは冒険心を刺激して、ワクワクさせてくれます。

【9位】聖剣伝説コレクション

聖剣伝説コレクション - Switch

聖剣伝説コレクション[amazon]

かつてスーファミ等で発売された「聖剣伝説」がまとめて遊べるアーカイブ的なゲームです。まとめると

「聖剣伝説のファミコンミニ」みたいな感じです。

収録しているタイトルは次の3本です。

ゲームボーイ版「聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-」 1991年

スーファミ版「聖剣伝説2」 1993年

スーファミ版「聖剣伝説3」 1995年

内容は当時そのままですので、いまさら遊ぶ人がどこまでいるのか・・・・と思うかもしれませんが、ニンテンドースイッチ版ゆえに、これが、ついつい遊んでしまうんです。

昔のゲームでも、もう一度プレイしようと思わせるのが携帯ゲーム機としての強みですね。

【10位】サガ スカーレット グレイス 緋色の野望

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 - Switch

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望[amazon]

PSVITAで発売された同名タイトルのニンテンドースイッチ版です。

ただし、追加シナリオ、ボイス、キャラクターなどを追加したパワーアップ版であり、PSVITAをプレイした人でも楽しめます。

RPGというと「ストーリーや世界観を楽しむもの」

みたいなファイナルファンタジーシリーズ体験が思い出されますが、本作はそのようなRPGの固定概念をバッサリ排除した

いい意味で、RPGの常識を打ち破った独創的なRPGです。

いかにバトルで勝利してキャラを育成していくか

「バトル重視」「バトルの楽しさ注力」といった「バトル偏重型RPG」といえる内容なので、遊ぶ人を選びますが、ハマるとすごく楽しめます。

まとめ

今回はニンテンドースイッチで遊べるおすすめRPGについて特集してみました。新作タイトルが登場しましたら随時追加していきます。