【購入レビュー】圧倒的に快適!耳が痛くならないBOSEワイヤレスヘッドホンは超おすすめ(後悔しないヘッドホン選び)

スポンサーリンク

もっと早く買うべきでした・・圧倒的快適性BOSEワイヤレスヘッドホン体験

ワイヤレスヘッドホン、イヤホンといえは数千円程度で買えるものから、1〜3万円を超えるものまでピンキリです。

となると、音楽好きで

音楽にお金を投資する価値を感じている人以外は

どうしても値段の安い低価格なワイヤレスヘッドホン、イヤホンを選んでしまいがちです。(やっぱり値段の安さは強力な魅力ですね)

それは、それで間違っていないと思います。

例えば


Mpow 密閉型Bluetoothヘッドホン [amazon]

約3,000円で購入できる人気のワイヤレスヘッドホンMpowは、その遮音性、携帯性、デザイン性など、非常にバランスの取れたヘッドホンで、あっという間にブルートゥースのペアリングもできて、価格以上の音楽体験ができます。

とはいえ、Mpowの約10倍もする値段設定のBoseのワイヤレスヘッドホンを体験してみると、

BOSEのヘッドホンには、その価格に見合うだけの価値を感じることができます。

でも、約10倍も金額の開きがあるわけで、そこまでしてBOSEのワイヤレスヘッドホンを買うべきなのか、その価値をなかなか実感するには、カタログからではなかなか伝わらないものです。

そこで今回、実際にBOSEの人気ワイヤレスヘッドホンBose SoundLink around-ear wireless headphones IIを実際に購入して使ってみた結果、いろいろ気づいた魅力について、まとめてみました。

気になっている方は参考にしていただけると嬉しいです。

ワイヤレスヘッドホンBose SoundLinkの魅力


Bose SoundLink around-ear wireless headphones II [amazon]

個人的にいろいろなヘッドホンを購入して実際に使ってきましたが、いつも気になる点は決まっていて

・音漏れがしないか?

・長時間着用で耳が痛くならないか?

・ブルートゥース接続は簡単か?(接続ミスが発生しないか)

といった3点に集約されます。

これらワイヤレスヘッドホンに求められる基本的な要素をBose SoundLinkは高いレベルでクリアしているというのが、第一印象でした。

Bose SoundLinkは音漏れしにくい

小心者としては周囲に対する音漏れに対して非常に気を使う方なのですが、楕円形のイヤーカップがうまく音を閉じ込めてくれるような構造になっていて、音漏れを気にせず楽しめると感じました。

低音をズンズン響かせるタイプのヘッドホンでないというのも、音漏れが少ない要因の一つかもしれませんが、どうしても周囲に対する影響を気にしてしまう人にとっては、非常に重要なポイントだと思います。

Bose SoundLinkは長時間着用で耳が痛くならない

Beats by Dr.Dreか、Boseか?

みたいな比較が話題になりますが、30分装着していると耳が痛くなってくる耳圧が高めのBeatsに比べて、Bose SoundLinkは耳を覆い被せるようなイヤーカップ構造になっているので、まったく耳が痛くなりませんでした。

よって、ノイズキャンセル機能付きのBose QuietComfort 35 wireless headphones II などは、音楽を聴くだけでなく、例えば周囲の雑音をカットしてリラックスしながら飛行機の中で寝たい時などに使えるくらいに、耳が痛くならないような構造になっています。

頭が大きい人でも問題なく(どちらかというと私は頭が大きい方)

ソフトに優しくヘッドホン装着できるのに、ズレたりしにくいという、実際に使ってみてわかる圧倒的な快適性がありました。

Bose SoundLinkは簡単ワイヤレス接続を実現

最近のiPhoneなら、ヘッドホンの電源を入れればiPhone側でブルートゥースの信号をキャッチして、すぐに接続できるので全く問題ないのですが

例えばiPhone3GSなど使わなくなった古いiPhoneを音楽プレイヤーとして再活用したい!という場合は、Bose SoundLinkの電源を入れてもiPhone3GS側で信号をキャッチする事ができず、接続できませんでした。

これはBose SoundLinkに限った話ではなく、最近のブルートゥース対応ヘッドホン、イヤホンの多くにおいて古いiPhone3GSとは繋がらないので特別な事ではないのですが

しかし、今回のヘッドホンはBOSEのスマホ向けアプリBOSE CONNECTに対応していて、このアプリを使うことで古いiPhone3GSも接続することができました。

おかげで、古いiPhone3GSもまだまだ現役で使えるというチャンスを得る事ができました。

その他Bose SoundLinkを使ってみて気づいたこと

良い点(メリット)

・主張しすぎないシンプルなデザイン

さすが3万円近くするヘッドホンという事もあり、本体デザインが派手すぎたり、プラスチックっぽさが出すぎてチープだったりせず、高級感あります。女性が持っていても違和感ないのは、かなりのプラス評価だと思います。

・バッテリー持ちが良い

ヘッドホン内部にバッテリーが内臓されていてUSB経由で充電するタイプなのですが、フル充電で約15時間も音楽をワイヤレスで楽しめるため、頻繁に充電が不要というのも大きな評価ポイントです。

また、ヘッドホンの電源をオンにした時にヘッドホンから音声でバッテリーの残容量を教えてくれるのも便利。充電するべきタイミングを把握できます。

・2つ同時接続可能

一度に2つのブルートゥース機器と繋げるので、例えばiPhoneとkindle fireを登録しておいて、

iPhoneからは音楽再生やゲームプレイ時の音楽を

kindle fireからはプライムビデオを見たり、Amazon musicを聞いたり、youtubeを見たり

といった使い分けができるのは、かなり便利です。

また、ブルートゥース接続した機器の名前をヘッドホン内で音声で読み上げてくれるので、いまどの機器が繋がっているのか、電源オンと同時に把握できます。

※Amazonプライムなら月額400円からプライムビデオや、Amazon Musicも楽しめるので、入っているとさらにヘッドホンの活躍してくれます

・マイク内臓

ヘッドホンなのにヘッドセット的な使用もできるようマイクが内臓されているので、通話やオンライゲーム向けのゲーミングヘッドセット的な使い方もできます。

例えばスカイプで英会話をしている人も使えるという汎用性の高さがあります。

【参考】低スペックノートPCおすすめオンライン・ブラウザゲーム

・ヘッドホンの駆動部分に髪の毛が巻き込みにくい

安物のヘッドホンの場合、ヘッドホンの大きさを変えるスライド部分に髪の毛が巻き込んでしまい不快感を感じるケースがあるのですが、Bose SoundLinkではまったくそのような巻き込みが、今のところありません。

残念な点(改善して欲しいところ)

・やっぱり値段が高い

実勢価格は2万円後半くらいなので、数千円で買える安価なワイヤレスヘッドホンに比べると圧倒的に高いです。

・本体カラーのバリエーションが少ない

Bose SoundLinkで用意されているカラーバリエーションはネイビー、ホワイトのみ。色使いも地味と言いますか、落ち着いた感じになっています。

ヘッドホンをファッションアイテムとして、

頭の上から靴の先までのトータルファッションコーディネートの差し色的な役割を果たすもの、と考えている人にとっては物足りないかもしれません。

ファッション性からすると、圧倒的にBeatsのヘッドホンに軍配があがりますね・・・


Beats by Dr.Dre ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Beats Solo3 [amazon]
・低音弱め

Bose SoundLinkの音質は

オリジナル音源をできるだけ加工せず、忠実にクリアに再現する方向に振られているので、好きな音楽ジャンルによっては好みが分かれるかもしれません。Beats by Dr.Dreに比べると、どうしても重低音では負けてしまいます。

・コンパクトに折り畳み収納ができない

コンパクトに折りたためて付属のポーチに小さく収納できるBeats by Dr.Dreに比べると、Bose SoundLinkは、収納時に場所をやや取ります。

※左側Beatsはかなりコンパクトに折りたためる構造

※右側BoseはBeatsほど折りたためないのでバックの中で場所を取ります

・長く使っているとイヤーパッドがボロボロになる

Boseのヘッドホン全般的な傾向として、長く使っているとイヤーパッド部分がボロボロになってしまう傾向があります。

純正の交換用パッドは4000円くらいするので値段が若干高めですが、非純正パッドも発売されており、こちらは1000円くらいから購入でいますので、非純正品でも問題なければ大きなデメリットにはならないかもしれません。

Bose SoundLink around-ear wireless headphones II ear cushion kit [amazon]

・ステレオミニジャック用ケーブルは別売り

ワイヤレスヘッドフォンなので、基本的にブルートゥース接続になると思いますが、ブルートゥース非対応のオーディオ機器にも繋げるようにステレオミニジャック端子がヘッドホン本体に用意されています。ただし、接続用ケーブルは付属してませんでしたので、別途用意する必要があります。


Syncwire オーディオケーブル [amazon]

まとめ


Bose SoundLink around-ear wireless headphones II [amazon]

というわけで、今回、実際に購入して使ってみた結果、感じたことをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか?

値段は2万円後半くらいするヘッドホンなので決して安くないですし、これまでヘッドフォンにここまで投資してこなかった人にとっては、かなり高い買い物だと思います。

しかし、それだけの価値がある圧倒的に満足感高いヘッドホンだと思います。

ぜひ、今回の記事が参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする