タイバンコク旅行に行ってわかった!クレジットカードはAMEX、ダイナース、マスター、VISAのどれがおすすめ?

スポンサーリンク

タイバンコク旅行ではマスターカードかVISA、あとはダイナースカードがあると尚良し!

日本人の海外旅行でいまや人気1位の国になったというニュースも出ていたタイ・バンコク

海外旅行にはクレジットカードが必要ということで携帯する人も多いと思いますが、実際にタイバンコク旅行に行った筆者が旅行を通して体験したクレジットカードあるあると、おすすめのクレジットカードブランドについて今回記事を書いてみました。

タイ旅行初心者にありがちなミスを起こさないように、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

タイはまだまだ現金重視!クレジットカードはあまり使えない?

何回もタイバンコク旅行に行ってわかったこと

まだ、この国は現金が強いということ

セントラルワールド、伊勢丹など、タイバンコクを代表する大型百貨店、ショッピングモールならクレジットカードは使えますし

ホテルやマクドナルド、ケンタッキーのようなファストフード、スターバックスのようなカフェでも使えますが

タイ旅行の魅力であるタクシー、トゥクトゥク(三輪タクシー)、鉄道、街中の屋台やバーなどは現金しか使えないところが多数です。

むしろ鉄道はお札より、細かい通貨コインの方が使い勝手よく、並ばずに切符を購入しやすかったりします。

また、クレジットカードが使えるお店でも、

クレジットカードを使っている人はほぼ見かけません。

そもそも、クレジットカードを持ち歩くのも不安なので、

ポケットの中に現金をそのまま突っ込んで歩いている人多いです。

(現地人だけでなく旅行者も財布を持ち歩いているかも疑問)

またチップの文化もあるので

少額のお札は常に持っておく必要があります。

とはいえ、レストランでクレジットカードを使ってみたりもしましたが

店員さんが慣れていないのか、もたつくシーンもあり

ちょっと心配になってしまいました。

よって、まとめるとクレジットカードに対して過度に依存できない国であるという印象になります。

アメックス、ダイナースが使えなくてもマスターカード、VISAカードなら使える店多し

とはいえ、そんなタイバンコク旅行の中でも

クレジットカードが使えるお店なら、間違いなくマスターカード、VISAカードは使える状態だったのが印象的でした。むしろクレジットカードが使えるお店なのにマスターカードやVISAカードが使えないお店は皆無と言ってよいでしょう。

実は個人的にマスターカード、VISAカード共にを持っていなかったので(厳密には自宅に置いてきた)

旅行中はちょっとばかり不便な想いをしたというのが本音です。

アメックスと言っても通じない!?タイでは○○○と発音する

高級レストランなら、アメックスも、ダイナースも、マスターカード、VISAカードも

なんでも使えるのですが

念のため拙い英語で

Can I use AMEX(キャンナイユースアメックス?)

「アメックス使えますか?」

と聞いても全然通じず。

「アメックス」

ではなく、

ちょっとなまった感じで

「エ〜イメックス」

と発音しないとダメでした

アメックスでなんとなく通じる気がしたんですけど、あまりにも通じなさすぎで発音って大切なんだなぁ、と改めて認識させられました。

アメックスお断りの映画館がある!?

タイバンコクを代表するショッピングモール、セントラルワールドにある映画館「SF Wordld CINEMA」では、明確に

「アメックスは使えない」

と記載がされています。

マスタカードが冠になっている映画館なので、

使えないのは仕方ないのですが

マスターカードがないと現金で支払いをしなければならなくなりますので

映画を観ようと思って映画館のチケット売り場に行ったら現金が足りず

カードも使えず

という無駄な時間を費やしてしまうリスクがあります。

事前にわかっている状態でセントラルワールドにある映画館「SF Wordld CINEMA」に行けばまったく問題ないのですが

初めてのタイ旅行だと、このようなトラップにはまって時間を無駄にしてしまうことになるので注意が必要でうs。

ダイナースカードがタイのスワンナプーム空港ラウンジで大活躍

ところでダイナースカードも、

アメックスのゴールド以上も

プライオリティパスという空港ラウンジが使えるPASSが特典として付属しますが、有効期限が1年間であり、毎年更新手続きが必要です。

マメに更新手続きをしていれば良いのですが、更新を忘れてしまうと

プライオリティパス特典付きのクレジットカードは持っているのに

有効なプライオリティパスを持っていないゆえに空港ラウンジが使えないという悲しい場面に遭遇します。

しかしタイバンコクのスワンナプーム空港にある「miracle lounge(ミラクルラウンジ)」は、ダイナースカードを提示するだけで使用できます

とはいえ、「miracle lounge(ミラクルラウンジ)」の案内看板に

「ダイナースカードがあれば入店できるよ」

とわかりやすく記載されているわけではなく

事前に知らないと、わかりにくい状態だと感じました。

受付のスタッフに、ダイナースカードを提示するだけでラウンジが利用可能です。

ちなみにアメックスはもちろんVISAカード提示でも入れません。

ダイナースカードを持っていますが、ほぼスワンナプーム空港ラウンジ用として活躍してくれています。

おすすめマスターカード

というわけで、タイ旅行に行くなら、

まず、何はともあれマスターカードに入っておくべき!というのが

タイ旅行を何回か行った上での学びでした。

とはいえ、マスターカードもいろいろあるので、

どれを選んでおけば良いかわからない!という方は

とりあえずAmazonのマスターカードを選んでおくのが良いと思います。

Amazon Mastercardクラシック

Amazonマスターカードクラシック[amazon]

クラシックカードは初年度年会費無料、年1回でもカードを利用すれば翌年も年会費無料なので、実質無料で持つことができます。

Amazonのショッピングでポイントも1.5%還元なので、Amazonでお買い物する人なら海外旅行以外でも活躍してくれます。
Amazon Mastercardゴールド

Amazonマスターカードゴールド[amazon]

Amazonマスターカードにはゴールドもありますが、こちらは年会費10,800円(税込)がかかります。

プライオリティパスはつきませんが、羽田成田を含む国内の主要空港ラウンジは使えますし、旅行保険もそこそこついてきます。

そして何よりもAmazonプライム会員特典が年会費に含まれているので2019年5月17日よりプライム会員年会費が4,900円になることで、ゴールド会員のお徳感はさらにアップしそうです。

Amazonのショッピングでポイントも2.5%還元なので、普段からAmazonでお買い物をしている人には賢い選択といえるでしょう

三井住友トラストVISAカード

VISAカードという選択肢なら、初年度年会費無料でありながら、最大2,000万円までの海外旅行保険がついてくる、三井住友トラストカードがおすすめ。

あんしんのブランドですし、どこで使っても違和感がない落ち着いたシルバーのカードデザインは高級感もあって個人的にも好きです。

NEOMONEY

その他、そもそも海外にクレジットカードを持ち歩くのは盗難などがあった場合に心配・・・という方なら

VISA加盟店で使えるプリペイドキャッシュカードという選択肢もありです。プリペイドキャッシュカードなら事前に口座にお金を振り込んでおいて、その金額の範囲で海外のATMから現地通過を引き出すこともできるので、現金主義の人でもお役に立てると思います。

というわけで、タイバンコク旅行を検討している人はぜひ参考にして観ていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする