【PS4】映画より面白い!?おすすめアクションアドベンチャーゲーム

スポンサーリンク

【PS4】映画より面白い!?おすすめアクションアドベンチャーゲーム

圧倒的なグラフィック演出で、映画よりもドラマチックで、面白いアクションアドベンチャーゲームが続々と登場しているPS4。

そこで、数多くのアクションゲームの中でも、ハリウッド映画にも勝るとも劣らない迫力あるアクションアドベンチャーを集めてみました。いずれも開発費や制作期間も相当かかっていると思われる超大作ばかり。

PS4pro、PSVR対応ソフトも増えてきているので、PS4本体ユーザーは是非、遊んでみてはいかがでしょうか。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝


アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(通常版)  [amazon]

PS4本体を手に入れたら、まず絶対にプレイして欲しいアクションアドベンチャーゲームがこちらアンチャーデッドシリーズ最新作。

PS3の時代からアクションゲームとしての完成度が高く、まさしく自分で操作して体験できる映画そのもの。シリーズ総出荷数は2,000万本以上という数字にも裏付けされた面白さは、数あるアクションアドベンチャーゲームの中でも突出した存在。

映画インディージョーンズやハムナプトラシリーズが好きな人ならハマること間違いなし。どのシーンを切り取っても映画のワンシーンに匹敵するグラフィックと、演出が楽しめます。

今作を持って歴代シリーズの主人公ネイトの最後の冒険というアナウンスだったので続編が作られるのか現時点では不明なのが残念ですが、現時点でPS4を代表するアクションゲームであることは間違いないので、まだ体験していない方は是非一度プレイしてみては。

The Last of Us Remastered (ラストオブアス)

The Last of Us Remastered  [amazon]

アンチャーデットシリーズを作ったゲーム会社による、これまた数々の賞を受賞したサバイバルアクションゲーム。PS3で発売されていた同作をPS4向けにリマスターしたのが本作になります。

派手なアクションでぐいぐい押しのアクションを繰り広げる「アンチャーデッド」に対して、こちら「ラストオブアス」はアクションゲームであることには変わらないものの、限られたアイテムをうまく使ってサバイバルを楽しむ、より現実的、リアルなサバイバルアクションゲームになっています。

ジェットコースター的にどんどん展開するアンチャーデッドに比べ、自分を犠牲にしても誰かを守りたい心に訴えかけるストーリー展開も「ラストオブアス」の魅力。映画を超えたゲームといっても過言ではないゲーム史に残る傑作ですね。

METAL GEAR SOLID V (メタルギアソリッド5)

METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN  [amazon]

オープンワールドの採用により、自由度が格段にアップし、さらにリアルな潜入が楽しめるようになった本作。

オープンワールドならではの、時間の概念や、天気の変化に加え、ミッションをクリアするルートもプレイヤーの判断次第。

今作は発売中の同盟タイトルに、これまで配信された武器やアイテムを収録し、さあにオンライン対戦が楽しめる「メタルギアオンライン」を収録した完全版となっており、これからメタルギアソリッド5をプレイする人には、かなりお得パッケージだと思います。

グランド・セフト・オートV

グランド・セフト・オートV [amazon]

オープンワールドゲームの代名詞でもあるGTAこと「グランド・セフト・オートV」

どうしてもオープンワールドの方に目が行きがちですが、アクションアドベンチャーゲームとしても、かなり楽しめます。

PS3での発売以来、全世界で累計5,400万本以上を販売し、リマスター化された本作PS4版もいまだに売れ続けています。

PS3からPS4へのリマスター化にあたりFPS的なプレイが楽しめる1人称視点モードの一層や、オンラインで友達とミッションを楽しめる「GTAオンライン」も収録。

さらに、PS4化にあたってもはや別物と言っていいほどにグラフィックが強化され、新しいBGMも100曲以上追加されており、PS3版からの買い替えユーザーも多いようです。

ウォッチドッグス2 

ウォッチドッグス2  [amazon]

勢いで乗り切る派手なアクションアドベンチャーが多い中で、敵に見つからないように倒していくスニーキングアクションの新しい形を、ネットワークのハッキングというコンセプトで提案してくれたのが「ウォッチドッグス」

普通に戦っても非力で勝てないけど、様々な仕掛けや頭脳を使って敵を倒していく様子は、グランドセプトオートやアンチャーデッドの真逆にある新しいアクションゲームの形だと思います。

こちらも、オープンワールド形式を採用し、サンフランシスコのベイエリアをゲームの中に再現。シリコンバレーなど6つのエリア、46の地区が登場します。

最先端のオープンワールド&アクションアドベンチャーを体験したいならイチオシの作品です。

ライズ オブ ザ トゥームレイダー


ライズ オブ ザ トゥームレイダー [amazon]

アンジェリーナジョリーで映画化もされた、トゥームレイダーシリーズ最新作「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」に、これまで配信されたダウンロードコンテンツに加え、PSVR対応コンテンツも新たに収録された、シリーズ20周年記念パッケージです。

仲間と協力しながら生き抜く「エンジュランスモード」や、今回追加された新規エピソード「一族の系譜」は従来の3人称視点でのプレイに加えPSVRの対応によりVRモードでのプレイも楽しめます。

バイオハザード7 レジデント イービル

バイオハザード7 レジデント イービル [amazon]

サバイバルホラーアクションゲームの頂点に立つゲームといえば、映画化もされたバイハザードシリーズ。そんなバイオハザードの最新作がPS4で発売されています。

ゲーム機が高性能になるほど、恐怖感がアップしてきたサバイバルホラーゲーム。最新作もとことん「恐怖」にこだわった内容に仕上がっています。

特に今作ではゲーム全編を通してPSVRに対応。PSVRがなくても普通にプレイする事もできますが、PSVRがあれば、まるでアミューズメント施設のアトラクションを遊んでいるかのような体験が自宅で楽しめるようになりました。

龍が如く6 命の詩。

龍が如く6 命の詩。 [amazon]

海外ゲーム会社によるアクションアドベンチャーが市場を席巻する中で、健闘している国産アクションゲームといえば「龍が如く」シリーズ

長年、主人公を務めた桐生一馬の最終章として発売された本作では、PS4専用に開発された新ゲームエンジンによって、シリーズ最高のアクションバトルが楽しめます。

おなじみの東京神室町に加えて、今回は広島尾道が新たな舞台として登場。

PS4で進化した街並みを散策する楽しさは今作も健在です。

マッドマックス 

WARNER THE BEST マッドマックス  [amazon]

映画「マッドマックス 怒りのデスロード」の世界感再現!主人公マックスによるアナザーストーリーが楽しめるオープンワールドアドベンチャーゲームです。

愛車をカスタマイズして、荒廃した核戦争後の世界を生き残るサバイバルアクションとなっています。

車をカスタマイズする楽しさはオープンワールドゲームにしては今までになかった新らしい要素。エンジン、タイヤ、武器などをアップグレードして、過酷なマッドマックスの世界を生き残れるかはアナタ次第。

Fallout 4 (フォールアウト4)

Fallout 4  [amazon]

北斗の拳と、マッドマックスの世界観が好きならおすすめ。

核戦争後の世界を描いた大作オープンワールドゲーム。素手で戦うもよし、武器で戦うもよし、低いレベルでも、テクニックでカバー可能なアクションゲームに仕上がっています。

メインストーリーを楽しむもよし、全く無視して、ひたすらクエストを受けて自由自適な生活を送るもよし。ゲーム史上例を見ないほどに自由度の高い内容になっています。

PS4Proへの対応や、様々な機能拡張ができるMODの対応、追加ダウンロードコンテンツも豊富なので、メインストーリーをクリアしてもかなり遊べると思います。

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION  [amazon]

フォールアウト4と同じゲーム会社による、こちらもファンタジー系オープンワールドゲームの名作。

PS3で発売された同名タイトルの追加ダウンロードコンテンツ全部入りのリマスター完全版となります。もちろんアクションゲームとしてのクオリティも高いので、剣術、魔法アクションゲームをプレイしたい人にはおすすめです。

ライフ イズ ストレンジ 

ライフ イズ ストレンジ  [amazon]

アクションゲームではないけれど、映画を超えた楽しさが体験できるアドベンチャーゲームとしておすすめなのが「ライフイズストレンジ」

ストーリー展開は基本的に1本道ですが、主人公は時間を巻き戻す能力を持っているため映画の世界に関与するような楽しさがあります。

映画でできないエンタメを、映画以上の演出と楽しみ方で表現したタイトルとして、今回のテーマである「映画より面白いアドベンチャーゲーム」にピッタリなゲームだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする