ソフトバンクiPhone6とアップルウォッチ3セルラーモデルの設定で注意すること

スポンサーリンク

設定がうまくいかない時はここをチェックする成功するかも!?(おすすめポイント)

念願のApple watch3(アップルウォッチ)、しかもセルラーモデルを購入しました。

設定も簡単!と思いきや、かなり苦労してしまい、その原因が設定のサービスのわかりにくさにあったため、他にも同様に困っている人がいるはず!ということで、今回まとめてみましたので、ぜひ同じ轍を踏まないように参考にしていただけると幸いです。

AppleWatchってソフトバンク、Au、ドコモ用とかあるの?

AppleWatch3セルラーモデルはヨドバシカメラのAppleコーナーで購入したのですが、特にどこかのキャリア専用というわけでなく、持っているiPhoneとペアリングするだけなので、ソフトバンクユーザーだからといって、ソフトバンクショップで購入する必要はありません。

これは楽チンですね。

ということはキャリアを乗り換えても、AppleWatch3セルラーモデルは、キャリア専用ではないので、引き続き使えるという感じ。

また、当たり前の話ですが、セルラーモデルだけど、AppleWatchモバイル通信サービスに登録しなければ、普通のGPSモデルとして使えます。

AppleWatch3を使うにはiPhone6以上、iOS最新版11が必要

Apple Watch3の対応機種はiPhone6以上が必要だったりします。これって結構見落としがちなポイントですね。

だって、知り合いはiPhone5だけど、AppleWatch3の購入を検討していましたから。

さらにiOSは最新版が必要です。

最新版のiOSはストアのセールスランキングがなくなってしまうなど、ちょっと使い勝手が微妙だったので、アップデートを避けていたのですがAppleWatch3購入にあたって、やむなくアップデートすることになりました。

AppleWatch3開封後、すぐに使えると思っていたのですが、まずiPhone6のアップデートに時間を取られることになります。

VoLTE(ボルテ)って何!?

LTE回線を使った音声通話システムのこと、Voice over LTEのことを略してVoLTE(ボルテ)というらしいのですが、そんなこと、いままで気にもしたことがないし、いきなりボルテのサービス加入が必要と言われても「何それ!?」って感じで、チンプンカンプン。

ボルテは無料で加入可能で、AppleWatch3セルラーモデルを使うには必要なサービスとなります。

私の場合、ソフトバンクユーザーなので「My Softbank」からVoLTEに無料で加入することができますので、AppleWatch3セルラーモデルを使うために、ポチっと加入すれば準備OKというわけです。

なんと、待ちうたとVoLTEは同時申し込みできない

どうやら、そう簡単にAppleWatch3セルラーモデルを使わせてくれないようですw

このVoLTE(ボルテ)ですが、MySoftbankから加入ボタンを押しても、加入できないんですよ、これが。(具体的にはVoLTEが反映されないという感じ)

ネットで調べたりしていると、どうやら

「待ちうた」と「VoLTE」は同時に申し込みができないらしいのです。

しかも、「待ちうた」って新規登録終了しているサービスだし、入会した記憶がないのですが、入会していることになっていました。

まあ、入会自体は0円なのでお財布は痛くないのですが、これって、機種変した時に、くっついてきたのかな!?

待ちうたを解除してから、再びVoLTEに加入すれば問題無し。

これで「AppleWatchモバイル通信サービス」に加入完了です。

これで準備万端!

「いよいよAppleWatch3セルラーモデルが使えるぜ!」

とはいきませんでした。

ソフトバンクのAppleWatchモバイル通信申請が時間外

ようやく、これでAppleWatchが使えるぞ!

ということでAppleWatch3のペアリング後、iPhoneのホーム画面上の「AppleWatchアプリ」を起動、マイウォッチの中の「モバイル通信」→「モバイル通信設定」と進むと、

なんと、モバイル通信申請の登録受付時間が「朝9時から、夜21時まで」なので、また明日申請してください、とのこと。

VoLTEやら、待ちうたやら、手間取ってしまった結果、なんと、若干夜21時をまわっていたんです。

結果、今日はAppleWatch3セルラーモデルの登録を完了できず。LTE回線につなぐのは翌日となってしまいました・・・・。

モバイル通信登録完了したけど繋がらない

ここから、まだまだ続きます。AppleWatch3セルラーモデルでLTE回線に繋がらないという話。

モバイル通信設定を無事完了したものの、LTE回線につながらず・・。

うーん、お手上げ状態です・・・・。

これでは埒があかない!ということで、ソフトバンクのチャットオペレーターで問い合わせてみることに。

結果的に解決できなかったのですが、とっても親切な対応をして頂き、かつチャットオペレーターのサービスを使ったのも初めてだったので、感動を覚えつつ、教えて頂いたサポートセンターに電話をすることにしました。

電話をしたものの、担当が2回変わり、最終的にはこれ以上の対応はできないので(どうやら対応の管轄が違うようです)、この場で「ケータイなんでもサポート(月額500円、初月は無料)」に加入して頂ければ、専用のオペレーターにつないで対応ができるとのこと。

「ペアリングを解除して、再登録しなおせば、行けたりしませんか?」

と聞いてみるものの、このお電話ではそこまで答えられない(専門外)なので、「ケータイなんでもサポート」に加入して頂ければ、専用オペレーターが対応するとのことでした。

「ケータイなんでもサポート」は初月は無料らしいので、お金の負担はないものの、ここまで30分かかってますw

とはいえ、繋がらないという問題を解決せずに、このまま諦めるわけにもいかず、電話上でケータイなんでもサポートに加入して、専用オペレーターにつないでもらうことにしました。

結果的にオペレーター上では解決できず。

結果的には、電話を切った後、再起動して、ペアリング解除して、再度ペアリングしたらうまくいきました。

「ペアリングを解除して、再登録しなおせば、行けたりしませんか?」

という質問がそのまま当たっていたという感じですね。

やっぱり、再起動、解除、再接続といった基本操作は重要かも!

とはいえ、ソフトバンクのサポートセンターは、かなり丁寧に対応していただけたので感謝です。

あと、よかったのはソフトバンクのサポートセンターって結構、電話つながりやすく感じました。

過去にレンタルサーバー会社のサポートセンターに電話しても、30分以上たっても繋がらない、メールをしても数日返信がこない、という状況を体験していると、ソフトバンクの対応は快適そのものでした。

Apple watch3を使って見た感想

さて、実際に appleWatch3機能を使ってみた感想はというと

機能的には問題なし!といったところです。

個人的に機能面よりも良かった点は、その軽さと、標準バンドのフィット感にあります。

時計をしながら仕事でキーボードをタイピングすると、手首が疲れる感があるのですが、AppleWatch3のラバーバンドのフィット感はなかなかのものでした。

たぶん、バンドのフィット感もあるのでしょうが、AppleWatch本体が一般的な時計よりも圧倒的に軽いというのも原因の一つだと思います。

全7色 Apple Watch バンド ベルト Fullmosa Apple Watch Series 本革レザー [amazon]

ちなみに、アップルウォッチ3向けのベルトは、非純正でいろいろ発売されています。特にこちらの本革レザーバンドは値段も安いのに、質感も高くておすすめ。

一方で、ここは良くないという点は充電がしにくいところかもしれません。付属の丸型充電ケーブルと、AppleWatchの裏面をくっつけて充電するのですが、AppleWatchが安定しないので充電しにくいのです。

Apple Watch スタンド – ATiC アップルウォッチ 38mm & 42mmに対応 [amazon]

そこでおすすめなのが、こちらのクレードル的なスタンドです。AppleWatchをスタンドに固定しながら充電できるので、安定して充電できるだけでなく、見た目にもカッコいいですね。

まとめ

というわけで、ようやく使えるようになったApple Watchですが、かなりの時間を使ってしまいました・・・。

最新iOSへのアップデートは仕方ないとしても

・VoLTEと待ちうたは同時加入できない

・モバイル通信申請の受付時間

この辺りを事前に知っていると、ここまで時間を取られずに解決できたかも。ハマってしまった方は参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする