PS4やニンテンドースイッチのオンラインゲームはiPhoneスマホテザリングでも遊べるの!?

スポンサーリンク

最近の学生、新社会人の中にはiPhoneのテザリングでPS4やニンテンドースイッチのオンラインプレイをしているらしい

表題にあげた、こんな話を最初にこの話を聞いた時、にわかに信じられなかったのですが、これどうやら本当の話らしいのです。
その理由は非常にシンプル
・自宅にネット回線がない、スマホが唯一のネット接続手段
・引っ越したばかりで自宅にネット回線がない
・お金がない
つまり、テザリングを使いたくて使っているのではなく
様々な事情から仕方なく使っているというのが現状のようです。
しかし実際のところテザリングでもネットプレイができてしまっているという事実は見逃せません。
特に若い人の間ではテザリングを使ったオンラインプレイをしている人が多いようです。
テザリングのし過ぎで速度制限に入ると
例えばソフトバンクの場合、次の3つの日程で
・末日
・10日
・20日
速度制限がかかってしまうことがあります。
これが実際のPS4、ニンテンドースイッチのオンラインゲームにも反映されていて、
この時期になると、それまで毎日プレイしていたゲームユーザーがごっそりアクセスしなくなる傾向があるんです。
結果、DAU(daily Active users)とよばれる1日あたりのプレイ人数が減ってしまう印象があるらしいのです。
1日
11日
21日
と日付が変わり、速度制限が解決すると、プレイユーザー数が回復してゲーム内がにぎわっているような体感があります。
わかりやすい例として、例えばPS4のフォートナイトをプレイしていると「あ!?今日はプレイしているユーザーが多いな!そうか速度制限の開放日か」
と実感できるのです。
あくまでも、これは私の肌感にすぎないのですが
実は結構あたっているという話もあり、それだけ多くのユーザーがデザリングに依存しているということのようです。

実はオンラインプレイ時におけるデータの常時使用料は少なめ(それよりPING品質が重要)

そこまでテザリングを使っているということは、
スマホ回線がオンラインゲームのプレイに支障ないレベルで 実際のオンラインゲームが遊べてしまうという事にあります。
最近はオンラインからデータをダウンロードしながらゲームがプレイできる
「ストリーミング配信方式」
も増えつつありますが、
まだ多くのオンラインゲームは
・クライアントデータを事前にダウンロード(データ量が大きい)
・オンライン上での位置情報などのやり取りをする(データ量少ない)
といった感じです
基本的にオンラインゲームの場合、プレイヤーとサーバー間で位置情報だけやりとりすればいいわけで、
PS4やニンテンドースイッチのオンラインゲームを実際に1時間ほどプレイしても使用するデータ容量は50MBから多くても100MB程度です。
ゲームによってデータの容量に違いはあるものの平均して最大100MBとした場合、
たとえばソフトバンクのウルトラギガモンスターなら毎月50GBの容量を使えるのですがこれを全部、PS4、ニンテンドースイッチのオンラインゲームに使っても
500時間はプレイできる計算になります。
1日3時間プレイしても1か月で90時間ですから
充分にテザリングで対応できてしまうという計算になります。
オンラインゲームの場合、実は転送データ量よりも重要なのはPING値と呼ばれる
サーバーとプレイヤー(PS4、ニンテンドースイッチ本体)との間における
データの転送速度が重要で
これが遅いと、キャラクターがカクカクしてしまったり
FPSやレースゲーム、格闘ゲームなどコンマ秒単位でのデータ入力が勝敗を分けるようなゲームの場合は全くゲームにならない状態になります。
しかし最近のスマホは非常に通信速度の品質も改善されており
まったく使用上は問題ないというわけです。

おすすめしません!スマホテザリングでPS4、ニンテンドースイッチのゲームダウンロード

 ここまで読むと
オンラインプレイをする上ではスマホテザリングでも全く容量は問題ないのですが
それでもテザリングオンリーのゲームユーザーが
・末日
・10日
・20日
といった期日に速度制限がかかってしまう理由は
ゲームソフトのダウンロードをしているところも大きいようです。
厳密には
・普段のスマホ使い(Youtubeとか見るだけでも容量食いますし)
・ゲームソフトのダウンロード
の組み合わせが原因です。
最近のゲームのファイルサイズといえば5G、10Gは当たり前ですし
いま、話題のPS4で発売された「デスストランディング」というタイトルの場合、

【PS4】DEATH STRANDING[amazon]

 ダウンロード版の容量は45Gもします。
ですから、パッケージ版ならまだしも、ダウンロード版を間違って購入してしまうとこれだけでソフトバンクのギガモンスター+(1か月あたり50G)もパケ死となります。
またPS4の多くのタイトルはパッケージ版を購入しても
オンライン接続が必要なソフトは多く、オンライン接続をすると、大容量の追加パッチ(ダウンロード)を必要とする場合もあり、これもパケ死の原因となります。
つまり
・データダウンロード、データアップデートでテザリング使用はNG
・ただし、一旦ダウンロードしてしまうと、オンラインプレイをするだけならデータ
の転送容量は少なくプレイ可能
ということになります。
でも、スマホのテザリングをしている時点で、他にPS4、ニンテンドースイッチをオンラインに接続する手段がないわけですから
いずれデータのダウンロード、アップデートは避けられず
速度制限がはっては、リセットされて、またすぐに速度制限がかかる
ということの繰り返しは避けられないでしょう

スマホテザリング卒業にはポケットWiFiがおすすめ

自宅でPC使わず、ネットを使う機会はスマホ、タブレット、ゲーム機くらいなら
光やケーブルテレビ等のネット回線を引くよりも
ポケットWiFiがおすすめです。
なぜならポケットWiFiなら、外でも使えるからです。
PS4を外で使おうという人はレアケースだと思いますが

Nintendo Switch Lite[amazon]

ニンテンドースイッチを外でプレイする人は多いはず。
特に携帯ゲーム機としての機能に特化した、ニンテンドースイッチライトはモバイルWi-Fiとの相性は抜群です。
そもそもスマホテザリングで容量以外は問題なかったわけですから
そういう人には容量がたっぷり使えるポケットWiFiが選択肢として適している可能性が高いというわけです。

【PS4、ニンテンドースッチにおすすめモバイルWi-Fi】

縛りなしWiFi

モバイルWi-Fiを契約する場合、2年契約の縛りがあって解約時に追加料金が発生することもしばしば。そんな中、こちらの「縛りなしWiFi」は初月だけ契約すれば、あとは月額料金3,300円で途中解約しても追加料金が発生しない、いわゆる「縛りなしWiFi」です。生活スタイルの変化にあわせて契約解除できる柔軟さがおすすめ。

どんなときもWiFi

月額3480円で日本では使いたい放題!

でも、端末を海外に持っていけば別途エリアごとに費用はかかるものの、そのまま使える手軽さが魅力。海外旅行、出張が多い人ならこちら

とにかく安いWiMAX

業界最安級!月額1380円から使えるカシモという会社から出ているモバイルWi-Fiです。とにかく値段重視なら要チェックです

もちろん、自宅でPCを使う人や、とにかく高速のネット環境が必要な人には
固定回線など高速ネットもありますので、こちらはみなさんの生活スタイルにあわせて選んでみてください。
とはいえ、固定回線は工事とか面倒という人は、届いたら置くだけ、モバイルWi-Fiではないけど、それに近い手軽さがあるSoftBank Airは賢い選択ですね。
とはいえ、今回の記事を読んでいる人はきっと
スマホのテザリングで何とかしてきた人だと思いますので、たぶんポケットWiFiの方が生活スタイルと合っていると思います。

まとめ

PS4、ニンテンドースイッチのオンラインゲームをスマホのテザリングで遊んでいる人が多い、という話を最初に聞いたとき、びっくりしてしまいましたが
インターネットは「固定回線である」という従来の固定概念は
崩れつつあるのかもしれませんね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする