【本読まないとヤバい!】時間を節約して効率的に学習スキルアップする方法【オーディブルがおすすめ】

【更新日2020年1月26日】

スポンサーリンク

【本読まないとヤバい!】時間を節約して効率的に学習スキルアップする方法【オーディブルがおすすめ】

最近、何冊、本を読みましたか?

平成30年度「文化庁の調査」によると次のようになります。

約半分近くの人が全く本を読まないという回答をしています。

1ヶ月で1冊も読まない人 47.3%
1ヶ月で1、2冊読む人 37.6%
1ヶ月で3、4冊読む人 8.6%
1ヶ月で5、6冊読む人 3.2%
7冊以上 3.2%

圧倒的に本を読んでいる人が少ないのです。

しかし、一方で、この記事を読んでいる皆さんは、

「もっと本を読みたいけど、読むことができていない」

という危機感を感じているのではないでしょうか?

そこで、今回は

「なぜ、本を読む数が減ってしまったのか」

「本を読むためにするべき方法はないのか」

といった話をしたいと思います。

【目次】

・本を読む数が減っている理由

・本を読んでいる人と読んでいない人は年収が違う

・「目で読む本」が苦手なら「耳で聴く本」オーディブルがおすすめ

本を読む数が減っている理由

こちらも「文化庁」のこちらの調査がされていますが、その中でも読む機会が減っている理由として考えられるものをピックアップしてみると下記のようになります。

・仕事や勉強が忙しくて読む時間がない

・視力など健康上の理由

・テレビの方が魅力的である

・読書の必要性を感じない

仕事や勉強が忙しくて読む時間がない

「本を読む時間を確保するのは難しい」というのは永遠の課題です。

忙しい中、時間を確保するために

・電車通勤時間を充てたり

・夜、帰宅後の時間を充てたり

・土日をつぶして充てたり

さまざまな工夫をしていますが、なかなか難しいものがあります。

視力など健康上の理由

視力の問題を出すと、本が読めなくなってしまいますが、これを理由にあげる人も文化庁のこちらの調査では多いようです。

本を読む=目を使うこと

であることには変わらないのですが、健康上の理由というか、目を使う事に対してストレスを感じる人がいるのは事実です。

テレビの方が魅力的である

最近はテレビだけでなくYoutube、SNS、スマホゲームも読書時間を奪っている相手ですが、読書よりも魅力的なライバルが続々と登場しているのも、読書時間を奪っている原因のひとつです。

読書の必要性を感じない

読書に対する重要性が落ちているというのも本を読む数が減っている原因です。もちろん、読書の必要性、重要性を気づいている人もたくさんいます。

しかし、必要性を感じていない人が増えてきているという現実はありそうです。こちらもその分、Youtube、SNSなどに時間を取られているとも言えます。

本を読んでいる人と読んでいない人は年収が違う

実際にこちらの記事でも話題になっていますが年収1000万円以上稼いでいる人は、年収400〜500万円と比べると、圧倒的に読んでいる本の数が違うという結果が出ています。

なぜ、読書数と年収が比例するのか、その理由は非常にシンプルです。

「読書は情報をインプットすることだから」

本を読むことは、その本を書いた人の考えや、知識を効率よく吸収することができます。その結果、短時間で圧倒的な情報をインプットすることができます。

情報は武器になりますから、

それら情報を組み合わせてビジネスや、毎日の生活に活かすことができます。

これが読書量が年収と比例するというデータによって裏付けられただけです。

とはいっても、読書をしたからといって、すぐに年収があがるというわけではなく、読書によって得られた情報が年収に反映されるまでには時間がかかります。

しかし、本を読んでいる人と、読んでいない人には大きな差がついてしまうのは明らかです。

「目で読む本」が苦手なら「耳で聴く本」オーディブルがおすすめ

ならば、読書を始めればいい!!

という単純な答えで済んでしまうかというと、そもそも、読書が続かないから困っているのです。なぜなら

・時間が取れない

・本を読む習慣がない

・習慣がないから続かない

・読書自体がストレスになってしまう

こんな理由が頭の中をよぎってしまいますね・・・。

こんな状態から、いきなり「読書を始めよう!!」と言われても、実際にできるのはごく一部の人だけです。

もし、今、始められるならば、すでに始めているはずです。

気合いとか、やる気だけで乗り越えられるような、簡単な問題ではないのです。

そこでおすすめなのが

「目で読む読書」ではなく「耳で読む読書」と呼ばれている音声学習ができるオーディオブックという方法です。

オーディオブックとは本を朗読者が読み上げて音声で聴くというものです。ですから、耳で聞き流すだけで始められるため、読書習慣がない人でもハードルが低いのです。

有名なオーディオブックではAmazonオーディブルというサービスがあります。

「目で読む読書」は辛いけど

「耳で読む読書」ならなんとか始めらそう!

と感じたらチャンスです。

オーディブルも目で読む従来の読書と同じように、情報をインプットする行為にはかわりませんので、読書と同じような効果が期待できます。

しかし、実際に体験してみないとイメージがわかないので、まずは一度体験してみることをおすすめします。

幸いにもAmazonのオーディブルについては最初の1冊無料でお試しができます。

なんといっても無料ですので

「なんか、合わないなぁ。。。」

と感じたら最初の30日で退会すればお金は発生しません。

Amazonオーディブルを無料体験する

まとめ

今回、本を読む習慣がない人に向けて、

なぜ読まないのか「原因」と、本を読むことの「重要性」について説明しました。

そして結論としては

従来の「目で読む読書」ではなく、「耳で読む読書」であるオーディオブックからはじめてみるのが良いかも

というお話をしました。

オーディオブックについて初めて聞いたという人も多いと思いますので、もし興味がありましたら、下記の記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

本は聴ける 最初の一冊は無料。今すぐ聴こう。

Amazonオーディブル(Audible)についてはこちらの記事がおすすめ