[PS4]サバイバルしようぜ!おすすめオープンワールドゲームランキング(新作/名作一覧)

Contents

スポンサーリンク

[2018年最新版]PS4、PS3で遊べる高評価オープンワールドゲーム ランキング

PlayStation4本体を購入したら、まず最初にどんなゲームをプレイすべきか!?

数々のPS4ゲームをプレイしてきたファンからすると「オープンワールドゲーム」こそ、PS4を購入したらプレイすべきゲームジャンルだと思います。

なぜなら、オープンワールドゲームこそ、リアルな映像表現を求められるゲームジャンルであり、PS4のマシンパワーを活かすことができるゲームジャンルでもあるためです。

そこで、このソフトは絶対に外せない!プレイして欲しいタイトルを、集めてみましたので参考にしてみてください!

オープンワールドゲームって何?

最初にオープンワールドゲームの定義を整理しておきましょう。

新しいジャンルなのでシューティング、アドベンチャー、パズルみたいに明確にゲームジャンルとしてパッケージに必ず表記されているほど、定着しているわけではないのですが、「オープンワールド」としての要素をまとめると下記が要件となります。

・広大なフィールドを自由に探索できる

・3Dで描かれたグラフィックである

・決められた攻略方法がなく、プレイヤーに判断が委ねられる

つまり、現実世界を再現したようなリアリティがあって、まるでMMORPGをプレイしているかのようなコミュニケーションがその世界の住人と楽しめて、自分がその世界の住人になったような没入感を感じられるもの。

一本道で選択肢なく進んでいくRPGとか、一見、リアルな3Dアドベンチャーゲームでも見た目だけで自由度が低いものはオープンワールドゲームとは言えなくなっていると感じています。

オープンワールドゲームの多くは海外開発

オープンワールドゲームといえば、ゲームとしての規模感も大きく、数十億から百億クラスの開発費がかかると言われています。また、開発期間も数年と長期化する事が多く、近年は競合タイトルも増えてきていますので、ゲーム開発会社からするとハイリスクハイリターンから、ハイリスクミドルリターンなゲームジャンルとなりつつあります。

ゆえに全世界で大ヒットしないと開発費は回収できない事もあり、市場規模の大きい海外の市場性に合わせて開発できる海外のゲーム会社による開発が活発に行われています。

さらに、グランドセフトオートやスカイリム、falloutなどの登場により、オープンワールドゲームに対してゲームファンが求める期待値はますますあがっており、資金力、開発力、市場性の3点において日本のゲーム会社は参入しにくくなっているジャンルといえるでしょう。

実際のところ今回のランキングを作っていく中で、改めて思ったのは日本のゲーム会社が開発したオープンワールドゲームがほぼ皆無!なのです。

オープンワールドゲームが「ゲーム」のすべてではないですけど、海外と国内で大きな差がついてしまったと再認識させられてしまいました。

オープンワールドゲームは様々なジャンルの集合体

なんでもできるオープンワールドゲームゆえに、それ単体で一本のゲームが作れてしまいそうな要素がオープンワールドゲームにはふんだんに盛り込まれています。

ゆえに、いろいろなゲームジャンルの集合体がオープンワールドゲームとも言えます。例えば人気タイトルGTAこと「グランドセフトオート5」なら

・ドライブゲーム

・フライトゲーム

・ボートゲーム

・アクションアドベンチャーゲーム

といった要素が含まれており、GTAのドライブ部分だけ抜き出しても、そこそこ完成度の高いレースゲームが作れてしまいます。いろいろなゲームジャンルの美味しいところを「つまみ食い」できるのもオープンワールドゲームの魅力といえるでしょう。

【PS4】ニーア オートマタ

ニーア オートマタ [amazon]

オープンワールドタイプのアクションRPG。

開発したのは「ベヨネッタ」などを開発したプラチナゲームズということで、アクションゲームとしての出来に期待高まりますね!

ボタンを組み合わせたハイスピードなバトルアクションということで、「オープンワールドゲーム」の中では、かなりアクションゲーム性が高いバトルが楽しめそうですね。

【PS4】The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION (スカイリム)

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION  [amazon]

世界で200以上のゲームに関する賞を受賞したファンタジー系オープンワールドRPGの最高峰がエルダースクロールシリーズの5作目として発売された「スカイリム」です。

その作り込み、自由度、どこまでも広がる世界は競合タイトルを圧倒しており、ファンタジーRPG好きなら時間を忘れてプレイしてしまう非常に危険なゲームです。

もともとはPS3で発売されていましたが、グラフィック強化、いままでに配信された有料ダウンロードコンテンツ、新規要素追加などで「完全版」として発売されています。

HD画質で描かれたスカイリムの世界は、季節感も感じられるほどにとにかく綺麗。PS4Proにも対応しており、4Kディスプレイと組み合わせればグラフィックが強化されます。

またPS4で初となるMODにも対応し、ゲームクリア後も様々な追加コンテンツで遊び倒せるようになっています。

正直なところ今回のランキングで1位から5位までは順番をつけ難いほどに、全部面白いおすすめタイトルなのですが、いま遊ぶべきタイトルという意味で、1位はスカイリムにしてみました。

本当に面白いので、まだプレイした事がない人はこの機会にぜひ。

The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition PlayStation 3 the Best  [amazon]

PS4を持っていない方は、さらにお買い得価格のPS3版も絶賛発売中なので、こちらもおすすめです。MOD非対応、グラフィックもPS4版には負けてしまいますが、ゲームの中身は同じなので、十分楽しめます。

【PS4】Fallout 4: Game of the Year Edition GTYD(フォールアウト4)


Fallout 4: Game of the Year Edition [amazon]

スカイリムと同じ開発会社によるオープンワールドゲーム、fallout4。個人的にはスカイリムよりも、自由度が高く、やり込み要素が半端ないゲームで、世紀末的な雰囲気が漂う世界観にハマると抜け出せなくなる危険なゲームです。

いままで通常盤が発売されていましたが、それに変わり追加有料DLCが手に入るプロダクトコードが同封されたGame of the Year Editionが再登場しています。値段も安くなっているのでかなりお買い得感高いです。

こちらもスカイリムに続き、MODに対応したため、クリア後もとことん楽しめますが、そもそもクリアという概念が存在するのか?というほどにボリューム満点となっています。

メインのストーリーはありますが、追加ダウンロードコンテンツも配信されていますし、頻繁にアップデートされるので、ゲーム内で受けられる通常ミッションも更新されているように感じます。

舞台は2077年、核戦争によって変わりはてた世界。

この世界観設定だけでワクワク感がたまらないのですが、実際のゲーム内容も仲間や相棒と一緒に冒険できたり、とことん自宅や町つくりが楽しめたり、庭で作物を育てたり、できない事を探す方が難しいくらいに自由度が高い内容になっています。

Fallout 3: Game of the Year PS3 the Best [amazon]

残念ながらPS3ではfallout4は発売されていません。しかし、前作fallout3はPS3だからこそ遊べる名作。個人的印象ではPS3の方がよりバトルが楽しく、秀逸なサブクエストも多数用意されています。よって、PS4→PS3にという順番でプレイしても、ダウングレード版という印象もなく、別物としてかなり楽しめますのでオススメです。

【PS4】ウォッチドッグス2 

ウォッチドッグス2  [amazon]

オープンワールドゲームに目が肥えたゲームユーザーからも高い支持を集めている、超おすすめのゲームがウォッチドッグス2です。

そんなウォッチドッグス2も、値段が安くなったベスト版が登場しました。これはもうお買い得すぎるなんてもんじゃないですね。

PS4の特性を研究し尽くした最新タイトルという事もあり、グラフィックは非常に綺麗で描き込みも細かく、PS4デビューした人がプレイするならば「スゲー!」を連発するくらいに良く出来たゲームです。

従来のタイトルと違い「ハッカーの世界」をテーマにしているのも新たな面白さを作り出した人気理由といえます。

サンフランシスコを舞台にプレイヤーはハッカーとして巨大企業の腐敗を暴いていくというのも、いままでになかった新しい世界観ですね。

また、サンフランシスコの多彩な街並みを6つのエリア、46の地区で再現しているのも、オープンワールドゲームで行ける新たな「観光地」を探しているゲームファンにとって新鮮に映ったというのも人気の理由です。

ウォッチドッグス2をプレイすれば海外旅行気分も味わえるかも!?

ウォッチドッグス コンプリートエディション  [amazon]

ウィッチドッグス2の完成度がかなり高いため、あえて前作をプレイすべきか悩むところですが、このハッキングオープンワールドにハマったなら、ダウンロードコンテンツ全部入りの前作コンプリートエディションが発売されていますので、プレイしてみるのもアリです。

【PS4】グランド・セフト・オートV 

グランド・セフト・オートV  [amazon]

キングオブ オープンワールド

初めてグランドセプトオートをプレイしたのは、「オープンワールドゲーム」という名前もなかったPS2のグランド・セフト・オート・サンアンドレアスでした。

ストーリーも進めず、ただただ箱庭フィールドを自由に走り回っているだけで感動していたものです。

あれから11年、PS4で発売された「グランド・セフト・オートV」は、いまだに進化し続けるオープンワールドゲームの頂点に君臨するモンスターゲーム。全世界で6000万本以上を売り上げ、いまだにセールスランキングの上位を維持し続けています。

PS4版はPS3版のリマスターバージョンとしてグラフィックがさらに進化しただけでなく、FPS的な視点でプレイできるモードや、天候の変化のさらなるバリエーション追加、BGMの追加、さらにオンラインでミッションを楽しめる「GTAオンライン」も搭載しており、妥協なきパワーアップがされています。

特にグラフィックの強化は、PS3版も驚くほど綺麗でしたが、PS4版はPS3版を超える美しさ。街の空気感を感じられるほどです。

ぜひ大画面でプレイして、GTA5のモデルになったロサンゼルス探索気分を味わってみてはいかがでしょうか?

グランド・セフト・オートV  [amazon]

PS4版はPS3版のリマスター完全版ということもあり、PS3版でもGTA5発売中です。実勢価格はPS4版の半分くらいなので、かなりお買い求めやすいですし、PS3ハードのポテンシャルを引き出したグラフィックは、いま見ても綺麗です。

【PS4】ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション 

ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション  [amazon]

ファンタジー系オープンワールド最高峰とご紹介した「スカイリム」に次ぐタイトルに成長したのが「ウィッチャー3」です。

実は「スカイリム」はPS3版のリマスター版なのでPS4完全新作というわけではないのですが、こちらウィッチャー3はPS4で発売されたシリーズ最新作!!

発売前には世界で160以上のゲームに関する賞を獲得!

世界観を楽しむスカイリムに対して、RPGとしてのストーリー展開が楽しく、キャラクター性が全面に打ち出しているのが「ウィッチャー3」です。

ゆえに、洋ゲーなのにとに日本語フルローカライズされており、とにかくしゃべりまくります。50名近い声優陣によってフルボイス化されているため、メインストーリーだけでなく、サブクエスト、街の住民や兵士たちの雑談まで、まるでゲームの中に人々が住んでいるような錯覚を覚えるほどに、冒険を盛り上げてくれます。

前作「ウィッチャー2」の約35倍にあたる広大なマップを探索でき、プレイヤーの選択によってストーリーが変化していく様は、スカイリムもウカウカしていられないほどに、ファンタジー系オープンワールドゲームの世界基準を押し上げた、次回作も超期待のタイトルです。

スカイリムに比べると、かなり本格的なアクションバトルが楽しめる戦闘システムになっており、ライトなゲームファンにはちょっとハードルが高い印象も。
ちなみに、ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション は過去に配信された有料無料DLCがすべて同梱された上で価格も安くなっており本当にお得です。

【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition(マインクラフト)

【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition [amazon]

マインクラフトは自由に建物を作ったり、これといって決まったプレイ方法なく、プレイヤーの好きなように世界を作り上げる事ができるサンドボックス系と呼ばれるゲームです。

サンドボックスとは砂場という意味で、好きなように山やお城を作ったりする砂遊びに語源があるようです。

そんなマインクラフトの世界はかなり広く、ある意味、オープンワールドゲームの一種と言ってよいと思います。

マインクラフトの世界では、そこに生えている木々も動物もすべてが立方体のブロックで作られており、ブロックを壊したりして素材を得て、そのブロックで新たなものを自由に作り出すことができます。

ひとりでコツコツと壮大な世界を作り上げるも良いですが、オンライン通信を使えば、仲間といっしょに共同で建築物を作り上げる楽しさも!

終わりなく、ずっと遊んでいられるオープンワールドゲームです。

Minecraft: PlayStation Vita Edition [amazon]

国内版のPS3単体パッケージは発売されていないのですがPSvita版を購入するとPS3版がPSストアからダウンロードできるという謎のお買い得仕様になっているため、PS3版をプレイするならPSVITA版パッケージを購入する方法もあります。

【PS4】ファイナルファンタジー XV (FF15)

ファイナルファンタジー XV  [amazon]

日本を代表する王道RPGファイナルファンタジー最新作も今作からオープンワールド形式を採用。ずっと、ゲームファンが夢見ていた、「どこまでも広がる世界」「どこまでも行ける世界」がついに実現しました。

天候の変化、時間の概念、ファイナルファンタジーの世界はまるで生きているように変化し続けます。PS4本体を手に入れたらプレイしておきたタイトルのひとつですね。

ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション [amazon]

FF15については、新たなマップやシナリオを追加したロイヤルエディションなる完全版も発売されていますので、実勢価格の値ごろ感をみながら、通常盤とどっちを選ぶか検討してみてはいかがでしょうか

【PS4】ファークライ プライマル

ファークライ プライマル [amazon]

石器時代を舞台にした超リアル「モンスターハンター」版オープンワールドゲーム

シンプルに表現するとそんな感じのゲームです。武器を片手に、10種類以上の猛獣を仲間にして移動手段やいっしょに敵を攻撃するために使ったりできます。

「ファークライ」シリーズといえば、サバイバル系オープンワールドゲームとしてコアなファンから支持されているタイトルですが、現代を舞台にしていた従来のシリーズから、最新作ファークライは、石器時代に大胆に変更。マンモスが闊歩する世界を散策できるというわけです。これだけでもいままでにないタイプのゲームという事でワクワクしますね。

石器時代で生き抜くのはかなり大変。

武器やスキルを身につけて敵対する部族との争いに勝利しながらサバイバルしていくわけですが、現代やファンタジー世界を舞台にしたオープンワールドゲームが多い中で、ファークライプライマルはかなり異質なオープンワールドゲームとして一度はプレイしておきたいですね。

こちらもベスト版が発売中で、お安くお得に遊べちゃいます。

【PS4】アサシン クリード シンジケート

アサシン クリード シンジケート [amazon]

そういえば、あまり意識してプレイしていませんでしたが、アサシンクリードシリーズもオープンワールドゲームのひとつ。

最新作「アサシンクリードシンジケート」の舞台は産業革命時代のロンドンという事で近代に変更されています。

今作ではシリーズ初となる2人のアサシンが登場

建物を駆け登ったり、建物の間をジャンプして飛び移ったり、オープンワールドを自由に駆け巡り、戦い、人々の自由を求めて戦うストーリーとなっています。

【PS4】ファークライ4

ファークライ4 [amazon]

オープンワールドとFPSが合体したアクションが「ファークライ」の魅力。

過酷な山岳地帯や森林地帯を舞台にサバイバルアドベンチャーが楽しめます。野生動物をハンティングしたり、ミッションを受けてこなしたり、遊び方はプレイヤー次第。

オンラインマルチプレイモードも搭載。オープンワールドの世界を利用して最大10人の対戦プレイが楽しめます。

【PS4】ファークライ5(サバイバル系オープンワールドゲーム)

ファークライ5 [amazon]

世界中に多くのファンがいて、数々のゲームに関する賞も獲得しまくってきたファークライシリーズ。そのシリーズ最新作となります。

スカイリムやフォールアウト4のように、主人公の性別、見た目を自由にカスタマイズして、オリジナルのプレイキャラを作れるので、ゲームのストーリー展開にプレイヤー自ら入り込んでいる感がハンパないです。

オープンワールドゲームならではの自由度はさらにパワーアップ!

激しく迫力あるバトルはもちろん、釣り、探索、冒険、ハンティングまで楽しめます。サバイバル系オープンワールドゲームが好きな人はおすすめです!

【PS4】ジャストコーズ3ゴールドエディション

ジャストコーズ3ゴールドエディション [amazon]

な、なんと東京との約半分に相当する1000k㎡の面積を持つ、超広大な島を舞台に繰り広げられるオープンワールドゲーム。

しかも、上空から海底まで空間は広がっており、今作から登場した「ウィングスーツ」を使って空中を高速滑空したりする事ができます。

これが、いままでにない爽快感で何度も飛びたくなってしまうほど。

ジャストコーズの魅力でもある、さまざまな武器も使えます。とくにC4爆弾が無限につかえるようになっているので、オープンワールドの世界で、ド派手な破壊アクションが楽しめます。

もともと通常盤が発売されていましたが、今回紹介しているのはゴールドエディションという全11種類の追加DLCを同梱した完全版。全部最初から入っているのでかなりお得です。

【PS4】マフィア III

マフィア III [amazon]

1968年のアメリカ、ニューオリンズをモデルとした古きアメリカが楽しめるオープンワールドゲーム。クラシックカーでドライブしながら、街並みを眺めるだけでも楽しめます。

マフィア3は特に夜の街並みがかなり雰囲気出ていていい感じ。

この世界を自由に散策しミッションをこなしていくわけですが、バトルはド派手に正面突破するのも良いですが、敵の目から逃れてステルスで倒すという楽しみ方もできます。まさしくプレイする人次第というわけです。

【PS4】マッドマックス 

WARNER THE BEST マッドマックス  [amazon]

Fallout 4をクリアした人に遊んで欲しいのが、まさしくfallout4の世界観のベース担っていると思われる映画マッドマックスをゲーム化したタイトル。

マッドマックスといえば、2015年に新作「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」が公開されアカデミー賞6冠を獲得したのは記憶に新しいところ。

その世界感をそのまま、主人公マックスの活躍を描いたストーリーとなっています。ちなみに映画とは別のパラレルストーリーとなっているので、映画鑑賞済みの人でもネタバレなく楽しめます。

愛車をカスタマイズして、オープンワールドゲームの世界をサバイバルする楽しさが味わえる一本です。

【PS4】討鬼伝2

討鬼伝2 [amazon]

数少ない国産のオープンワールドゲームがPSVITAで人気となったハンティングアクション「討鬼伝2」です。

ハンティングアクション X オープンワールドゲームの組み合わせで、ひとつなぎの世界で好きなだけアクションゲームが楽しめます。

【PS4】スティープ(スノーボード・スキーゲーム)

スティープ [amazon]

超珍しいスノーボード、スキーが楽しめる広大な雪山を再現したウィンタースポーツのオープンワールドゲームです。

オンラインを通じて仲間といっしょに雪山を滑降できるので、最近忙しくてスノボ行けていない・・という社会人の方に是非プレイしてストレス発散して欲しいゲームです。

広大な雪山の移動もヘリコプターで瞬時に移動できるので、好きな場所から、好きなだけ、自分のペースで滑りまくることができます。

スティープ ゴールドエディション [amazon]

スティープに追加DLCを同梱して、オリンピック競技も遊べるようにしたゴールドエディションも発売されています。

【PS4】GRAVITY DAZE 2 (グラビティデイズ2)

GRAVITY DAZE 2  [amazon]

重力アクションが楽しめる「グラビティデイズ2」

オープンワールドゲームの世界で重力をコントロールした新たなアクションゲームが楽しめます。これまで紹介したRPG系のオープンワールドゲームとは、また違った楽しみ方ができます。

【PS4】Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロダウン)

Horizon Zero Dawn コンプリートエディション [amazon]

これぞ真のモンハン?という声も聞こえてくるPS4で登場する完全オリジナルの最新オープンワールドアクションRPG です。

通常盤と違いコンプリートエディションは大型追加ダウンロードコンテンツ「凍てついた大地」が収録されています。

地球文明に何が起きたのか?謎の機械に支配された地球を舞台にハンター「アーロイ」による冒険がはじまります。

ジャンルはハンティングアクション系オープンワールドということもあり、ゲーム画面はモンスターが機械になった「超ハイスペックでリアルなモンハン」という印象です。

機械を相手に、アーロンは弓矢、槍といった武器で戦いを挑むのですが、非力ゆえに勝利するためには、敵の特徴や倒し方を戦略的に考えながらプレイする必要が出てくるというわけで、アクションゲームファンとしても見逃せないタイトルですね。

 【PS4】ARK: Survival Evolved(アークサバイバル)


ARK: Survival Evolved [amazon]

恐竜と戦ったり、手なづけて乗りこなしたり、恐竜といっしょに暮らす楽しさが魅力な、ちょっとかわったサバイバル系オープンワールドゲームがARK: Survival Evolvedです。

マインクラフトのように、武器、防具、拠点となる場所を作成しながらオープンワールドの世界を冒険するという

まさに「限界サバイバル体験」が楽しめる作品です。

【PS4】ゴーストリコン ワイルドランズ


ゴーストリコン ワイルドランズ  [amazon]

ミリタリーシューティングゲームの代表作「ゴーストリコン」シリーズ最新作もついに広大なオープンワールドゲームになって2017年登場します。

舞台はジャングル、雪山など様々な地形が用意されているので、地形に隠れながら最大4人の仲間と、もしくはAIを率いたシューティングが楽しめます。

オープンワールド系レースゲームまとめ

ザ クルー アルティメットエディション [amazon]

レースゲームのオープンワールドゲームってあまりないのですが、それでも、いまプレイしても楽しいおすすめの名作タイトルがあります。

テストドライブ アンリミテッド Xbox 360 プラチナコレクション [amazon]

テストドライブはハワイを舞台にしたオープンワールドゲーム。ハワイを優雅にドライブするもよし、レースで稼いだお金で住宅や車を購入したり、リゾート気分が味わえるゲームとしておすすめです。

バーンアウト パラダイス THE ULTIMATE BOX [amazon]

バーンアウトは爽快なクラッシュシーンとスピード感あふれるレースが楽しいゲーム。オープンワールドの街中を自由に走り回ることができます。

そんな感じで過去にもおすすめのオープンワールドのレースゲームがありましたがPS4でいまプレイできる最新のレースゲームが、ザ クルー アルティメットエディションです。

PS4でレースゲームといえば、GTA5でも車に乗る事はできますが、すべて架空の車であるに対して、レースゲームである「ザ・クルー」に登場する車はもちろん実在する有名な車種ばかり。

レースゲームですから、ドライブフィーリングもリアルで、細かいカスタマイズも可能。オンラインでプレイするも良し、オープンワールドゆえに膨大なフィールドをきままにドライブするもよし。

車ゲーム好きは要チェックのタイトルです。

その他PS4で発売中のオープンワールドレースゲームについては、こちらで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

ぜひ、PlayStation4本体を購入したら、PS4を購入したことを実感できるリアルなグラフィックと、没入感あふれるオープンワールドゲームがおすすめ。

かなりタイトル数も多くなっているので、迷ってしまうかもしれませんが、ぜひ今回の記事がゲーム選びのお役に立てると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする