【PS3/PS2/PSP】マクロスゲーム史上いちばん面白い作品は?おすすめマクロスゲーム特集

スポンサーリンク

PS4でリマスター発売してほしい!歴代No1マクロスゲームは?

いまだに新作アニメが放映され、世代を超えて人気を獲得し続けているマクロス。

そのマクロスの世界観を再現したゲームソフトといえば、1985年のファミコン版以降、数多く発売されてきました。

そこで、そんなマクロスゲームの中から、このまま埋もれさせてしまうにはあまりにも惜しい!勿体無い!!PS4でリマスター発売して欲しいマクロスゲームは何なのか!?

今回、これまでに発売された作品を振り返りながら、No1タイトルをマクロス好きな筆者が独断と偏見で決めてみたいと思います!

【PS2】超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス [amazon]

発売日:2003年10月23日

歴代マクロスゲームの中でもイチオシの作品がコレ。

2003年にPS2で発売された初代アニメ「超時空要塞マクロス」の世界を再現した3Dアクションシューティングゲームです。

可変戦闘機バルキリーの3段階変形も見事に再現されており、バルキリーを操る楽しさが味わえます。

物語は初代マクロスだけど、なんとエンディングはテレビ版と劇場版の2パターンが用意されており、戦闘中に名曲「愛・おぼえてますか」が流れてくるシーンもあってテンション上がりまくりです。

PS3でもマクロスゲームは発売されているので、それと比べると、グラフィック的には落ちるものの、肝心の戦闘機アクションゲームとしての作りが秀逸。

1回全部クリアしても、2回目(いわゆる2週目の周回プレイ)も楽しめるという、最近のゲームでは、おろそかになっている完成されたゲームシステムを繰り返し楽しむという精神が漲っているゲームです。

PS2版 超時空要塞マクロス が超面白い理由、実は・・・

aero dancing4 new generation [amazon]

なぜ、PS2版の超時空要塞マクロスがフライトシューテイィングゲームとして、こんなにも面白いのか、バランスよく作られているのか、だって発売元はバンダイだし・・・。

という疑問を解いてくれるのが、実はこのゲーム、開発はなんとセガ!

セガの中でもAM2というチームのフライトシミュレーター「エアロダンシング」を作ったチームが開発担当しているのです。

↑その証拠にパッケージの左下に小さく文字でSEGA/AM2って書いてあります。

エアロダンシングといえばドリームキャストや、その後PS2でも発売された本格フライトゲーム。

そのフライトゲームとしての開発ノウハウと、アーケードゲームで培われた経験が凝縮されたのが、PS2版の時空要塞マクロスというわけです。

セガ開発によるマクロスゲームとしては最初で最後となってしまいましたが、

PS4でリマスター版を発売して欲しいマクロスNo1ゲームです!

復活してくれないかなぁ。絶対に買うんですけどね。

【PS3】マクロス30~銀河を繋ぐ歌声~

マクロス30~銀河を繋ぐ歌声~ [amazon]

発売日:2013年3月28日

PS3で唯一発売されているマクロスゲーム

残念ながらこれ以降PS3だけでなく、PS4でもマクロスゲームは発売されていません。とはいえ、このマクロスゲームはマクロス30周年を記念する

「全シリーズクロスオーバー作品」

となっていて歴代マクロスからオールスターが集結した集大成的な内容になっています。パッケージを見るとこれって

「キャラゲーなの?」

という印象を与えてしまうのが勿体無いのですが、フライトシミュレーションゲーム。敵をロックオンしてミサイルを撃ちまくる爽快感が楽しめます。

グラフィックはPS3なので、マクロスゲーム史上もっとも綺麗。

バルキリーを強化したり、機体を集めたり、やりこみ要素も満載となっています。

とはいえ、シューティングゲームとしては、必ずしも出来がよいわけではなく、カメラ演出や、敵戦闘機へのターゲットオン、解除が微妙にやりにくかったり、
PS2版の超時空要塞マクロスをプレイした後で遊ぶと、痒いところに手がとどかないもどかしさを感じるかもしれません。
一方でPS2版見プレイでこちらのPS3版からプレイしてした人にとっては評価はそれほど悪くないんです。
合格点だけど、まだまだ改善の余地があるといった感じなので、PS2版に続く、2番目のおすすめマクロスゲームと評価したいと思います。

【PSVITA】マクロス Δ スクランブル

マクロス Δ スクランブル [amazon]

発売日: 2016年10月20日

PSVITAで発売された唯一のマクロスゲーム。PSVITAでマクロスを遊びたいならコレ。

かつ、マクロスΔ(デルタ)というテレビシリーズをベースにしているので、古いマクロスファンには、ストーリーや世界観が追いつかない(いわゆるわからないマクロスシリーズ)であり、

かつ、マクロスΔファンにとっては、アニメの全26話のうち、13話までしかゲームでカバーしていないゲームという、ちょっとモヤモヤしてしまう内容になっています。

といいながらも、

歴代マクロスファンを配慮して歴代マクロスシリーズからもパイロット、歌姫、機体がオマケ参戦していたり、20曲のアニメ楽曲が収録されていてい、それを背景に戦闘を楽しめたりします。

とはいえ、アニメ楽曲はフルコーラス入りではなく、一部楽曲がループする仕様になっているので、このあたりは権利許諾費用か、本体メモリの問題か不明ではあるものの、実際にプレイしてみると

楽曲で超テンションが上がってきたところで、ループになるのでテンションがやや下がってしまうのは否めません。

PSVITAなのでグラフィックは大変綺麗。もう1本続編が出れば、ゲームとして熟成されて、さらに面白くなるような気はしますね。

でも、マクロス好きなら、そこそこ楽しめると思います。

 【PSP】マクロス アルティメット フロンティア

マクロス アルティメット フロンティア [amazon]

発売日:2009年10月1日

PSPで合計3本発売されたマクロスゲームの集大成ともいえる作品がコレ。

10作品以上の歴代マクロス作品が集結したボリューム感はマクロスゲームの歴史の中でもピカイチです。

・登場機体はなんと100機以上!!

・収録ミッションは120以上!!

・これらミッションには原作の名場面をとことん収録

・歴代のマクロス楽曲も収録!!

・PSPならではのアドホック2人協力プレイや、4人対戦も実現!!

マクロスファンなら、絶対に押さえておきたいゲームです!

一方でシューティングゲームとしては、操作に慣れが必要だったり、マクロスならではのミサイルの応酬が楽しめるというものの、シューティングゲームとして攻略をするというよりは、力技でゲームを進めていくという印象。
つまり、フライトゲームとして純粋なドッグファイトが楽しめるまで、ゲームシステムが作り込まれていないため、キャラゲーという領域を抜け切れていないのが非常に勿体無い印象です。
よって、フライトゲームを求めている人からすると、かなり物足りないのですが、マクロスというキャラゲーを楽しみたい人からすると評価が高いという、遊ぶ人を選ぶソフトだと思います。

【PSP】マクロストライアングルフロンティア

マクロストライアングルフロンティア [amazon]

発売日:2011年2月3日

集大成のPSPマクロスゲームとして先ほど紹介したマクロス アルティメット フロンティアの後に発売され、PSP最後のマクロスゲームがこちら。

フライトシューティングゲームとしての硬派なパッケージから一転、キャラクターを全面に押し出したキービジュアルになっていますが

ゲームのベースはマクロス アルティメット フロンティアのをベースにしたシューティングゲームなのです。パッケージだけ見るとシューティングゲーム感は全くないですねw

内容は
「マクロスアルティメットフロンティア」
によるシューティングアクション
×
「歌」による演出&効果
×
学園的なモードで再現した
キャラクターたちによる人間関係
という最近のマクロスの3大要素を全部ミックスした内容になっています。
学園モードではマクロスFの世界をベースに生徒として学園生活を送りつつ、パイロットとして成長していく、自分だけのキャラを育てていくというもの。

つまり、マクロスの世界でマクロスのキャラ達と戯れることができるわけです!

ここで育成したキャラを「マクロスアルティメットフロンティア」ベースのフライトシューティングでも使えるので、マクロスゲームといえば硬派なシューティングゲームばかりでちょっと・・・という女性ファンも楽しめると思います。

【PS1】マクロス VF-X2

マクロス VF-X2 [amazon]

発売日:1999年9月2日

マクロスのゲームの始まりといえば古くは1985年に発売されたファミコン版まで遡る必要がありますが

超時空要塞マクロス [amazon]

1999年に発売された、こちら初代プレイステーション版のマクロス VF-X2は、はじめてマクロスの世界をゲームでちゃんと再現し、現在まで続く「マクロスゲームのあ基礎」を築いた作品ともいえるでしょう。

3Dで描かれたバルキリーの3段変形も再現されており、マクロスならではの、ドッグファイトが楽しめるうに、敵をロックするシステムも採用されています。

マクロスゲームを語る上では一度はプレイしておきたい初期の名作ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする