ニンテンドースイッチが熱暴走する前に おすすめ熱対策 冷却グッズ特集

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチが熱暴走する前に おすすめ熱対策 冷却グッズ特集

ニンテンドースイッチにハマった人なら、みんな経験があるかもしれませんが

ニンテンドースイッチ本体ってすごく熱くなりませんか?

原因としては、CPUやグラフィックチップにおける電力はそこそこ必要なのに、携帯ゲーム機としての使えるスイッチなので、小さい本体の中で熱対策が十分にできていないというのが大きな原因としてあげられます。

とはいえ、ニンテンドースイッチ本体の裏面には熱を逃がす放熱口が2つ用意されているのですが、スイッチ本体を専横ドッグに接続すると、この放熱口が塞がれてしまい十分な熱対策がとれないという構造上の問題もあるのです。

「熱でニンテンドースイッチが曲がってしまう!?」

私もそこまでの経験はありませんが、そういう話が聞こえてくるほど熱く感じることがあります

本体が熱で曲がらないまでも

ゲーム画面がフリーズしたり、動作が遅くなったり、液晶が焼き付けをおこしたり

最悪の場合、スイッチ本体が壊れてしまう危険もありますので注意が必要なのです。

ゲームによって発熱量が違う?CPUをフルに使っているゲームは要注意!!

これまで、私も数多くのニンテンドースイッチのゲームをプレイしてきましたが、どうもゲームソフトによって発熱のしやすさが違うような印象を受けました。

例えば「ぷよぷよテトリス」などのパズルゲームをプレイするとあまり感じないのですが、スイッチのスペックをフルに活用してそうなゲームをプレイすると、本体が熱くなりやすい印象があります。

Splatoon 2[amazon]

たとえばスプラトゥーン2や

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド[amazon]

ゼルダの伝説などは、あくまでも個人的な印象ですが本体が熱くなりやすいように思います。

フォートナイト ディープフリーズバンドル[amazon]

フォートナイトのようなグラフィックCPUをフルに使っていそうなFPSも熱くなりがちです。

どうやら、本体のCPUやグラフィックチップを結構使うゲームは、熱が出やすい傾向がありそうです。

新型ニンテンドースイッチは熱対策がされている

そんな熱対策を解消すべく、新しく発売されたニンテンドースイッチライトと、バッテリー持続時間がアップした新型ニンテンドースイッチは、旧モデルと比べると発熱対策がされているようです。

Nintendo Switch Lite ターコイズ[amazon]

Nintendo Switch本体(バッテリー持続時間が長くなったモデル)[amazon]

新旧スイッチのスペックを比較しても熱対策がされているな、と思われる点として

TVモードに対応した新旧スイッチのバッテリー容量は4,310mAhといずれも同じなのですが、新型の方がバッテリー稼働時間が

新型:4.5〜9時間

旧型:2.5〜6.5時間

とうように約1.38倍も伸びているのです。

これは見た目は同じだけど、内部のCPU、グラフィックチップにおいて新型の方が省エネ設計に改善された、と推測できそうです。

熱暴走でニンテンドースイッチが止まってしまった場合の対応

ところで、ニンテンドースイッチ本体が熱の影響などでフリーズしてしまった経験はありませんか?

実はスイッチ本体がフリーズしてしまった場合は、スマホと同じように本体を強制終了させることができます

操作はとても簡単です

電源ボタンを12秒以上押し続けることで電源をオフにすることができますので、覚えておくと大変便利です。

強制的に電源オフにした後、再び電源オンにしてみてください。

0円でできるニンテンドースイッチの熱対策

ここまで読んで頂いたならば、ニンテンドースイッチの熱対策ってとても重要だとうことをわかって頂いたかもしれません

では、熱対策としてどんなことをすれば良いのでしょうか

まずはお金をかけず0円から始められるスイッチの熱対策についてご紹介していきましょう

kungix 卓上扇風機[amazon]

①手持ちの扇風機の風をあてる

原始的な対策ですが、風をあててスイッチを冷ますというのは熱対策としてはそこそこ効果が見込めます。

②エアコンをつけて風があたるようにする

部屋の温度が高い場合もスイッチの本体に影響しますので、エアコンをつけても、そこそこ効果がみこめます。

③スイッチが熱くなったら電源を切って休憩する

0円熱対策の中でも、いちばん効果がありそうなのはスイッチの電源を切って休憩するという方法です。でもゲームはプレイできなくなってしまいますね・・・

④ドッグから外して使う

ニンテンドースイッチをドッグにつなぐと、本体に用意されている2つの放熱口がふさがってしまいますので、外して使うだけでも熱対策としては有効といえるでしょう。

おすすめニンテンドースイッチ熱対策・冷却グッズ

ニンテンドースイッチの0円熱対策は、そこそこ効果はあるので試してみる価値はありますが、劇的な改善までには至らなかったり、さらにはゲームプレイを中断しなければならなかったり、その場しのぎ的な対応といえるかもしれません。

そこで、ここからはスイッチの熱問題を大きく改善してくれるグッズ、周辺機器についてご紹介していきたいと思います。

Nintendo Switch専用 ハイパワー冷却ファン

【E-game】Nintendo Switch専用 ハイパワー冷却ファン [amazon]

熱対策グッズとして人気なのが、ドッグにつける外付け冷却ファンです。

こちらの外付けファンには3つの協力な冷却ファンが内臓されており、ドッグ内部に風を送り続けてくれるので熱対策にはかなり効果があります

特に本体が熱くなりすぎた!というときは、「ターボモード」なる強風を送るモードがかなり使えるのでおすすめです。

装着自体も、ドッグ本体の背面に差し込むだけ、あとはUSBコネクタをドックにつないで電源供給しながらファンをまわすことができます。

3つもファンがついていると、うるさそうなイメージがあるかもしれませんが、ファン自体は静音設計になっているので、あまり気になりません

OPOLAR ニンテンドースイッチ冷却ファン

OPOLARNintendo Switch冷却ファン[amazon]

もとはノートPC向けに開発された冷却ファンなのですが、これがスイッチにも使えるということで実際に使われている方も多いようです

PC向けの冷却ファンということもあり、ゲーム機用につくられたものではないので冷却効果はかなり強烈です。

温度センサーがついており、温度を自動測定して、ファンの回転速度を自動で調整してくれる「自動モード」はかなり使えます!

手動で13段階のファン調整をすることもできたり、さすがPC向けの周辺機器だけのことはあります。

ニンテンドースイッチで使うと、なんかごちゃごちゃして、見た目がよくないのですが、そこだけ妥協できれば結構使える冷却機器ですし、ノートPCでも使えるので幅広く使い倒せますね

放熱対策済みニンテンドースイッチドック充電スタンド

放熱対策済みニンテンドースイッチドック充電スタンド [amazon]

発熱の原因がドッグにあるなら、ドッグそのものを交換してしまおう!というのはこちらドッグ機能持つコンパクトな充電スタンドです。

大きなドッグがコンパクトなっただけでなく、スイッチ本体にある熱を逃がす通気口を塞がない設計になっているので、こちらのドッグに交換するだけでも熱対策が期待できそうです。

ニンテンドースイッチ冷却ファン付きスタンド

Nintendo switch 冷却ファン付きスタンド [amazon]

ニンテンドースイッチ本体の液晶部分を置けるスタンドなのですが、スタンド自体にファンを内蔵しているため、テーブルモードでゲームをプレイしながら本体の熱対策ができるというアイテムです。

ニンテンドースイッチだけでなく、iPhone、iPadにも使えますので幅広く活躍してくれます。

スイッチ・スマホ向け冷却ファン(2000mAhバッテリー内蔵)

Nintendo switch 冷却ファン(2000mAhバッテリー内蔵)[amazon]

最後にちょっと変り種の冷却アイテムをご紹介しましょう。

モバイルバッテリーと冷却ファンが合体したような商品なのですが、スイッチや、スマホに電源供給をしながら、かつ熱対策も同時におこなってくれて

さらに本体のグリップも高めてくれるというアイテムです。

みた目はコンパクトですが、11枚の羽が内蔵されており、強力に本体を冷やしてくれます。

また冷却ファンの電源自体は内蔵されているバッテリーから供給するので特に外に持ち出して遊ぶときに使えるアイテムです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする