★当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【当サイト人気PCゲームカテゴリー】

オープンワールドRPG放置ゲームブラウザゲーム女性向け恋愛ゲーム  

私がラグナロクオンライン(RO)に無性に復帰したくなる理由(今から始めても大丈夫)【PR】

スポンサーリンク

私がラグナロクオンライン(RO)に無性に復帰したくなる理由(今から始めても大丈夫)【PR】

ラグナロクオンライン公式サイト

最近はスマホゲーム全盛の時代ですが、とはいってもスマホゲームが世の中に登場してから、まだ10年経っていません。

パズドラが2012年配信、モンストは2013年ですから

まだ9年、8年くらいしか経っていません。

一方でPCオンラインゲームの元祖とも言える「ラグナロクオンライン」が日本でサービス開始されたのが2002年ですから、もうすぐ20周年を迎えようとしています。

つまり「スマホゲームの2倍も長く生きているゲーム」といっていいかもしれません。

モンストやパズドラでさえ、これだけ長い間サービスをしていると、

「辞めては復帰して、また辞めては復帰する」

といった「いったりきたり状態」を続けているわけですが、それでもスマホの場合は膨大な最新のゲームが毎日配信されていることもあり、他のスマホゲームについつい浮気してしまうので、そこまで「復帰したい!」という思いが頻繁に起こるわけではないのですが

ラグナロクオンラインの場合は、もう、帰る場所がラグナロクオンラインしかないので、1年に1回くらいのペースで「思わず復帰してログインしたくなる症候群」にかかってしまうのです。

そして実際に復帰してみると、結構楽しいのです。

ラグナロクオンラインそのもののベースコンセプトは、もう20年以上前ですから、流石に、最新のゲームと比べると古さは感じてしまいます。

でも、古さとゲームの面白さは必ずしも比例しない

これは結構、的を得ている考え方です。

例えばファミコンのマリオやドラクエを今プレイしても楽しいし、最新のマリオやドラクエと比べるものではないのと同じように、ラグナロクオンラインは20年経った今でも、ラグナロクオンラインとして楽しいのです。

(ゲームに限らず映画に例えてもわかりやすいかもしれませんね。古い映画が最新の映画を圧倒的に凌駕して楽しめる作品も無数にありますから)

これは、ただの懐古主義とか、自分の過去のラグナロクでの思い出や記憶に浸っているわけではないくて、実際にラグナロクオンラインがゲームとして面白いのです。

なぜ、面白いのか?

今回は、その理由を簡単にまとめてみたいと思います。

それゆえに、まだプレイしたことがない人は、ぜひこの機会にプレイしてみてください。ラグナロクオンラインには最新のゲームにはない面白さがあります。

ラグナロクオンラインを始める

約20年経過したラグナロクオンラインが面白い理由

コミュニケーションが楽しい

ラグナロクオンライン

ラグナロクオンライン公式サイト

オンラインゲームの最終的な目的ってユーザー同士のコミュニケーションの面白さだと思うのです。

経験値を稼いでモンスターを倒して、レベルアップして、いろんなクラフト作業をしても、それって、あくまでも自己満足の世界ですから必ず最後に「飽きる瞬間」が来ます。

しかしユーザー同士のコミュニケーションには「飽き」というものが存在しません。

現実世界でもおしゃべりをしても飽きないですし

(同じ人と24時間365日、話をしていたら飽きますけど、実際にそうはならず、いろんな人と話をしますので飽きないですよね)

「コミュニケーション」というのは最強のエンタメなのです。

ですから、楽しいオンラインRPGの大前提としては「コミュニケーション」が取りやすい、楽しいゲームが、時代を超えて楽しいということになります。

ラグナロクオンラインはとにかく「コミュニケーションが楽しいゲーム」です。だから、たまに復帰してログインしたくなるんですね。

人との繋がりが濃密

個人的な感想ですが、ふとラグナロクに復帰したくなる瞬間って、こんな時だったりします。

「あの時、一緒に冒険した、話込んだ、あのプレイヤーさんは今でも元気なのだろうか?ラグナロクをまだやっているのだろうか?」

過去の記憶が、ある日、突然に蘇るわけですね。

まるで昔付き合っていた恋人が夢に出てきて、思い出すような感覚に似ているかもしれません。

この感覚は実は自分だけでなく、相手も持っているのでは?と考えるわけです。

だから復帰すると、

「もしかしたら、あの時のあのユーザーとばったり再会できるかも」

と思うわけです。

実際に再会できるか、できないか、とかはどうでもいいのですが、ラグナロクはそういう気持ちにさせてくれるゲームでもあります。

だから、なんとなく復帰してログインしてしまい、実際に再会はできなかったりするのですが、まだしばらくラグナロクにハマってしまうのです。

そんな不思議な魅力がラグナロクオンラインにはあります。

ラグナロクオンラインを始める

やり込み要素やコンテンツが充実

約20年前のゲームなので、ちょっと古さを感じてしまうかも!?

という話をしました。

でも、この20年という年月は他のゲームでは決して到達できない時間の壁というものがあります。ましてサービス開始したばかりの最新ゲームでは到底敵わないものがあります。

それは

圧倒的なコンテンツボリュームです。

約20年にわたってコツコツ追加されてきたコンテンツ量は、誰にも真似ができないだけのボリュームなので、簡単に遊び尽くせる量ではありません。

そして、この長い時間の中でさまざまな改修やアップデートで、遊びやすく改善されてきた状態で、今遊べるということでもあるのです。

つまり、今始めると100%とは断言できないけど、かなり100%の完成系に近いラグナロクオンラインを楽しめる

というわけです。

新作ゲームの場合、配信された直後はコンテンツ量が不足していたり、遊びにくさが目立ったり、色々と不満があるのですが時間が経過することでユーザーの声を反映して改善されていきます。

そのようなアップデートがラグナロクオンラインには約20年分詰まっているといった感じなので、実はこれから新規で始めるユーザーこそが、一番恵まれていて幸せだったりするのです。

ラグナロクオンラインを始める

まとめ:ラグナロクオンラインがサービス終了になったら泣くかも!?

これだけ長い間サービス運営がされてきたタイトルなので、もし今後、サービス終了になるようなことがあったら、結構なショックを受ける人が多いゲームでもあります。

約20年といったら、一人の人間が成人するくらいの時間がかかっていますから、ラグナロクオンラインと共に人生を歩んできた人も多いですし、実際にラグナロクオンラインきっかけで結婚した人とかもいるみたいです。

でも20年続いたということは

これから30年、40年と続いていく可能性も秘めています。

だって、多くのPCオンラインゲームやスマホゲームが短期間で終わってしまう現代において、これだけ長くサービスが続いているPCオンラインゲームは他にないくらいに貴重だからです。

まだプレイしたことがない人は1度くらいはプレイしておくべきだと思います。

オンラインゲームを語る上ではラグナロクオンラインは避けては通れないMMORPGの歴史そのものだからです。

ラグナロクオンラインを始める

晴空物語あげいん!|低スペックPCでもOK王道MMORPG【PR】

※晴空物語あげいん!公式サイト

2016年までPCオンラインゲームとして運営されていた「ミルキーラッシュ晴空物語」が「晴空物語あげいん!」として復活しました!

ハイスペックPC不要!

低スペックPCでもサクサク遊べるので、ノートPCでも楽しめる王道MMORPGです。

晴空物語あげいん!を無料ではじめる

キャラメイクも自由自在!

そして、とにかくキャラククターが可愛い!

着せ替えやカスタマイズもできるので、アバターをコーデしてチャットを楽しめます!

キーボードだけで楽しめる簡単操作なので

バトルもサクサク楽しめるし、すぐに冒険に出かけられます!

晴空物語あげいん!を無料ではじめる

ギルドやハウジングなど、みんなで楽しめるコミュニティシステムも充実!

プレイヤー同士のランキングやペット育成などもやり込み要素もあります。

自宅をとことん改造して

自分好みの落ち着く空間を作り上げることもできるので

バトルとか冒険とか、MMORPGがあまり得意でない人でも楽しめます。

晴空物語あげいん!を無料ではじめる

2Game.com |PCゲームをお得に購入しよう!【PR】

※2Game公式サイト

PCオンラインを購入するならSteamという人も多いかも。

でも、新しく日本でサービスを開始した2Game.comはSteamよりもお得にPCゲームを購入できるメディアです。

2Gameをチェックしてみよう

安い理由は2GAMEはゲーム会社と直接取引を行なっているので中間マージンが発生しないという点にあります。

またSteamだけでなくPC、Origin、Uplay、Xbox Live、Playstation Network、などでダウンロード可能な2000以上のゲームタイトルも購入できます。

また有名なゲーム会社も多数参加しているので

今ならサービス開始ということでお得なクーポンがありますので、ぜひご活用ください。

コード:2GAME5
割引率: 5% OFF

※クーポンは予告なく終了になる場合がありますので予めご了承ください。

2Gameをチェックしてみよう