【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

【悲惨】ゲームクリエイターの転職は年収アップが目的になると100%失敗する5つの理由

憧れの人気職業の上位にもランクインしているのが「ゲームクリエイター」という仕事です。

そして、ゲーム業界では慢性的な人手不足により「ゲームクリエイター」の中途採用や引き抜きも増えています。

ゲームクリエイターとして普通に仕事をしていると

登録もしてないのにガンガン、転職エージェントから「指名」で転職のお誘い連絡がかかってくる人もいます。

一方で、そんなお誘いに安易に乗ってしまい悲惨な転職をした結果、退職して無職をしている人も多いのも事実です。

なぜ失敗をしてしまうのか?それは

ゲームクリエイターの転職は年収アップが目的になると100%失敗するからです。

これはあまりにも「あるあるのケース」であり

年収アップだけで転職を決めてしまい、人生が狂ってしまってゲームクリエイターもたくさんいます。

なぜ年収アップだけで転職を決めてしまうと失敗するのか?

代表的な5つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

【悲惨】ゲームクリエイターの転職は年収アップが目的になると100%失敗する5つの理由

実際に経験した、見聞きした

ゲームクリエイターの転職は年収アップが目的になると100%失敗する5つの理由について解説していきましょう。

会社員である以上、転職における年収アップはしれている

どんなに転職で年収アップできたとしても

所詮、会社員としての世界における転職アップに過ぎません

年収500万円が600万円になっても

年収800万円が1000万円になっても

それは会社員としての世界における年収アップに過ぎません。

なぜなら実際に1000万円オーバーのゲーム会社員は稀であり、1500万円くらいで役員レベルであり、3000万円で取締役レベルだからです。

この金額も高額であることには間違いありませんが

それでも雇われの身としての年収の上限になります。

年収がアップすれば税金も増えますので、必ずしも手取りが増えるわけでもありません。

会社員である以上、年収アップには限界があって、その中で年収アップを勝ち取っても、たかが知れている

という現実を直視しましょう

年収アップとゲーム会社の仕事の楽しさは反比例する

とはいえ年収アップは嬉しいですよね?

年収800万円が1000万円になったらチョー嬉しい!と思う人は多いはずです。

しかし、たった200万円の年収アップと引き換えに

あなたは大切なものをたくさん失うことになります。

ゲーム会社における200万円の年収アップは結構、恵まれていますし、そんな人はあまりいません。

この年収になるとゲームクリエイターというよりも管理職としての役割が重要になってくる年収レンジなので、好きなゲーム作りは自由にできず、人材管理や経営層の仕事が増えてきます。

そういった一般の会社員ならまだしも、元ゲームクリエイターからするとつまらない仕事です。

年収アップとゲーム会社の仕事の楽しさは反比例するのです。

【事実】多くの人が年収アップが目的にしてしまい転職は失敗している

実際に年収を目的として転職してきた人を何人も知っています。

しかし、そのほとんどは失敗して退職して

以前に会社がよかったな、戻りたいな。。みたいな感じで人生を間違えたと後悔している人も多いのです。

年収アップが転職の目的になると、そもそも行きたくないゲーム会社に転職してしまったり

自分の人生において大切なものを捨てなければならなかったり

時間が経ってから振り返ってみると

「俺ってバカだったなぁ」

と思うようなことが多いのです。

【事実】40代を超えたらゲーム会社で居場所無し

現実的な話をしましょう

40歳を超えるとゲームクリエイターは会社での居場所を急速に失います。

100%全ての人が40歳を超えたら会社での居場所を失うわけではないですが、多くの人は生き残れず、50歳になると、さらに生存確率は激減します。

定年60歳、65歳とうたっているゲーム会社は多いけど、それはあくまでも建前であり、実際にいられるかは別問題なのです。

(いろんなものを我慢すれば居ることはできますけど)

つまり、年収アップで転職できても、その状態は永続的ではないし

40歳を超えたあたりから、その状況は怪しくなってくるし

そこで生き残れるのは一握りだし

生き残っても全然仕事はつまらない

というわけです。

これは本当に事実の話です。

若い頃は気づかないですが実際に40歳を超えると気付きます。そしてもう手遅れな状況に絶望するのです。

となると、わずかな年収アップを目的にした転職って無駄ですよね。

【結論】本気でゲームが好きな人ほどゲーム会社の体質に絶望する

多分、この記事を読んでいる人のほとんどは

本気でゲームが好きで、ゲーム会社で活躍して、自分の作品で世の中を驚かせたい!と思っている「本気の人」だと思います。

そんな「本気の人」であればあるほど、ゲーム会社の本当の体質に気づいたときに絶望します。

全てのゲーム会社がそうだというわけではありませんが

ゲームが好きではない、あくまでもビジネス、お金稼ぎとしての人がトップにいたり、管理職として上司になったりする状況は実際にあるからです。

一方でそんなことと無縁のゲーム会社もあります。

ここはあくまでも経験によるものですが

給料アップを目的として転職した会社は前者が多く、給料ではなく仕事の中身や会社の方針とかに賛同して転職した会社は後者が多い印象です。

いずれにしても転職するなら年収アップはさせたいけど、それが目的の全てになると確実に失敗します。

ゲーム業界の転職活動におすすめのサービス

ゲームクリエイターの転職を失敗しないためには転職エージェント選びが重要です。

つまり

年収以外の部分で交渉調整してくれるエージェントがゲームクリエイターには必要です。

そこでゲーム業界の転職活動で使われている人気の転職サービスをご紹介します。

年収アップありきの転職活動ではなく

今回の転職でどんなスキルを身につけて

将来、どうなりたいのか?

そこを明確にしながら転職活動をしてみてはいかがでしょうか

G-JOBエージェント|ゲーム業界特化人材サービス

「G-JOBエージェント」はゲーム業界に特化した転職、就職支援サービスです。

圧倒的な業界コネクションを通じて「情報量」と「交渉力」でゲーム業界での転職や就職をバックアップしてくれるサービスなので、

ゲーム業界を目指すなら、まず登録して面談しておくべきサービスになります。

登録と利用料は無料ですので、ゲーム会社就職を目指すなら、まず登録しておきましょう!

3つのカテゴリが用意されていますので、自分にあったものに登録しておきましょう

G-JOB転職】ゲーム会社で正社員で働いている人向け

G-JOB派遣】まずは派遣からゲーム業界にチャレンジしたい人向け

G-JOBフリーランス】フリーランスとしてゲームの仕事をしたい人向け

マイナビエージェント ★定番

※マイナビエージェント公式サイト

転職活動するなら絶対に登録しておくべき大手転職サービスです。

求人を閲覧できるだけの一般的な転職サイトと異なり、マイナビエージェントではそれぞれの業界や職種に精通したキャリアアドバイザーによる

転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられます。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビAGENTの3つのメリットは次の通り

・関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅

・ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富

・20〜30代に転職サポートに強い!

・人事&採用担当との太いパイプあり

・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

登録しておいて損はないサービスですので、チェックしておきましょう

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビクリエイター

※マイナビクリエイター公式サイト

マイナビクリエイターはWebクリエイターやゲーム業界に特化した転職支援ービスです。

ゲームやクリエイター系の仕事を目指すなら、まず登録しておくべき定番のサイトです。

業界に詳しい専門性を持った業界出身のキャリアアドバイザーが転職活動にあたってのポートフォリオの作り方を教えてくれます。

またマイナビクリエイターは、求人の数ではなく、質を重視しているため

納得いくまで専任キャリアアドバイザーが寄り添って対応してくれます。

マイナビクリエイターに無料登録する

JAC Recruitment

※JACリクルートメント公式サイト

1988年よりサービスを開始した老舗の転職エージェントです。

国内企業はもちろん、外資系企業などグローバルな転職サポートに特に強みがあります。

業界、職種に特化した転職エージェントが多数所属しているため

総合転職サービスに比べても圧倒的に密度の高いサポートが受けられます。

TVCMでは全く見かけませんが、実は超有名な転職エージェント。

キャリアアップを目指すなら登録必須です。

JAC Recruitmentに無料登録する

ミイダス|無料で適正年収診断できるサービス

 

ミイダスで無料であなたの市場価値をチェック