【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

コロナ禍だからこそ転職活動するべき!優秀な人材が続々と転職している理由

スポンサーリンク

コロナ禍で優秀な人材が積極的に転職活動をしている本当の理由

コロナウィルスによって在宅業務を推進する会社は増えましたが、一方で毎日通勤電車はそこそこ混んでいますし、在宅業務、テレワークはまだごく一部の企業の話なのかもしれません。

とはいえ、大都市圏の大手企業で、かつ在宅業務、テレワークに踏み切っても業務に影響が低い会社についてはどんどん在宅業務を推進しています。

筆者の周囲はほぼ在宅業務に移行しており、全く出社しない状況が続いていますが、

そんな中で、最近は転職の挨拶メールを受け取ることが多くなっています

コロナ禍の中、リストラの話も聞かれますが、その一方で採用している企業も増えているのです。

・企業が採用強化をしたのか

・それとも優秀な人材がコロナ禍をきっかけに転職に踏み切っているのか

いくつか理由は考えられるわけですが、そのあたりのお話をしたいと思います。

ただし、結論を最初にお伝えするならば

「将来を変えたいなら、いまこそ転職活動をすべき」

なのです。

コロナ禍だからこそ積極的に転職活動をしてみる価値あり

親や友達、会社の上司に転職の相談したところ、このように言われるかもしれません。

「コロナ禍だから、転職はもう少し様子を見た方がいいよ」

これはごくあたり前の健全な考え方です。

普通に考えればそうなりますよね。

「いま正社員として働いている人が転職活動をするのは適切ではなく、現状が終息してから転職活動をするべき」

といった考え方は未来が見えにくいコロナ禍のような状況においては、「動いてみる」よりも「動かないで様子見をしている」方が安全策のように思えるからです。

行動を起こして「攻める」よりも、行動を起こさず「様子を見る」方が、何もアクションは起こす必要はありませんから楽であるとも言えます。

でも、一方で次々と転職先を決めていく周囲の状況と、彼らに話を聞くと違った現実が見えてきます。

「動かないで様子見の状態は、ただ世の中の変化に身を任せている思考停止状態」であり今後も世の中の変化に影響を受け続けるのは非常にリスクが高い

という考えを彼らは持ってるからです。

実際のところ「様子見」とは「守りを固めている」わけではなく、守りも固めずただその場で立ち止まっているに過ぎません。

慎重に状況を観察して、次の一手を模索する「小さな行動」が伴っているなら話は別ですが、多くのケースでは「様子見」という使い勝手のいい言葉を引き合いに出して、その場で「思考停止している状態」なのです。

実際のところ「動いてみる」ことで、新しい発見や視野が広がります。

そして「動いてみる」とは必ずしも「転職する」ということではありません。

転職に向けて準備と視野を広げるという事も「動くこと」と同じです。

「何もしないで、ただその場にとどまっている」

という状態と

転職活動をしてみる(動いてみる)

いろいろ世界を見た上で転職はしない(様子見)

といった状態では、結果的に「様子見」という判断に至ったとしても、その両者には大きな違いがあります。

コロナ禍のきっかけで転職活動の常識が変わった

その昔、転職活動といえば半休を取得して面談にいかなくてはなりませんでした。

いや、昔といってもつい数年前の話です。

ZOOMも積極的に活用されていなかったですし、転職活動は直接面談形式が常識でありオンライン面接はありえなかったわけです。

旧世代の転職活動といえば

・半休を取得して企業面談

・先方の会社を訪問して面接

・何度も面接を繰り返し採用が決まる

・これらプロセスが必要なので、時間もかかるし、応募したい企業すべてに応募して話は聞けない

・限られた世界における、限界ある転職活動

といった感じでした。

交通費、時間、体力の消耗は激しく、いま思えば無駄以外の何者でもなかったと感じます。それがコロナ禍によって大きく変わりました。

オンライン面接の普及により自宅で転職活動ができる

コロナ禍の影響によって、直接面接をする必要はなくなりました。

これは企業との面接だけでなく、転職エージェントとの面接も含まれます。

これによって

転職エージェントに合う→案件を紹介してもらう→企業と面接する

といった1件の転職活動に2週間から1ヶ月かかっていたことが、わずか1週間で済むようになったわけです。

書類審査から全ての面接が「オンライン上で完結してしまう状態」になりました。

・書類審査もオンライン上で可否判断

・1次、2次面接もオンライン面談で可否判断

・最終面接もオンライン面談で可否判断

といったようにスピード感ある転職活動ができるようになりました。

しかもこれらは自宅にいながら全部完結してしまうのです。

この状況は優秀で仕事から離れられず、転職活動のために半休なんて取れないような人にとって、転職活動を可能にしました。

オンライン面接によって物理的ハードルが解決したことで、優秀な人でも転職活動がしやすい環境になったことが、コロナ禍の後で周囲で転職者が増えている状況に影響していました。

オンラインだけで転職活動ができるため

在宅勤務の隙間時間に、周囲の目を気にする必要もなく、様々な企業と話ができるため、魅力ある転職先との出会いのチャンスが劇的に広がった

といった状況といえます。

実際のところ転職に動く人は少ないためライバルは少ない

とはいえ世の中はコロナです。

基本的には「動かず様子見」という考えの人は多いですし、むしろコロナ禍の影響で企業のリストラも加速していますので、なんとか企業に残る策を考えている人も多いでしょう。

これは人間の防衛本能が心理的に働いてしまうため仕方ないことです。

「現時点で安定を手に入れている人が、先行きが見えない状態で、あえて行動を起こすか?」といえば、多くの人が「動かない」という選択を取りがちです。

冒頭で周囲で転職者が増えているという話をしましたが

「優秀な人ほど、動くことのリスクも予測できるので動こうとはしない」

「優秀な人ほど、いま動くことの重要性を知っているので動いてみる」

といった2極化がおこっているのです。

そして、人間の防衛本能からすると前者の「動くことのリスクも予測できるので動こうとはしない」といった人の方が圧倒的に多いのです。

この状態は転職活動においては平常時よりもライバルの数が減ります。

ライバルの数が減ると、転職市場で競合する相手も減るわけですから、相対的に転職市場における価値もあがるのです。

企業側からしてもコロナ禍の中でどうやって生き残るのか

いま最重要課題であることに間違いありません。

そのためには状況を大きく変えてくれる優秀な人材を必要としています。

企業視点ではコロナ禍を乗り越えるためには優秀な人材が必要

コロナ禍の影響で多くの企業は赤字に転落しています。ゆえにコロナ終息後のV字回復が企業としては必須となります。

短期的にV字回復を達成するためには、何年もかけて人材を育成する時間の猶予はありません。

「つまり、いますぐ結果を出してくれる即戦力が必要となります」

しかし、前のパートでお話をした通り、コロナ禍のような未知なる現状に直面すると人間の心理として「動かず様子見」という判断になりがちです。

ですから、もし皆さんがある程度の経験とキャリアを積んできたなら

転職市場では圧倒的に競合相手が少ない状態で転職活動ができます。

・コロナ禍の中でも一歩踏み出して転職活動をしてみる

・しかもオンラインで完結するため、いろいろな企業の話が聞ける

一歩踏み出せることができたら、これまになかった効率的、かつ内容の濃い転職活動ができます。

今後、早期退職制度の増加によって転職市場は競合が増える恐れあり

コロナ禍の影響もあり早期退職制度を行う企業が増えています。

早期退職制度は固定費である人件費を減らす目的もありますが、辞めて欲しい人材だけでなく、むしろ優秀な人材の流出が多いと感じています。

筆者も務めていた会社で何度も早期退職制度の発令がありましたが、次の仕事がすぐみ見つかる優秀な人ほど、制度を利用して膨大な退職金をもらって辞めていきますし、次の仕事が見つからない人ほど、いま場所に留まろうとする現実を見てきました。

早期退職制度の増加は、優秀な人にとっては

むしろお金をもらった上に、さらなるキャリアアップができるチャンスでもあるのです。

よって今後、転職市場では競合相手が増えてくる可能性はあります。ゆえに競合相手が増える前に転職活動を始めている人も筆者の周囲では多く、その結果、コロナ禍において続々と転職しているという状況につながった可能性はあります。

転職エージェントを活用するメリット

コロナ禍によってオンライン面接が一般化したことで、転職活動が大幅に効率化されました。これによってエントリーできる会社の数が圧倒的に増えたわけす。

その結果、いま働いている業界だけでなく、異業界にエントリーする時間も取れるようになりました。

いま働いている業界なら、業界の中で繋がりがある人も多いでしょう。その繋がりを辿っていくだけで転職のチャンスはつくれるかもしれません。

そして、その繋がりは単なるコネクションというだけではなく、あなたの能力やスキル、仕事ぶりを分かった上での繋がりでもあります。これは転職活動においては有効なツールとして使えます。

一方で異業種にチャレンジしたい!と思った場合、繋がりはありません。例えば、ゲーム業界未経験だと、そもそもゲーム業界関係者との繋がりはゼロです。

もし、どこかで繋がれたとしても、一緒に仕事をして、あなたの能力を理解している状態ではありませんから、転職のお誘いに繋げるのはハードルが高いのです。

だからこそ、異業界も視野に入れて転職活動をしたいなら

あなたの能力や魅力を理解して、

かつゲーム業界との太いパイプを持って

あなたとコネクションの中った異業種の会社にあなたを売り込んでくれる転職エージェントを利用する価値があります。

異業種との繋がりの低さを転職エージェントが補ってくれるというわけです。

【転職エージェントを使うメリット】

・転職エージェントが持っている業界とのコネクションを利用できる

・あなたに代わって、あなたの魅力を企業に売り込んでくれる

・面接を突破するためのアドバイスがもらえる

・転職エージェントの利用は無料

だからこそ、その業界とのコネクションがない人にとって

転職エージェントはを利用しない手はありません。

しかし、転職エージェントにも様々な得意分野がありますので

転職エージェントなら何でもいいというわけではありません。

もしあなたが本気になって、いますぐアクションをしたとしても、

転職エージェント選びを間違えると、無駄な時間を消費してしまう可能性があります。

だからこそ、

広く業界のコネクションもあり、実績の高い転職エージェント、転職サービスを選ぶ必要があります。

最後におすすめの転職エージェントサービスをご紹介しましょう。

登録は数分で済みますので、あとは連絡を待つだけです。

様子見ではなく、まずは踏み出すことがみなさんの未来を変えます。

【おすすめの転職エージェントサービス】

マイナビAGENT

総合型の転職エージェントサービス。

ゲーム業界で営業職、宣伝、マーケティング、PRなど非クリエイター系を目指す人にはおすすめです。

マイナビエージェントIT

マイナビの中でもIT系に特化した転職エージェントサービス。IT系への転職を検討するなら登録しておいて損はありません。

マイナビクリエイター

Webやゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。こちらはクリエイター系に特化しています。

JAC Recruitment

クリエイター、非クリエイター系ともに、さらなるキャリアアップを目指すならポジションを探してくれるJACは登録しておいて損はありません。私が登録した時には他にはないJAC独占案件も紹介いただきました。

いまここで一歩を踏み出せたら、半分は成功したようなものです。

なぜならコロナ禍の中で、防衛本能が働き「様子見」という「思考停止状態」になっているからです。

動いて見た結果に転職しなくてもいいのです。世界を知り、今後のプランを考える上で、効率的、かつ競合相手も少ない中で転職活動ができるいま、動いてみることが重要です。

もし一歩が踏み出せないなら、次のきっかけが訪れない限りずっと踏み出せないままです。この小さな一歩を踏み出せない人が本当に多いのです。

まずは、この記事を読んだきっかけに、小さな一歩を踏み出してください。

その一歩で未来はかわりますし、もし在宅勤務をされているなら、転職活動を始めるには絶好のタイミングです。