【徹底分析】アップルウオッチよりも格安スマートウォッチがおすすめの理由(Apple watchいらない?)

スポンサーリンク

やりたいことは全て格安スマートウォッチできるという事実

Apple watchならいろんな事が出来る
いや、出来るんだ
という思いでApple watch3を購入して実際に1年

毎日欠かさず身に付けているものの
実際にApple watch3で使っている機能は
運動量を計測する「アクティビティ機能」くらい

厳密には「アクティビティ機能」の結果を毎日の生活や健康に活かせているわけではなく、ただ、日々記録されていくデータを眺めているだけ。

・iPhone無しで電話したり、メールしたり
・脈を測ったり、地図機能を使ったり

Apple watch3から実装されたセルラー機能を使えば
いろいろできそうですが、使いこなせていないというよりも
使わなければならない理由が見当たらないというのが正直なところでした。

なぜなら、いろいろできるけれど、ないと困るわけではないし、
その多くがiPhoneでもできてしまいます。

それでも、apple watchなら手元で
・メールやLINE受信が確認できる
・電話には出ないけど着信が確認できる
・カロリー消費や万歩計としての機能がある

などメリットをあげる人もいますが
これって、3,000円〜4,000円くらいで購入できる格安スマートウォッチでもできることだったりします。

そう考えると5万円もするApple watchは必要はないような・・気はしてきます。

そんなことはない、凄く活用している!
と言う人もいるかもしれませんが、いまいちど冷静になって考えてみましょう。
本当にApple watchは必要でしたか?
格安スマートウォッチで十分ではなかったですか?

もちろん、Apple watchを身に付けている事でステータス感じる人もいると思いますし、私もそのひとりでした。

でも、1年使ってみて、いろんなことに気づいてしまったことや
Apple watch4も発売され話題になっているので

今回、「アップルウォッチ不要論」について書いてみたいと思います。

iPhoneの使用用途を洗い出してみよう

そもそも、なぜApple watch3や、最新のApple watch4を購入しようと思ったのでしょうか?

それって、多くの目的は「iPhoneを常に持ち続けている生活から解放されること」ではないでしょうか?

となると、

そもそもiPhoneって何に使っているの?
その役割をApple watchに置き換えるだけの価値はあるの?

という疑問がふつふつと沸いてきます。
そこで、まずはiPhoneの使用用途を整理してみましょう

・電話
・メール
・SNS(LINE、Twitterなど)
・カメラ
・ネットブラウジング
・音楽
・アプリ使用(ゲーム/天気、地図、ショッピング)

多くの人はこちらの使用用途でほとんどカバーできるのではないでしょうか

これをApple watchで置き換えてみると

・電話→できる
・メール→簡単な文字入力はできる
・SNS(LINE、Twitterなど)→簡単な文字入力はできる
・カメラ→できない
・ネットブラウジング→できない
・音楽→できる
・アプリ使用(ゲーム/天気、地図、ショッピング)
   →できることもあるが、iPhoneの置き換えとしては不充分

実はiPhoneの置き換えデバイスとして、
Apple watchを購入しても、それほど置き換えられず、結局のところiPhoneに依存する生活はあまり変わらないんです。

Apple watchでできること

ならば、iPhoneにはできなくて、Apple watchだからできることがあるのではないか?

ということで、

・Apple watchだからこそできること
・iPhoneでもできなくないけど、Apple watchだから使いやすく便利なこと

をまとめてみました

iPhoneの通知を受信できる(メール、LINEなど)
iPhoneで再生する音楽のリモコンになる
Apple Payでクレジットカードがなくても決済できる
運動の計測ができる(ランニング、自転車など)
消費エネルギーや立っている時間を計測しiPhoneのヘルスケアアプリで管理できる
iPhoneのカメラのリモコンになる
MACのロックを自動で解除できる

Apple watchがないとできないことだけピックアップしてみましたが、いかがでしょうか?

あると便利だけど、でもそれって本当に必要?5万円もするApple watchを買ってまでやるだけの価値あるの?という疑問はちょっと残りますね・・・

ここに少しでも価値を感じられるならApple watchは買いです!

Apple Watchを1年使ってみてわかったこと

ところで実際に1年間使ってみて、個人的にはいろいろな事がわかってきました。

結論としては、

「格安スマートウォッチで十分だった」
「むしろ、格安スマートウォッチの方がよかった」

とApple watchを購入したことを後悔しているのですが
5万円もかけて買ってしまった手前、使わなくなるのは勿体ないと
諦めきれない自分がいました。

そこで、同じような後悔しないように
実際に使ってみないとわからなかった事実を紹介していきましょう

本気で運動をする人にはおすすめできない

ランニングしたり、普段の生活の中で動いたり、
運動をしながら音楽を聞いたりするのにはApple watchはかなり使えます。
アクティビティを計測して達成感とモチベーションをあげてくれますし
退屈なランニングも、音楽があれば楽しくなります。

でも、ウェイトトレーニングなど本格的にトレーニングをするような人にはApple Watchは正直おすすめできません。

なぜかというと

・ウェイトトレーニングの時には結構邪魔になる
・動きが少ない筋トレ系はアクティビティ測定がされにくい
・本気トレーニングをやると、とても音楽を聴いてるような状態ではない

Apple watchは人の動きからアクティビティを計測しているので
揺れが弱いけど強い負荷がかかるウェイトトレーニングは、ヘトヘトになってもアクティビティ内で測定しにくいようです。

なので、ジムのトレーニングエリアを見渡しても、Apple watchはほとんど見かけません。

どうしても音楽を聞きたいときは、
iPhoneを使うか、離れたところにiPhoneを置いてワイヤレスイヤホンで聴いている人が多いです。

なぜなら、本格的なトレーニングをする人は、トレーニングが目的なので、トレーニングの邪魔になる要素は排除したいという考えが働くためです。

おしゃれ好きな人にはむしろ邪魔な存在

Apple Watch バンド [amazon]

ところでApple watchってオシャレだと思いますか?

最新機種であるApple watch4でもバンドを取り替えたり
フェイスカバーを付けてみたり、自分好みにカスタマイズできますが、

私はApple watchって、どうやってもオシャレなファッションアイテムにはなれないと思います。

実際にファッションにもこだわりを持っている方なのですが

腕時計ってファッションコーディネートをする上で、重要なワンポイントアイテムなのです。

Apple watchを購入することで常にアクティビティを計測するためにApple watchをつけていなければなりません。それって

ファッションに合わせて腕時計を選ぶ楽しさを諦めなければならないというわけです。

Apple watchもバンドを替えたりすることで、多少なりとも個性は出せますが、一般的な腕時計を替えることで生まれるような強くて個性的な目を引くインパクトは出せません。

つまりApple watchを買うという事は、
腕時計を変える楽しさを捨てるという事を
この1年間しみじみと感じさせられました。

腕時計を何本も持っている人は
その腕時計を使う機会を失うことになります。

もちろん右手にapple watch、左手に腕時計
というように2本使いする勇気あるなら問題にはなりませんが。

Apple watch買ったぜ!という自己満足は1週間で消える

新しいガジェットに触れたい

特に男性はガジェット好きが多く
Apple watchのような近未来的デバイスに心惹かれると思います。

Nintendo Switch 本体 [amazon]

ニンテンドースイッチを持っていないときは欲しくてたまらない

実際に購入するとワクワクした状態で仕事や勉強なんて手がつかない状態

でも1週間くらい経つと、そのワクワク感って収まってしまう

ニンテンドースイッチに限らず、誰しもそんな経験をした事があるかもしれません。
Apple watchも同じで、買うまでが一番楽しくて、買ってから1週間もすれは、そんなワクワク感は落ちついてきます。

つまり慣れてしまうわけです。

オメガやロレックスのような高級腕時計ではないのでステータス感か無いのはもちろん、最近はApple watchもかなり浸透してきましたので、かつて初代Apple watch発売直後の「スゲー!Apple watch買ったんだ!」的な特別感は薄れました。

よって所有することの満足度は、以前に比べるとかなり下がった印象です。

Appe watchでやりたかったことは格安スマートウォッチ でできる

そもそもapple watchでやりたかったこと
それはapple watchなら手元で

・メールやLINE受信が確認できる
・電話には出ないけど着信が確認できる
・カロリー消費や万歩計としての機能がある

みたいな事をあげる人が多いのですが、実はこの程度の内容であれば
3,000円〜4,000円くらいで買える最近の低価格スマートウォッチは全部できてしまいます。

さらに、3,000円〜4,000円のスマートウォッチといえども「安かろう悪かろう」
という事もなく、作りもしっかりしています。

さらに、スマートウォッチの中でもブレスレットタイプを選ぶ事で、いま持っている腕時計も活かす事ができるのです。

おすすめ格安スマートウォッチIP67完全防水 itDEAL

というわけで、
Apple Watchに期待していた必要最低限の機能と
既存の腕時計と併用できるブレスレットタイプのスマートウォッチで
3000円台で購入できるおすすめモデルをピックアップしてみました!

スマートウォッチ IP67完全防水 itDEAL[amazon]

ブレスレット型の中では安定の人気を誇っているのがitDEALのスマートウォッチ。Apple watchと比べるとできることは限られますが、それでも、スマートウォッチで欲しい機能は殆どついています。

できることをまとめると

・時計機能

・歩数計、移動距離

・カロリー消費量

・心拍モニター、血圧測定

・スタンドアップ注意機能

・電話、メッセージ、LINE着信機能(振動機能付き)

 ※通話はできないけど着信記録が残るだけ

・IP67等級の防水性能

・睡眠診断機能

しかもカラー画面になって、内部のチップもさらにアップグレードされて、これで実勢価格は4,000円以下、3,000円台で購入できます。

他にもブレスレット型スマートウォッチはいろいろ発売されていますので、気になる方はこちらをチェックしてみてくださいね

まとめ

新型Apple watch 4も発売されて、頻繁にTVCMで見せられると物欲も刺激されて
「アップルウォッチが欲しい病」になってしまうのは仕方ないかもしれません。

でも、実際にApple watch4を買った人に聞くと

Apple Watchの地味な機能だけど

ウォッチを着けているとMacBookのロックが自動解除される機能が嬉しかったくらいで、運動をしない彼にとってはあとは普通の時計として使っているとのこと。

ちょっと高価な買い物だったかも
みたいな話を聞くと
勢いだけで買い物をせずに
何に使うか目的を事前にはっきりさせておくのが大切だと改めて感じさせられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする