【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

ゲーム業界の離職率が高い理由を全部お話します【こんなゲーム会社はヤバイ】

ゲーム会社で働きたい!

なりたい職業の上位にもランクインするようになった「ゲームクリエイター」という職業ですが、実際に働いてみると

理想と現実のギャップに驚かされます。

ゲームクリエイターだけでなくて

人気がある職業って、必ず理想とギャップが存在します。

そのギャップについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ゲーム業界の理想とギャップ

給料が安い

入社する会社によりますが、給料は基本的に安いです。

新入社員、中途社員ともに、あまりお金はもらえません。

平均年齢が若いゲーム会社は基本的に平均年収はさらに安くなります。

対外的に平均年収が高いとされている会社も、一部の社員が平均をあげているだけで、多くは安い給料で働いています。

老舗のゲーム会社ほど昇給は低く、新興ゲーム会社ほど昇給は高いのですが、これにはメリットとデメリットもあります。

まとめると次のようになります。

昇給 降格 リストラ 定年まで働けるか
老舗ゲーム会社 低い ほぼなし あり 一部の人のみ
新興ゲーム会社 やや高い あり 少ない 歴史が浅いためわからない

どっちも、どっちなんですよね。

もし安定と、お金を求めるなら、そもそもゲーム会社はおすすめしにくい仕事です。

またシニアのキャリアも役員になれればいいのですが、多くの人はそこで働き続けるのは厳しく、定年を迎えられるのはごく一部だけです。

労働時間が長い

日本の会社は労働基準法に基づき

1日8時間、週に20時間までしか働かせることができません。

でも、ゲームの場合は

ゲーム開発やイベント運営など、時間の枠に収まらず仕事をしなければならない場面が結構出てきます。

最近は企業もコンプライアンス意識が強く、絶対に労働基準法厳守という会社が多いのですが、全てがそうでは断言できないので、労働時間が長くなりがちな会社も存在します。

一般企業と比べると、仕事の特性上、長くなりがちなのでワークライフバランスを重視する人にはおすすめできない仕事です。

ただし、最近はリモートワークも進んできているのでゲーム会社の大手メーカーに就職できれば、意外と労働時間が短く済む場合もあるようです。

名ばかり成果主義の存在

結果を出せば給料をあげる、人材評価システムを導入している会社は多いですが

実際のところ適切な評価がされているのか?

というと実際に働くと疑問を感じることもあるかもしれません。

ゲーム会社で働くと、成果主義の恩恵を受けられる職種と、そうでない職種に分けられます。

売上や利益が明確に出る職種、例えばスマホゲームのプロデューサーなどは成果主義の恩恵を受けやすいのですが、その周辺でサポートしているような人は、受けられない印象もあります。

また結果を残して会社に貢献しているプロデューサーであっても、ほぼ評価されず、その上の上司だけが昇格していくようなケースも見られます。

これって何なのか?

つまり成果主義よりも、会社組織の中で気に入られる人材が評価されやすい体質に染まっている会社もあるという意味です。

それでいながら期初には自己目標シートを提出させられたりしますが、それはあくまでも形式的なものであって、それが評価に反映され、給料アップにつながるのか、というと疑問です。

つまり、もう少し踏み込むならば

人事評価制度能力として一般の大手企業よりも劣っているゲーム会社が多いのも事実であり、そこを改善できていないという現実もあります。

極端に偏った特殊な人間関係

ゲーム会社で働くと

コミュニケーションのしにくさや

特定人物の発言力の大きさ

社内のネゴシエーションの必要性など

古き日本の会社が、未だに残っている現実に心が折れることもあるかもしれません。

一方で、新興ゲーム会社やIT企業系のゲーム会社には

自己顕示欲の高い高学歴な人が集まりやすい傾向があり、自分たちの損得勘定や、転職のための実績作りを優先した、ギクシャクした人間関係に悩まされることも普通です。

圧倒的な既得権益、上下関係の存在

ゲーム会社の多くは縦割り社会であり、圧倒的な上下関係が存在します。

見た目にはそれが見えにくい場合でも

社内の人事権や給料など

越えられない壁みたいなものが存在する場合もあるのです。

これは古いゲーム会社で見られることが多く、かつて大ヒットを飛ばして給料をあげたけど、時代が変わってもその給料がそのまま維持されているケースもあり、

勤続XX年の課長が中途入社してきたばかりの部長よりも給料をもらっていて、社内の発言力も高い、といったよくわからない状況も見られます。

普通の企業ではあり得ないことが、ゲーム会社ではまだ存在するのです。

教育環境の不備(自分で学ぶしかない)

ゲームという仕事は誰かが言語化して、体系化して、教えられるような状態になっていません。

入社したら上司から教えてもらうわけですが

その上司が教えることが必ずしも正しいというわけではなく

せめて学べることといったら、社内の仕組みや、仕事の進め方くらいであり、ゲームという仕事に対する教育はほぼ期待できません。

よって自分で学ぶしかないのです。

これによって、あなたは成長実感が得られないことに対する不満を感じるようになります。でも、解決法はなく、ただあなたは時間を浪費していくだけなのです。

ゲーム会社によって働く環境は全く異なる

一般的な大手企業と比べると、圧倒的に会社組織としてゲーム会社は未熟です。

それでも近年はかなりまともになりました。

コロナの影響や、世の中の変化と企業のコンプライアンス意識の高まりによって、改善されてきています。

この状況はゲーム会社で大きく異なります。

つまり、今回あげたようなダメなケースを突き進むゲーム会社もあれば

それらとは無縁の極めてホワイトすぎるゲーム会社も存在します。

つまりゲーム会社選びで、皆さんの人生はかなり大きく影響を受けるというわけです。

ならば、どのような基準でゲーム会社を選ぶべきなのか?

チェックするべき点について解説しましょう。

ゲーム会社を選ぶ上でチェックすべきこと

後悔しないゲーム会社を選ぶ上でチェックすべきポイントは次の3つになります。

・守りとチャレンジの両方ができている会社

新規タイトルと既存タイトルの両方をバランスよく回せているゲーム会社は財政的にも安定していますし、未来に対する投資もできているので不安もありません。

また新規タイトルを発売できているという状態は、そういったチャレンジに対して理解がある会社だということもわかります。

・上下関係のないオープンな社風

多くの企業では「役職がつかないと給料が上がらない」という考え方が一般的ですが、一方で役職はあくまでも役割であり、部長になったからといって給料アップと比例しない、という考え方をもつゲーム会社も存在します。

このような会社は上下関係がないオープンな社風であり、実際に働いてみてもたのしいものです。

・ゲーム好きな人が多いゲーム会社

ゲーム会社に働いているからといってゲームが好きとは限りません。実はゲーム会社で働いているのは「ただの仕事でありお金を稼ぐことである」と考える人も多いのです。

しかし、ゲームユーザーと同じ目線を持てないゲーム会社は長期的にうまくいかないものです。

ゲーム好きな人が多いゲーム会社は会社の業績もそうですが、働いていて楽しいと感じる会社だと言えるでしょう。

ゲーム会社に就職転職するなら

ここまで読んでいただいても、それでもなおゲーム会社に転職就職したい!と思うならゲーム業界に特化した転職サービスを選ぶようにしましょう。

世の中には色々な転職サービスがありますが、ここまでの話からもわかるように

ゲーム業界は非常に特殊であり、そこを理解している転職サービスでないと間違った選択をしてしまうことがあるからです。

下記にてゲーム業界への転職におすすめのサービスをまとめましたので参考にしてください。

G-JOBエージェント|ゲーム業界特化人材サービス★定番

「G-JOBエージェント」はゲーム業界に特化した転職、就職支援サービスです。

圧倒的な業界コネクションを通じて「情報量」と「交渉力」でゲーム業界での転職や就職をバックアップしてくれるサービスなので、

ゲーム業界を目指すなら、まず登録して面談しておくべきサービスになります。

登録と利用料は無料ですので、ゲーム会社就職を目指すなら、まず登録しておきましょう!

まずは派遣からゲーム業界にチャレンジしたい人はこちら

既にゲーム会社で正社員で働いている人はキャリアアップしたい人はこちら

「G-JOBエージェント」4つの魅力

①ゲーム業界転職信頼できるコンサルタントNO.1

ゲーム業界に特化した転職サービスの場合、実際に使ってみると転職アドバイザ0ー、転職エージェントが心配になってしまう場合があります。

どうも、頼りない若いスタッフが多いのです。

しかし、G-JOBエージェントで実施する面談担当者は

「ゲーム会社人事経験3年以上」「ゲーム開発現場のマネジメント経験」「国家資格キャリアコンサルタント」のいずれかが必須になっているので

まさにキャリアコンサルタントのプロとして相談相手になってくれるのです。

ポイント②ゲーム求人数No.1 3,400件以上】

G-JOBエージェントの母体の会社はゲーム開発事業も行なっているので、これによって、ゲーム会社の人事以外にも各ゲーム会社のプロデューサーと太いパイプがあります。

開発受託で現場が繋がっているというのは大きな魅力です。

ポイント③Web学習の研修制度あり!

ゲームビジネスに関する基礎から最先端まで幅広い授業が4,500本も用意されています。

Webオンライン学習が充実しているのもG-JOBエージェントの魅力です。

全てスマホアプリでも見れるのでスキマ時間で勉強できます。

ポイント④ 全国3拠点(東京・大阪・福岡)あり。案件も多い

関東圏だけでなく、最近は地方にも様々なゲーム会社が設立されています。

老舗からベンチャーまで、幅広く皆さんの希望に合った会社が見つかります。

登録と利用料は無料ですので、ゲーム会社就職を目指すなら、まず登録しておきましょう!

まずは派遣からゲーム業界にチャレンジしたい人はこちら

既にゲーム会社で正社員で働いている人はキャリアアップしたい人はこちら

クリエイター系特化転職サービス

マイナビクリエイター ★おすすめ

大手転職サービス「マイナビ」が運営するクリエイター特化型転職サービスです。特化型ゆえに手厚いサポートが受けられます。「XXXX案件でプログラマーが必要」といった人材スキルを指名する形でエージェントが動くため、年収アップも期待できるエージェントです。クリエイター職なら登録必須です。

レバテッククリエイター

レバテック社が運営するクリエイター特化型サービスです。マイナビクリエイターとサービス内容は似ていますが、取り扱っている企業案件は異なるので、マイナビクリエイターとセットで登録して、使いこなしている人が多いです。

まとめ

ゲーム業界は特殊な業界ですから、ぜひ情報収集を怠らず慎重に行動するようにしましょう。

ゲーム業界への就職を目指すなら、こちらの記事もおすすめです