【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

【悩む】PS5を買うべきか、それともPS4で様子見か?スイッチも欲しい

スポンサーリンク

PS5の発売日は2020年11月12日!買うべきか見送りか?

いよいよPS5の発売日と価格が発表されました。

まとめると以下になります。

地域によって発売日が異なりますが、価格表記は統一されています。もちろん為替によって地域によって価格に対する価値は異なります。

PS5の発売日

11月12日(木)発売:日本、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国

11月19日(木)発売:欧州、中東、南米、アジア、南アフリカ

PS5の価格

PS5デジタル・エディション(ドライブなし):39,980円/399.99ドル/399.99ユーロ

Ultra HD Blu-rayディスクドライブモデル:49,980円/499.99ドル/499.99ユーロ

PS5の価格はドライブあり、無しによって異なります。

値段が安い方が嬉しいということで、デジタルエディションに注目しがちですが、ドライブあり、なしはそれぞれメリット、デメリットがあります。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください

【参考記事】【PS5】ディスクドライブありなし本体メリットデメリットおすすめ比較

PS5はとても魅力的なゲーム機で、買わない理由はないのですが

問題は「発売日に買うべきか」という点にあります。

そこで、今回は

「PS5を発売日に買うべき理由」「発売日に買わず様子見の理由」

これらをテーマについてお話していきましょう。

PS5を発売日に買うべき理由

次世代のゲーム体験ができる

なんといっても最新のゲーム機ですからPS4やニンテンドースイッチを超えるゲーム体験ができるのがPS5の魅力です。

ソニーから発表された内容によると以下のゲームが本体と同時発売されます。

・Astro’s Playroom

・Destruction All Stars

・リビッツ!ビッグ・アドベンチャー

・Marvel’s Spider-Man: Miles Morales

・Demon’s Souls

いずれもPS5の可能性を体験するには十分なタイトルといえるでしょう。

 Demon’s Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best [amazon]

特にデモンズソウルは今後、各ゲーム会社が検討しているであろうPS3、PS4からのリマスター移植のテストケースになりそうです。

PS4からの機種変として。ガジェット好きならいろいろ触って試してみたい

PS5ではPS4のゲームが動作すると発表されています。

よって、いますぐPS5のゲームを遊ばなくても、PS4からの機種変更として、さらにはガジェット好きならいろいろ試してみたい、触ってみたい!という事で発売日に購入する人も多いでしょう。

新しいモノ好きならPS5ほど魅力に感じるガジェットはないですし

旧型PS4の買い替えを検討しているしている人なら

新型PS4ではなく、一気にPS5に買い替えようと考えてもおかしくありません。

実際のところPS4のコントローラーがそろそろ寿命を迎えようとしているユーザーも多いと思われ、ならば新品のコントローラーを購入するよりも、PS5に機種変更してしまおうと考えちゃいますよね。

【参考記事】【お悩み解消】PS4コントローラーのトラブル大全集(充電できない・電源がつかない)

PS5は発売日に買わずとりあえず様子見である理由

筆者は新しいゲーム機はいち早く触れたい!遊びたい!

という方なので、基本的には発売日に購入したいのですが、一方で発売日に買わずとりあえず様子見も今回はアリかな・・と思っています。

その理由について解説していきましょう。

PS5本体同時ではあまり魅力的なタイトルが揃っていない

再度掲載すると、ソニーから発表されている本体同時発売のソフトラインナップは以下の通りになります。

・Astro’s Playroom

・Destruction All Stars

・リビッツ!ビッグ・アドベンチャー

・Marvel’s Spider-Man: Miles Morales

・Demon’s Souls

海外展開を意識したラインナップであり、日本ユーザー向けに広く刺さるようなタイトルは本体同時では登場しないわけです。

ファイナルファンタジーや、グランツーリスモ5もPS5での発売を発表していますが、本体同時発売ではなく、発売までしばらくはかかると思います。

よって、ゲームを遊ぶという目的では、本当にPS5本体の発売日に買う必要があるのかというわけです。

新商品の初期ロットは不具合があるのが定説

PS5だけの話ではなく、家電や車、スマホ、世の中のあらゆるモノに該当しますが完全新商品の初期ロットは不具合が生じる場合があります。

不具合とまでいかなくても、使いにくさ、機能不足など、商品として未成熟な部分に出会うものです。

そのようなリスクを踏まえた上で、新商品の初期ロットを買うべきか、というのは検討事項となるでしょう。

PS5は今後、間違いなく低価格、軽量版が発売される可能性大


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB[amazon]

PS4が発売されたのは2013年

そして薄型の新型PS4が2016年

発売から3年後に新型が登場しました。

低価格、軽量版というリニューアルはPS2、PS3でも行われてきたゲーム本体のテコ入れ施策であり、PS5でも同様の新商品が数年後に登場する可能性はあります。

PS4でも十分楽しい、むしろ遊びきれないほど豊富なゲームラインナップ

PS4で遊ぶゲームがなく

PS5だけでしか遊べないゲームしかない

といった状態ならPS5にいますぐ乗り換える強い理由になりますが、現在、PS4では遊び尽くせなないほどのタイトルが充実しています。

PS4のタイトルラインナップが充実しすぎているゆえに、

PS3→PS4では廃止した互換機能をPS4→PS5で復活させた可能性はありそうです。

当サイトでもPS4の記事をたくさん書いていますが、本当にゲームソフトは充実しており、PS5が発売されても、まだまだ新作が登場し続けるとおもわれます。

そもそもPS5本体を発売日に買えない可能性もあり

そして最後に、

「そもそもPS5を普通に購入できるのか」

という懸念はあります。

全世界で発売されるゲーム機であるため、世界中から在庫の争奪戦が繰り広げられるのは必至でしょう。

ニンテンドースイッチ本体でさえ、いまだに品薄状況は改善されておらず、むしろPS5を発売日に購入できる人は「幸運な人」かもしれません。

まとめ

今回、PS5本体を発売日に購入するべきか、というテーマで記事を書いてみました。

個人的な思いからすると

「発売日に買えるなら買いたい!でもそう簡単には買えない(手に入らないのではないか)」というのが正直なところです。

とはいえ、ゲーム好きなら絶対にスルーできないゲーム機であることは間違いないので、ぜひ、購入して遊びたいと思います。