【徹底解説】ニンテンドースイッチSDカードおすすめの容量サイズやメーカーは?いらない?

[2020/3/3更新]

スポンサーリンク

後悔しないニンテンドースイッチSDカード(メモリーカード)選び方

ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入を検討するべき周辺機器といえば、microSDカードです。

しかし、メモリーカードのサイズ容量や、読み込み書き出し速度など、どれを選べば良いのか見当も付かないですよね。

そこで、今回はニンテンドースイッチ本体向けに別売microSDカード購入を検討する際に知っておくべき情報をとことん集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

SDカードって必要?ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリと別売SDカードの違い

Nintendo Switch [amazon]

実はニンテンドースイッチ本体には32Gの保存領域が用意されています。

となると

「別売りのmicroSDカードなんて必要ないかも?」

と思ってしまうかもしれませんが、本体に内蔵されている32Gの保存領域と別売りのmciroSDカードでは保存できるデータの種類に違いがあるのです。

ニンテンドースイッチ本体内蔵の保存領域(32G)

・ニンテンドースイッチのシステム領域に一部使用されているため32G全部が使えるわけではない(システム領域に2Gほど使用されているので実際には30G程度しか使えない)

・セーブデータは本体内蔵の保存領域にしか保存できない(追加SDカードには保存不可)

・ダウンロード購入したゲームデータや画像データを保存できる

別売り追加SDカード

・セーブデータは保存できない。本体内蔵の保存領域のみに保存できる

・ダウンロード購入したゲームデータや画像データを保存できる

つまり、ニンテンドースイッチのセーブデータはニンテンドースイッチ本体のみにか保存できません。よって、本体内臓のセーブ領域はセーブデータ用に残しておく必要があります。

よって、ダウンロード購入したデータは別売microSDカードに保存

セーブデータは本体内臓メモリーに保存

といった使い分けをするのがデータ管理上でもスッキリ管理できます。

別売追加SDカードは必要な人、不要な人

ダウンロードゲーム、体験版も一切やらないパッケージゲームしか遊ばない

という人がいるならば追加SDカードは不要、本体内臓のメモリー領域だけで済んでしまいそうです。

一方で、ダウンロードゲームも体験版もやるし、とにかくフルでニンテンドースイッチを遊び尽くしたい!

という人は追加SDカードがあると、もっとニンテンドースイッチを楽しめる、ということになりますね。

 ニンテンドースイッチ本体で使えるSDカードの種類、最大容量は?

ニンテンドースイッチでは次の3種類のmicroSDカードが使用できます。

microSDメモリーカード(2GBまで)

microSDHCメモリーカード(4〜32G)

microSDXCメモリーカード(64G〜2TB)

ただしmicroSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要があるため、ネットに繋げる環境がない人はmicroSDXCメモリーカード以外を選んでおくのが無難です。

microSDXCカードを選ぶ理由はその容量サイズの大きさなのですが、microSDHCカードでも最大32Gもあるので、普通に使う分には問題ない容量の大きさです。

 ネット接続環境がないのに間違ってmicroSDXCを購入してしまうと、すぐに使えないのでネットに繋いで本体のシステム更新が必要になってしまいますので注意しておきましょう。

高速な読み込み(転送速度)のSDカードがおすすめ

SDカードを選ぶ上で、「容量」と「値段」ばかり目にいってしまいがちですが、容量以上に重要なのは「読み込み速度」です。

読み込み速度の遅いSDカードを選んでしまうと凄く後悔するので注意しましょう。なぜなら、追加のSDカードにはダウンロード購入したデータを保存しますが、この読み込み速度が遅いと

「ゲームを遊ぶ上で非常にストレスになるからです」

ローディングやデータ読み込みにも時間がかかるゲームって本当にイライラしますよね?SDカード選びを間違えるだけで、凄く後悔することになります。

価格の安いmicroSDカードの中には読み込み速度が遅いカードもありますので、値段だけで選んでしまうとあとで後悔してしまうので必ず転送速度をチェックしておきましょう。

尚、ニンテンドースイッチに対応しているmicroSDカードの転送速度はUHS-I(Ultra High Speed Phase I)に対応しています。

UHS-Iの読み込み速度は60~95MB/秒程度ですが、できるだけ早いUHS-I規格のカードを選ぶようにしましょう。

ちなみにニンテンドースイッチはUHS-II(Ultra High Speed Phase II)規格には対応していません。UHS-II規格のカードが使えないわけではないのですが、高いお金を出してUHS-II規格のカードを購入しても、その転送速度がニンテンドースイッチでは出ないので、無駄な買い物になってしまうというわけです。

SDカードの転送速度の規格についてまとめ

「いろいろな規格があって、よくわからない!」という人もいると思いますのでSDカードの転送速度の規格についてまとめておきました。

UHS-I(1)読み込み速度最大40/MB ★ニンテンドースイッチ対応

UHS-Ⅱ(1)読み込み速度最大260/MB、書き込み速度最大120/MB ★ニンテンドースイッチ非対応(カードは使えるけどこの速度は出ません)

UHS-Ⅱ(3)読み込み速度最大270/MB、書き込み速度最大250/MBv ★ニンテンドースイッチ非対応(カードは使えるけどこの速度は出ません)

ニンテンドースイッチのSDカードの開け方と入れ方(認識されない場合の対応は?)

microSDメモリーカードを本体に差し込みます。 Nintendo Switch本体の場合microSDメモリーカードを本体に差し込みます。 Nintendo Switch Lite本体の場合
ニンテンドースイッチ本体のmicroSDカードを入れる部分ですが、ニンテンドースイッチとニンテンドースイッチライトでは場所が異なるので間違えないようにしましょう。
SDカードには「入れる向き」がありますので間違えないようにしましょう。挿入すると「カチッと」いう音がするまで押し込んでください。
SDカードが認識されない場合は次を確認しましょう
・本体をネット接続してシステム更新せずにmicroSDXCカードを使っている
 →このケースは非常に多いので、使えない場合はまず最初に確認しましょう
 
・SDカードの入れ方がまちがっている
 →入れる向き、カチっと音がするまで入れているか、正しく挿入されているか確認しましょう
 
・SDカードが壊れている、接続端子部分が汚れている
 →SDカードって扱い方次第で壊れやすかったり、ノーブランドの安いカードを購入すると初期不良などで壊れている場合もあります。どうしても認識しない場合はSDカードをノートPCなどにも挿入してみてちゃんと認識されるかチェックしましょう。
SDカードの抜き差しは必ずニンテンドースイッチ本体の電源をオフにしてからするようにしましょう

ニンテンドースイッチにおすすめmicroSDカード容量サイズは?

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB [amazon]

繰り返しになってしまいますが

「ゲームのダウンロード版購入はしない、パッケージ版だけで遊ぶ」

という方がmicroSDカードはすぐ購入する必要はないと思いますが、

「ダウンロード版購入も考えています!」

という方はmicroSDカードは本体とセットで真っ先に購入検討すべき周辺機器です。

そこで、まずは今人気の主要スイッチソフトのダウンロード版のファイルサイズについて調べてみましょう。

10GBオーバー

[14.3G]ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版 [amazon]

[13.1G]Xenoblade2|オンラインコード版 [amazon]

5GB以上〜10GB未満

[9.8G]モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.|オンラインコード版 [amazon]

[6.8G]マリオカート8 デラックス|オンラインコード版 [amazon]

[6.6G]ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch|オンラインコード版 [amazon]

[5.3G]スーパーマリオ オデッセイ|オンラインコード版 [amazon]

5GB未満

[4.1G]Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版 [amazon]

[1.3G]1-2-Switch(ワンツースイッチ)|オンラインコード版 [amazon]

[3.1G]ARMS|オンラインコード版 [amazon]

ニンテンドースイッチ本体の内蔵メモリは32Gです。そのうち約2GBがシステム領域ですでに使われていますので、実際に使えるのは32GBのうち約30GBくらいとなります。

ゼルダの伝説(14.3G)+ゼノブレイド2(13.1G)の2タイトルをダウンロード購入すると27.4G使ってしまいますので、セーブ領域も不足してしまいます。

となると、ダウンロード版のゲームを中心に遊ぶならmicroSDカードは64G以上推奨

とはいえ64GBでも人気ソフトをいろいろダウンロード購入すれば、まったく容量足らなくなるのは想像できそうです。

予算が許すならば、ぜひ128Gを選んでおきたいところです。

公式ライセンス商品、ノンライセンス商品のどっちがおすすめ?

必要なSDカード容量がわかってきたところで、次に悩ましいのがmicroSDカードでもニンテンドースイッチのロゴがプリントされた「公式ライセンス商品」と、ニンテンドースイッチのロゴもプリントされていないPCやスマホ向けに使われている「ノンライセンス商品」です。

※ノンライセンスとはいえSDカードメーカー独自でニンテンドースイッチ本体で動作確認を行っているものもあります。

いずれもmicroSDカード規格なので使えないことはないのですが、どっちを選ぶか?ということになるわけです。

結論としては

・どっちでも問題なし

・ただしノンラインセンスのSDカードを選ぶ場合は有名メーカーのSDカードがおすすめ

・転送速度の方が選ぶ上では重要

として考えていただければと思います。

もちろん、ニンテンドースイッチの公式ライセンスを受けたSDカードの方が安心感がありますし、「動作しない」という心配を排除できるので、SDカードとかにあまり詳しくないし、面倒なことは避けたい!という方は公式ライセンス商品を選んでおいた方が無難です。

公式ライセンス商品は「安心」を「お金」で買うといった感じになります。

ニンテンドースイッチ公式ライセンスmicroSDカード

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB [amazon]

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード128GB [amazon]

任天堂のゲーム機WiiUはSDカードに対応していたのですが、当時は任天堂自体が自社ブランドのSDカードを発売していましたが、ニンテンドースイッチでは自社ブランドでの発売は行わず、周辺機器メーカーで有名なHORI社が、任天堂から公式ライセンスを受けたマイクロSDカードを発売しています。

2018年1月時点での実勢価格と、1Gあたりの単価は下記の通りです。最大容量は128Gということで、1Gあたりの単価は若干割高ですが、ダウンロード版のゲーム容量を考慮すると128Gか、またはコスパの高い64Gが選択候補になりそうです。

16G 約2,000円(1Gあたり125円)

32G 約3,000円(1Gあたり93円)

64G 約5,000円(1Gあたり78円)

128G 約16,000円(1Gあたり125円)

一般的なmicroSDカードの実勢価格と比べると、公式ライセンス商品は若干割高ではありますが、任天堂の厳しい動作チェックを受けたライセンス商品ということでもあるので信頼性が高いのがポイントです。

※microSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要です。

ノンライセンスmicroSDカード

Samsung microSDXCカード 128GB EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 [amazon]

128G 約3,000円(1Gあたり23円)

任天堂の公式ライセンスを受けたmicroSDカードではないけれど、一般的なmicroSDカードの中では人気なのがサムソン製のこちらのモデル。

公式ライセンス商品と比べると1/5という値段の安さ!です

メーカー側もニンテンドースイッチでの自発的な動作チェックは行っているようですが、任天堂から公式ライセンスを受けた商品に比べれば、動作チェックにかけた時間とその深さに違いがありそうです。とはいえ実売価格がかなり安いのは大きな魅力。

その他、microSDカードを探している方はこちらから検索してみてください。

※microSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要です。

圧倒的な信頼感「東芝製」SDカード

東芝製128GB microSDXCカード[amazon]

128G 約2,500円(1Gあたり19円)

公式ライセンス商品と比べると1/6という値段の安さ!です

メモリーカード業界では圧倒的な信頼を得ているのが東芝製のSDカード。こちら海外で販売されている商品なので、東芝製といっても大丈夫?と思うかもしれませんが、多くの人がニンテンドースイッチでも問題なく使えています。

これ1枚で悩み解決!512GB大容量モデル

SanDisk 512GB ULTRA microSDXC UHS-I[amazon]

512G 約1万円(1Gあたり19円)

SDカードの容量の悩みから解放されたい!もう考えたくない!

という人は最初から大容量SDカードを購入してしまうのがおすすめです。こちらは512Gモデルなので、これ1枚あれば容量不足の悩みからは解放されそうですね。

まとめ

というわけで、今回、ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入したいmicroSDカードについて解説してみました。

そこまでの容量は使わないのに、無駄に大容量のメモリーカードを選んでしまうのも勿体無いですが、容量が全然足りず2枚目、3枚目のmicroSDカードを購入しなければならなくなるのも、なんとなく勿体無い。

必要な容量をよく検討した上で、用途にあったメモリーカードを選んでくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。