ニンテンドースイッチ新型と旧型のわかりやすい見分け方【型番・見た目・性能比較】

スポンサーリンク

【比較】新型と旧型ニンテンドースイッチ本体はバッテリー時間が違う

大人気で品薄となっているニンテンドースイッチ本体ですが

旧型ニンテンドースイッチ本体と、新型本体の違ってどこにあるのか?

本体の色は黒だし、コントローラーの形も同じだし見分けがつきにくいのです。見た目は同じなのに、新型ニンテンドースイッチは機能もパワーアップしていますから、これから購入するなら、新型ニンテンドースイッチを選ぶべきです。

(旧型を安く買えるなら、それでもいいのですが、価格が同じなら間違いなく新型を買うべきです)

一方で、携帯ゲーム機に特化した「ニンテンドースイッチライト」との違いは見た目は明確に違いますので間違うことはないでしょう。

そこで、今回は見た目は同じ「ニンテンドースイッチ」本体の新型と旧型を見分ける方法と性能の違いについてご紹介します。

今回は見た目に違いがない、新型、旧型ニンテンドースイッチ本体の見分け方について解説します。

【比較】ニンテンドースイッチ新型と旧型って性能違うの?

まずはニンテンドースイッチの新型と旧型、ニンテンドースイッチライトの違いについて簡単にまとめておきましょう。

あまり違いがないように見えて、結構、本体の機能が違います。

新型ニンテンドースイッチ 旧型ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト
amazon販売ページ amazon販売ページ
バッテリー持続時間 約4.5~9.0時間 約2.5~6.5時間 約3.0~7.0時間
画面サイズ 6.2インチ 5.5インチ
画面解像度 1280×720
プレイモード TVモード/テーブルモード/携帯モード 携帯モード
重量 約398g 約398g 約275g
本体サイズ

縦:102mm

横:239mm

厚み:13.9mm

縦:91.1mm

横:208mm

厚み:13.9mm

HD振動機能 あり なし
モーションIRカメラ あり なし
その他  – ・左コントローラ部分が十字キーに変更

・一部そのままでは遊べないゲームあり

価格 29,980円+税 19,980円+税

今回のテーマである新型、旧型ニンテンドースイッチの大きな違いは「バッテリー時間が伸びた」という点にあります。

旧型ニンテンドースイッチでは「約2.5~6.5時間」だったバッテリー稼働時間が、新型では「約4.5~9.0時間」と大きくパワーアップしています。

よって、このバッテリー時間の違いが、新型ニンテンドースイッチを選ぶ最大の理由になります。

ニンテンドースイッチライトについては、携帯ゲーム機として小型軽量化されていますので、ゲーム機としてのコンセプトが従来のスイッチ本体と異なっています。

ニンテンドースイッチ新型を見分ける方法①:箱パッケージデザインで見分ける

まず一つ目の見分ける方法としては、パッケージデザインが異なります。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド】(キャンペーンプリペイド番号なし)

旧型ニンテンドースイッチ

新型ニンテンドースイッチ [amazon]

新型はパッケージ全面がすべて赤色で統一されていますが、旧型は白い部分がデザインとして存在しています。

箱だけでも違いはあるのですが、似たような箱ですから、自分で購入するなら違いは理解できても、誰かにお願いして買ってきてもらうなら、この違いはわかりにくいかもしれません。

箱だけを見て見分ける場合は、この箱デザインの違いをチェックしておきましょう。

「全面的に真っ赤な箱デザインは新型ニンテンドースイッチ」と考えておけば間違いありません。

ニンテンドースイッチ新型を見分ける方法②:本体の発売日で見分ける

新型ニンテンドースイッチ [amazon]

Amazonで購入する場合は、さらにわかりやすいように

「Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド(バッテリー持続時間が長くなったモデル)」

といったようにバッテリーが長くなったモデルであることが記載されています。

店頭で購入するときも、同様に記載されているケースが多いのでチェックしておきましょう。

また新型ニンテンドースイッチ本体の発売日は「2019/8/30」となりますので、この発売日も商品情報に記載されているケースがあります。

旧型ニンテンドースイッチの発売日は「2017/3/3」ですので、明らかに日付が異なります。

新型と旧型では2年半の間隔が存在しますので、その間みつかった不具合とかもこっそり改善されているかもしれません。ただのバッテリー寿命が延びたのが新型ニンテンドースイッチ、と考えるのは個人的には安易か考え方?とも思います。

よって目に見えない公開されていない情報においても、新型ニンテンドースイッチ本体を選ぶ理由になると思います。

ニンテンドースイッチ新型を見分ける方法③:本体の型番(MOD番号)で見分ける

ニンテンドースイッチ本体をチェックできる場合は本体に記載されている番号から「新型」「旧型」を見分けることができます。

MOD表記で見分ける

MOD番号とはスイッチ本体の裏面の下の方に記載されている製品番号のようなものです。

MODとはModify(モディファイ)のMODifyの部分を取った言葉だと思いますが、「修正」という意味を持ちます。本体の細かい修正を判別するための番号です。

新型と旧型のニンテンドースイッチでは以下の通り番号が違います。新型の方は(-01)という枝番号がついています。でも、非常に小さく書かれているので、見分けにくいかもしれませんね。

【新型】MOD.HAC-001(-01)
【旧型】MOD.HAC-001

製造番号で見分ける

製造番号とはスイッチ本体の底面に記載されているシリアル番号のようなものです。

この製造番号は14桁の数字で構成されていますが、最初の頭3文字が新型、旧型では異なります。うーん、これも細かくてわかりにくいかもしれません。

【新型】XKJ
【旧型】XAJ

ニンテンドースイッチの中古購入の場合は新型旧型本体の見分け方

中古のニンテンドースイッチの購入を検討しているなら、ここからの内容は要チェックです。

なぜなら新型モデルの中古品と思って購入したら、旧型モデルの中古品だった、ということもありえるからです。

とはいえ、現在、市場に出回っている中古本体の多くは旧型モデルだと思われますが、もし新型モデルの中古品であることを表記して販売している場合は注意が必要です。

見分ける方法としては

・箱のデザインをチェックする

・新型旧型のどちらかを商品説明欄でチェックする

くらいしか方法はありません。

実際に実物を手にとって確認できるならまだしも、ネットで中古本体を購入するならリスクはあります。

こちらの記事でもニンテンドースイッチの中古本体を選ぶ上での各種デメリットを解説しています。新型と旧型の区別以外で、そもそも中古本体を選んだ際に様々なデメリットを覚悟する必要があります。

よって、何かしら特別な理由がない限り、中古のニンテンドースイッチ本体を選ぶのはやめることをおすすめします。

箱なし、ニンテンドースイッチ中古本体で新型を見分ける方法

とはいえ激安で売られている中古本体を見つけたら心が動いてしまうのがゲームファンのサガですね。

「箱なし、説明書なし、本体のみ」

みたいな感じで激安で売られている場合もたまにみかけます。その場合の見分け方についてご紹介しましょう。

オークションサイトや中古ゲームショップで「箱なし、本体とケーブルのみ」で販売されている場合は、本体の製造番号、MOD表記をチェックするしかありません。

中古ショップなら実物を見せてもらえればチェックできます。

オークションサイトやネット販売の場合は実物チェックが不可能であるため、こちらも旧型ニンテンドースイッチは避けたい!という人にとってはおすすめしない購入方法となります。

製品番号、MOD番号がわからない場合のニンテンドースイッチ新型の見分け方

これはレアケースなのですが、本当に希に、

「製造番号」「MOD番号」の部分が消されている、もしくは使用による経年劣化によって擦れて消えて判読できない

といったケースもあります。

この場合は旧型、新型の判断が困難であるため、どうしても旧型ニンテンドースイッチを避けたい!という人は新品を選ぶようにしましょう

まとめ

今回、新型、旧型ニンテンドースイッチ本体の見分け方についてご紹介しました。

ちなみに中古のニンテンドースイッチ本体については、下記の記事でメリット、デメリットを解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

ニンテンドースイッチ中古本体は買わない方がいい?メリット デメリット徹底分析