★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【当サイト人気PCゲームカテゴリー】

オープンワールドRPG放置ゲームブラウザゲーム女性向け恋愛ゲーム  

ドラクエ風一人で遊ぶアプリおすすめ12選【ソロで遊べるスマホゲーム】

Contents

スポンサーリンク

ドラクエ風一人で遊ぶアプリおすすめ12選【ソロで遊べるスマホゲーム】

ドラクエみたいにコツコツと一人で遊べる

完全ソロでも楽しめるスマホゲームをご紹介します。

・昔のファミコン時代のドラクエみたいなドットグラフィック、コマンドRPG

・オンラインだけどオフライン感覚で一人で遊べる

・他のプレイヤーと競争する必要なくマイペースで遊べる

そんなスマホゲームをご紹介します。

ウォッチャーオブレルム|ダークファンタジータクティクスRPG【PR】

ウォッチャー・オブ・レルム

ウォッチャー・オブ・レルム
開発元:Moonton
無料
posted withアプリーチ

ウォッチャー・オブ・レルムは謎に満ちたティア大陸を冒険して

100人以上の個性豊かな仲間を集め育成して戦うタクティクスバトルRPGです。

ユニットを動かして、ユニットの特性に合わせて戦う、非常に戦略性の高いタワーディフェンスゲームなので、スマホで本格的なゲームを探している人、家庭用ゲーム、PCゲームが好きな人なら楽しめる内容になっています。

美しいグラフィック

細部までリアルに再現された3Dキャラクター。スマホゲームではトップレベルのクオリティです。

総勢100人以上のキャラクター

30以上の種族、8つの勢力から、100人以上のキャラを集めて育成できます。同じ勢力のキャラを集めるとバトルにプラス

リアルタイムタクティカルRPG

キャラを配置して、動かして、スキルを発動する・・・

プレイヤーの腕が問われる本格的なタクティクス系RPG。スキル、範囲攻撃、魔法ダメージ、回復呪文を発動し、陣地を守っていきます

タクティクスRPGとされていますが、実際のところはタワーディフェンスゲームだと思います。

ウォッチャー・オブ・レルム

ウォッチャー・オブ・レルム
開発元:Moonton
無料
posted withアプリーチ

王国のドラゴン|ドラゴン育成×開拓SLG【PR】

王国のドラゴン

王国のドラゴン
開発元:Ndream Corporation
無料
posted withアプリーチ

エバーテイル|モンスター育成RPG 【PR】

ドット勇者|大人気キャラ育成×放置RPG【PR】

ドット勇者 三時のおやつと昼寝付きの冒険

ドット勇者 三時のおやつと昼寝付きの冒険
開発元:EFUN COMPANY LIMITED
無料
posted withアプリーチ

「ドット勇者」は

世界で800万ダウンロードを突破しただけでなく、配信から1ヶ月以上、セールスランキング20位圏内を維持している、今、大人気のRPGです。

ファミコン、スーパーファミコン世代のRPGのようにドットで描かれて動く

懐かしく、そして新しく、丁寧に作られたRPGです。

バトルは「ターン制オートバトル」

基本的にはオートで戦ってくれるので何もすることはないのですが

敵に攻撃を与えたり、攻撃を受けることでゲージが溜まり、必殺技を繰り出すことができます。

選択、タップも不要、最大3倍速で進められるので

周回プレイ、キャラ育成、パーティー編成にとことん時間をかけられます。

プレイヤーはストーリーを進めながら「ドット勇者」の世界を冒険していきます。

いわゆる放置ゲームなのですが、ドットで描かれたキャラクターの表情が豊かで、ついついプレイしてしまう不思議な魅力があるアプリです。

「ドット勇者」は基本的にオートプレイのみ

必殺技を発動する時だけタップで操作します。

丁寧に描かれており、ドットキャラが画面狭しと生き生きと動き回ります。

ドット勇者には50体以上の仲間が用意されており、それぞれの仲間ごとにストーリーを楽しむことができます。

また、放置することで、キャラクターは常に敵を倒して報酬がもらえるのでキャラクター育成が捗ります。

ドット勇者 三時のおやつと昼寝付きの冒険

ドット勇者 三時のおやつと昼寝付きの冒険
開発元:EFUN COMPANY LIMITED
無料
posted withアプリーチ
▼こちらでもっと詳しく解説しています▼

【評価レビュー】ドット勇者はどんなゲーム?面白い?つまらない?無課金で遊べる?

RAID: Shadow Legends|ターン制MMORPG【PR】

RAID: Shadow Legends

RAID: Shadow Legends
開発元:Plarium Global Ltd
無料
posted withアプリーチ

数百に及ぶ英雄キャラクターを仲間にして戦うファンタジーRPG

ソーサラー、スキンウォーカー、アンデッド、ナイト、エルフなど、獲得したキャラクターをを育成して、他になパーティーを作りだしていくターン制RPGです。

ターン制バトルはマニュアルでもフルオートでもプレイ可能です。

12のローケーションとフルボイスで語られる壮大なストーリーは必見!PvEでプレイできるのでソロプレイでも楽しめます。

育成したキャラクターを持ち寄って戦うPVPアリーナなど、やり込み要素も充実しています。

RAID: Shadow Legends

RAID: Shadow Legends
開発元:Plarium Global Ltd
無料
posted withアプリーチ

千年戦争アイギスA|本格シミュレーションRPG【PR】

ガーディアンテイルズ|謎解き×アクションが楽しいドットRPG【PR】

ガーディアンテイルズ

ガーディアンテイルズ
開発元:Kong Studios, Inc.
無料
posted withアプリーチ
「ガーディアンテイルズ」はドット絵のキャラクターが動きまくるアクションRPGです。キャラクターは2Dドット絵ですが背景はドット絵と3Dのグラフィックを使い分けており、様々な演出が楽しめます。
どんなゲームなのか?簡単に言ってしまうと
「2D時代のアクション版ゼルダの伝説」
スマホ画面上の十字キーを操作しながら「攻撃」「ダッシュ」ボタンを押すことで敵を倒していくアクションRPGです。
ちなみにバトルの時に「ダッシュ」ボタンを押すと「回避」になります。
 

ドット絵(=ピクセルアート)で描かれたガーディアンテイルズの世界で、個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる大冒険を楽しめます。
ドット絵キャラの表情や、剣、弓などの武器を使ったド派手なハイクオリティの戦闘はアクションはスマホゲームでは珍しいレベルです。
懐かしくも新しいドット絵のロールプレイングゲームをぜひ体験してください。

ガーディアンテイルズ

ガーディアンテイルズ
開発元:Kong Studios, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ドラゴンエア:サイレントゴッズ|オープンワールドRPG【PR】

ドラゴンエア:サイレントゴッズ

ドラゴンエア:サイレントゴッズ
開発元:Nuverse Games
無料
posted withアプリーチ

Dragonheir: Silent Gods(ドラゴンエア:サイレントゴッズ)はオープンワールドRPG

どこまでも広がる広大なフィールドを自由に冒険できます。

他のユーザーと協力しながら「残虐な三つ頭のドラゴン」を倒すというメインストーリーはあるものの、それに縛られず、自由に寄り道ができるようになっています。

冒険を左右するのが「運命のダイス」という存在

「運命のダイス」の結果はプレイヤーのステータスに基づいて、戦闘、窃盗、交渉、飲みくらべなど、冒険中の様々な場面で重要な役割を果たします。

自由度の高いオープンワールド

Dragonheir: Silent Gods(ドラゴンエア:サイレントゴッズ)には様々なコンテンツが用意されています。

例えば、宝探しをしたり、謎を解いたり、料理大会に参加したり

メインストーリーをクリアするだけでなく、プレイヤーの数だけ、自分だけの物語を自由に作り上げることができます。

ドラゴンエア:サイレントゴッズ

ドラゴンエア:サイレントゴッズ
開発元:Nuverse Games
無料
posted withアプリーチ

ターン制タクティカルバトル

Dragonheir: Silent Gods(ドラゴンエア:サイレントゴッズ)のバトルは

安定のターン制バトルを採用しています。攻撃したり、攻撃を受けることでゲージが溜まって必殺技を発動できるようになります。

この必殺技の発動が従来のゲームとは異なっており、効果を与える範囲を自由に選択できるのです。これによって様々な技の特徴を把握しながら敵に効果的なダメージを与えていく戦略性が生まれました。

200名以上のキャラクター育成

Dragonheir: Silent Gods(ドラゴンエア:サイレントゴッズ)には、能力や属性が異なる200名を超えるキャラクターを仲間にできます。

各キャラの特徴を考えてバトルのパーティを編成したり、キャラクター育成できます。

ドラゴンエア:サイレントゴッズ

ドラゴンエア:サイレントゴッズ
開発元:Nuverse Games
無料
posted withアプリーチ

まとめ

★気になるゲームは見つかりましたか?★

もし見つからなかったらこちらの記事もおすすめです

神ゲー降臨スマホゲームおすすめ無料ランキング50|初心者おすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする