【PS4/PS3/PSVITA】Jリーグ開幕!おすすめサッカーゲームソフトまとめ

スポンサーリンク

[更新]超リアル!PS4、PS3で楽しむサッカーゲームおすすめランキング

いよいよJリーグ2017年シーズンも開幕しました!

今年からサッカー中継がスカパーからDAZNに変わりネットでサッカーを視聴するという大きな変化に、いまいち着いていけてない人もいるかと思いますが、ゲームの世界もPS4の躍進によりサッカーゲームも実写さながらに超リアルに進化を遂げています。

そこで、数々のサッカーゲームソフトの中でも、いまプレイしておきたい話題のタイトルを集めてみました。

▼スマホサッカーアプリならこちらもおすすめ▼

[iPhone]プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

[android]プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

DAZN

ちなみに、サッカー中継を楽しむならDAZNがおすすめ!初月1ヶ月無料お試し視聴もできます!

【PS4/PS3/ニンテンドースイッチ】FIFA 18


[PS4] FIFA 18  [amazon]

[PS3]FIFA 18  [amazon]

[ニンテンドースイッチ]FIFA 18 [amazon]

発売日:2017年9月29日

FIFAサッカーシリーズ最新作、「FIFA 18」が今年も登場します。

毎回、発売するたびに過去を超える進化をし続けているFIFAシリーズですが、今回も選手の挙動やスタジアムの雰囲気まで、家庭用ゲームにおけるサッカーゲームの限界にチャレンジした内容になっています。

発売元のEA(エレクトロニックアーツ)といえば、バトルフィールドなどのFPSが有名ですが、そんなバトルフィールドシリーズでも採用されているEAのゲームエンジン「Frostbite」をFIFA18でも採用。

これによって、フィールド上の小さなゴミまでも再現しており、サッカー好きにはたまらない、実際のフィールドでプレイしている感覚でゲームをプレイできるようになりました。

また、前作「FIFA17」で収録された一人の選手となってキャリアを楽しめる「サクセスストーリーモード」を今回も収録。

サッカーゲームというと対人戦が楽しいゲームですが、FIFA18はひとりでもかなり楽しめるようになっています。

【PS4/PS3】FIFA 17(おすすめサッカーゲーム)

 

 FIFA 17 -PS4 [amazon]

 FIFA 17 -PS3 [amazon]

全世界でなんと1,500万本以上も売り上げた実績を持つ世界最大のサッカーゲームといえば、世界最大のゲーム会社「エレクトロニックアーツ(EA)」が発売しているフットボールゲーム「FIFA17」です。

これまで海外を中心にヒットを飛ばしてきた「FIFAシリーズ」といえば、欧州主要リーグのライセンス取得が中心で、日本のJリーグは収録されてこなかったのですが、本作「FIFA17」で初めてJリーグも収録されました!

これによって従来の欧州主要リーグに加え、Jリーグ全18クラブに所属する選手も実名で登場して、それぞれ対戦や選手移籍がゲーム内でできるようになりました。

サッカーゲームファンが夢見たタイトルが遂に完成したというわけです。

PS4版のみFIFAシリーズ初となる「ストーリーモード」搭載

PS3版は収録なし、PS4版だけの「ストーリーモード」が今作より収録されています。PS3版ユーザーとしては納得がいかない部分はありますが、これは「そろそろPS4本体を購入しなさい」という、なかなか踏ん切りが効かずPS3で粘っている我々に対するFIFA17からの挑戦状なのかもしれませんねw

FIFAシリーズ初となった肝心の「ストーリーモード」は、ひとりのサッカー選手として、様々な人生の浮き沈みを経験しながら、サッカー選手としてのキャリアを体験できるというもの。

サッカーゲームが、スポーツゲームとしてただ試合に勝つだけのゲームではなく、ドラマティックな人生模様を描き出す、アドベンチャーゲーム的な要素が追加されて、さらにゲームの幅が広がった感じです。

EAは他のスポーツタイトルでも「キャリアモード」を大きな売りのひとつとして定番機能として実装しているので、キャリアモードの味付け具合も手馴れたものですね。

サッカーゲームを超えた!バトルフィールドのグラフィックエンジン

これもPS4版のみ!PS3版は対象外!という事で、ちょっと差をつけ過ぎやしないかと思ってしまうのですが、EAの超人気FPSゲーム「バトルフィールド」で使われているグラフィックエンジン「Frostbiteエンジン」を、なんと「FIFA17」に初めて搭載しました。これによって選手のモーションが格段にアップしていて、前作「FIFA16」とはちょっと比べものにならないほど進化を遂げた印象です。

オフラインでのプレイ人数は1人から4人まで。オンラインでは2人から最大22人まで楽しむことができます。

FIFA 17のまとめ


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01) [amazon]

PS3版よりもPS4版を選ぶべし。PS4本体がないならPS4本体を同時購入してでもPS4版を選ぶべし!

FIFA17を最大限楽しむには、長年頑張ってきたPS3から、そろそろPS4への移籍が必要なのかもしれません。

▼「Frostbiteエンジン」の威力はこちらの映像でチェック▼

【PSVITA】FIFA 15 (Vita最強のサッカーゲーム)

EA BEST HITS FIFA 15 – PS Vita [amazon]

世の中的にはゲーム機の主役は完全にプレステ4の流れになりつつあるものの、PSVITAで本格サッカーゲームをプレイしたいという人も、かなりいると思います。

残念ながらPSVITAでは新作のサッカーゲームソフトが発売されにくくなってきていますが、発売中のタイトルの中で1本、イチオシを選ぶならばPSVITA版の「FIFA15」は外せないでしょう。

携帯ゲームだけどPSVITA版「FIFA15」はかなり頑張っているゾ!

収録クラブは500以上、簡単に対戦ができる「エキシビジョン」や、監督という立場で優勝を目指す「キャリアモード」、ひとりの選手視点で試合を進める事ができるモード、ゴールキーパーの視点でプレイできるモードなど、よくここまで様々なモードを考えるなぁ、と感心してしまう程。

いろいろな視点でサッカーが楽しめるよう、こだわりを感じさせてくれる内容になっています。

PSVITA版はタッチスクリーンの操作感がイイ感じ

PS4にできなくて、PSVITAだからできること。

それは全面と背面のタッチスクリーン、タッチパットを使った直感的なプレイスタイルにあります。背面パッドを使えばシュートの場所やキックの繊細な強弱も操作できますし、フリーキック、スローインも全面のタッチパネルで操作できるのは結構便利だったりします。

携帯ゲーム機でありながら、結構頑張っているグラフィックと選手のモーションは合格点あげてもいいんじゃないかと思います。とはいえ、大画面で最新鋭のグラフィックと最新データでプレイしたいという方は、迷わずPS4版 FIFA 17を選んでくださいね!

【PS4/PS3】ウイニングイレブン2018

[PS4]ウイニングイレブン2018  [amazon]

[PS3]ウイニングイレブン2018 [amazon]

発売日:2017年9月14日

国産サッカーゲームの決定版!ウイイレ最新作がいよいよ登場!

シリーズを重ねるたびに進化し続けるウイイレですが、最新作2018版の中でも特に注目したい、おすすめポイントをまとめてみました。

・協力プレイが楽しい「オンラインCO-OP」
1対1の対戦ではなく、友達といっしょにチームを作って、共に協力しながら対戦する、FPSのチームプレイ戦的な要素をサッカーゲームでも実現しています。

・グラフィックがさらにパワーアップ

選手の見た目や、スタジアムの再現まで、元々定評のあったグラフィックの美しさが、今回さらに進化。

・テレビ中継を見ているような演出を再現

まるでサッカー中継を見ながら、実際にプレイをしているような感覚が味わえるように、選手の写真を使用したり、ゲーム画面内のインターフェイスも改善されています。これによって、実際にプレイしている人だけでなく、それを周りで見ている人も退屈せず盛り上がれますね!

【PS4/PS3】ウイニングイレブン2017(値下げベスト版)

 

[PS4]ウイニングイレブン2017 KONAMI THE BEST [amazon]

[PS3]ウイニングイレブン2017 KONAMI THE BEST [amazon]

子供の頃からサッカーゲームといえばコナミの「ウイイレ」でした。

やっぱり選手の顔が似ているし、洋ゲー感がするFIFAシリーズに比べると、ウイイレは日本人好みの操作性や演出が、実際にプレイするとやっぱりしっくりくるんですよね。

そんなウイイレシリーズの最新作「ウイニングイレブン2017」がお安くなって新価格で登場するという事で、PS4本体も持っていなかったので「ひとまず様子見」状態だった人にとっては、かなり気になってしまいます。

今度のウイイレは「FCバルセロナ」とパートナー契約を締結

FCバルセロナといえば、メッシやネイマールなど、スーパースター選手が所属する大人気クラブですが、「ウイイレ2017」ではプレミアムパートナー契約なるものを結んだということで、選手を3Dスキャンで撮影し、超リアルにゲームで再現しています。写真を見る限り、これは、かなり高いレベルでの再現になっていますね!

ウイイレ2017は新モードが充実!!

最近のスポーツゲームの流行ともいえるキャリアモードに近い、「myClub」というモードを今作実装したウイイレ。選手や監督を獲得して、自分だけのオリジナルのクラブを作り上げて、オンライン対戦できるようになりました。

またオンラインに繋いでおけば、最新の選手データにアップデートされるため、現実世界の選手の移籍なども反映された状態でプレイできるようになりました。

サッカーファンなら嬉しい限りですね。

ちなみに、スマホでもウイイレが楽しめます。こちらもサッカー好きなら一度はプレイしておいて損はないと思います。

↓こちらからダウンロード

[android]ウイイレクラブマネージャー

[iPhone]ウイイレクラブマネージャー

【PSVITA/PS3】サカつく(サッカー監督シミュレーション)

 

[PSVITA]サカつく プロサッカークラブをつくろう! [amazon]

[PS3]サカつく プロサッカークラブをつくろう! [amazon]

サッカーチームの監督になって、選手を育成し、スポンサーを獲得し、スタジアムを拡張し、収入を増やして、ナンバーワンのサッカークラブを育てていくという、いわゆる「育成・経営シミュレーションゲーム」の草分け的な存在が「サカつく」です。

スポーツゲームとしてのサッカーゲームはプレイしないけど、経営シミュレーションゲームとしての「サカつく」は毎回プレイしているという方、結構いると思います。

そんな「サカつく」もこちらPSVITA、PS3版を最後に新作が発売されておらず、こちらが最新作というわけです。

4,000人以上の選手が実名で登場(Jリーグ+欧州6 大リーグ)

とにかく実名で登場する選手の数が半端ないのが「サカつく」シリーズの魅力。これら選手をスカウトして、自分好みのクラブ作りができるのは、サカつくだけですね。

監督として経営者として最強チームに育成していく過程は、他のサッカーゲームでは味わえないものがあります。

PS3版とPSVITA版でクロスセーブに対応

PS3版とPSVITA版が発売されていますが、ネットに繋げれば両方のセーブデータを共有する事ができる「クロスプラットフォーム」に対応しているので、外出先ではPSVITA版、帰宅後はPS3版というように、1日中、サカつくを楽しめる機能も嬉しいですね。

【ニンテンドーDS】サカつくDS ワールドチャレンジ2010


サカつくDS ワールドチャレンジ2010 [amazon]

現段階ではサカつくシリーズ最後の携帯ゲームソフトとなっているのが、DSで発売された「サカつくDS ワールドチャレンジ2010」です。

タッチパネルを使った操作性は非常に快適。

経営シミュレーションゲーム「サカつく」の面白さを活かしながら、選手獲得、育成、経営、試合をとことん楽しめます。

Jリーグ制覇だけでなく、欧州リーグなど世界最強クラブを目指すモードや、日本代表監督として世界と戦うモードまで、経営シミュレーションゲームの面白さが詰まった秀作といえる一本です。

【iPhone/android】プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

▼こちらから無料でダウンロード▼

[iPhone]プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

[android]プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

2018年に配信開始した「サカつくシリーズ」最新作

シリーズ初となる全世界同時展開アプリなので、世界のプレイヤーと同時に競いながら世界No1クラブ作りを目指せます。

内容的にはまさしく往年のサカつくの雰囲気がプンプン。

選手を育成し、クラブ経営をしながら、自分だけのサッカークラブを作り上げる楽しみは健在です。

【3DS】ポケットサッカーリーグ カルチョビット


ポケットサッカーリーグ カルチョビット [amazon]

ダービースタリオンの開発で有名なパリティビビット社が贈る、サッカーチームの監督となり、選手を育成してチームを国内、そして世界No1に育ていくシミュレーションゲームです。

3DCGを多用したゲームが多い中、こちらはファミコンを彷彿させる2Dのグラフィックが特徴です。

まとめ

今回紹介したサッカーゲームはいずれも面白いものばかり。

「サカつく」だけジャンルが異なるのと、発売日から時間が経過しているので最新感は薄いのですが、「FIFA17」「ウイイレ2017」は、Jリーグも開幕した今こそ旬って感じですね。

PS4本体を持っていない方は、ぜひ、この機会にプレステ4デビューしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする