【特集】F1レースゲームならPS4版「F1 2016」がおすすめの理由

スポンサーリンク

【特集】F1レースゲームならPS4版「F1 2016」がおすすめの理由

 

[PS4]F1 2016 [amazon]

[XboxOne]F1 2016 [amazon]

2016年9月8日に発売されて以来、歴代F1レースゲームの中でも最高傑作との呼び名も高いのがPS4、XboxOneで発売中の「F1 2016」です。

PS4、XboxOneというハイスペックなゲーム機で描かれる本物のF1に迫るリアルなグラフィックや、フォーミュラカーの挙動だけでは語り尽くせない、魅力の秘密について踏み込んで分析してみたいと思います。

唯一のF1公式ライセンスゲーム

スーパーファミコンから、2000年代前半のプレイステーション2まで、数多くのゲーム会社から発売されていたF1ライセンスのゲームソフトですが、2017年現在、2016 FIAフォーミュラ1唯一の公式ライセンスゲームは今回紹介する「F1 2016」だけになっています。

よってF1好きなゲームファンとしては選択肢は「F1 2016」のみ。

タイトル間の競争も起きないわけで、「F1 2016」は責任重大といったところですが、そんな心配は一切不要!「F1 2016」は妥協なきリアルなF1の世界を体験できるゲームに仕上がっています。

「F1 2016」は2016年度の最新データを収録、実名ドライバー、実在サーキットはもちろん、毎年細かく修正が入るF1のルールも忠実に再現されています。

 ファンの声に応えた「キャリアモード」の復活

シリーズを通じて人気のモードであった、ひとりのF1ドライバーとしてシーズンを戦いながらレーサーとしてのキャリアを築いていく「キャリアモード」

なんと、前作「F1 2015」ではキャリアモードが実装されず、シリーズファンとしては大変残念な思いをしたものです。

そんな、ファンからの声に応える形で、今作ではキャリアモードが復活しています。

ドライバーとしてマシン開発を行い、シーズンを通してレースカーを熟成させていく流れはF1ドライバーの世界そのもの。

弱小チームをとことん強くしていくもよし、大きなチームから声がかかるようにパフォーマンスを見せつけるもよし、単に「キャリアモード」が復活しただけでなく、シリーズ過去最高レベルに大きな進化を遂げた復活となっており、キャリアストーリーを楽しみながら、最大10シーズンのドライバー人生を楽しめるようになりました。

「キャリアモード」しかプレイしないという人もいるくらいに、F1好きな人はハマるモードになっていますので、今回の復活はまさしく「買い」ポイントのひとつです。

超リアルすぎるF1レースシーン

PS4、XboxOneで発売されるレースゲームということで、ビジュアルが綺麗なのは想定していましたが、すべてのレースゲームの中でもトップレベルの「リアル」を実現しているのが「F1 2016」です。

天候の変化、雨、巻き上がる埃、車へのダメージなど、F1ゲームや、F1以外のレースゲームが発売するたびに、そのリアルさの進化に驚かされてきましたが、今作ではさらに、その進化に驚かされました。

本当にリアルでサーキットの「空気感」までテレビ画面を通して伝わってきそうなほどです。

オンラインプレイが充実!前作の不満点も解消

本物のF1は22台でレースをするのですが、「F1 2016」のオンラインマルチプレイモードでも、22人でプレイが可能となっています。

レース単体を22人で対戦するだけでなく、「練習」「予選」「決勝」といった一連のF1レースの流れをオンラインを通じてプレイできるため、本物のF1に参加しているような感覚を楽しめます。

また、前作「F1 2015」でファンから不満としてあがっていたコンピューターによるレースカーの挙動も改善されているのも良いですね。

まとめ:レースゲームにおすすめ周辺機器(ハンドルコントローラ/シート)

【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC [amazon]

PS4の標準コントローラでもいいのですが、レースゲームはハンドルコントローラでプレイすると、さらに楽しくなります。ハンドルコントローラの種類も多数発売されていますが、こちらはプレイステーション公式ライセンス商品なので、対応ゲームも多くおすすめです。

ロッソモデロ (rossomodello) GTD-RSシミュレーター T500RS、T300RS、G27、ポルコン、CSR 対応 ハンドルコントローラー固定シート GT5 プレステ3 [amazon]

ハンドルコントローラが固定できるシート一体型商品があれば、さらに楽しめますね。レースゲームファンとしては、予算と設置場所がクリアされるならば、いつかは手に入れたい!と思うアイテムのひとつです。

DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN ブラック [amazon]

予算と場所の問題がクリアできないならば、実用性もかねてバケットシートタイプのゲーミングチェアを購入しても、雰囲気は出ると思います。


sparco スパルコ レーシンググローブ LAND RG-3.1【FIA2000公認】 (ブラック, 11(XLサイズ)) [amazon]

また、レーシンググローブまで揃えてプレイすると、さらに臨場感アップ!こちらは実際のレースにも使えるスポーツグローブなのでお値段もそこそこしますが、

モータウン(MOTOWN) バイク用グローブ ハッピーレーシンググローブ ブラック/イエロー Mサイズ HRG02-M [amazon]

価格の安いバイクグローブを代用しても雰囲気がでますので、こういった小物にもこだわってみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする