[応答速度1ms以下限定]PS4・ニンテンドースイッチ・PCにおすすめゲーミングモニター

スポンサーリンク

FPS・レース・格闘ゲームでこんなに違う!1msモニターを徹底比較

PC、PS4、ニンテンドースイッチ用のモニターディスプレイ購入を検討している方、とりあえず値段と解像度、ディスプレイの大きさだけで選んでいませんか?

仕事用モニターなら、それでもいいけど、もし素早い動きを必要とする格闘ゲームや、FPS、シューティングゲーム、レースゲームをプレイするつもりなら

応答速度の速いモニターディスプレイを選ぶべきです。

液晶ディスプレイの液晶パネルは、どれも同じように見えるかもしれませんが、実は全然違います。

応答速度はms(milli second/ミリセカンド)という単位で表現されますが

例えば5ms=0.005秒の映像描写の遅延が発生するという意味になります。

ビジネス向けのモニターの場合、5msでも特に大きな問題にはならないのですが

レースゲームや、FPSなど、プレイヤーのレベルが上がればあがるほど、この0.001秒の違いが勝負の分かれ目になるのです。

よって、一般的にゲームに適したゲーミングモニターといえば応答速度1msのディスプレイを指していましたが、最近では技術の進歩により1msを切る0.8msという超高速液晶ディスプレイも登場しています。

応答速度(ms)と同じくらい重要なのがリフレッシュレート

ゲーム好きな人にとっては常識の話なのですが、普通にテレビでゲームをしているだけの一般的なゲームユーザーにとっては、あまりに気しないのが「リフレッシュレート」という数値

60Hz

144Hz

240Hz

という数値をモニターのスペック表で見かけた事もあるかもしれませんが、簡単にいうと、

一般的なモニターは60Mhz

ゲーミングモニターと言われているモニターは144Hz、または240Hzであり

数値があがるほど値段も高くなりますが、画面の描写が「ぬるぬる」と滑らかに表示されます。

これによって、素早くポイントを合わせるFPSなどでは、ライバルよりも早く正確なアクションが起こせるというわけです。

まとめると

予算が許すならば、ゲーム用モニターとしては画面の応答速度が早く、リフレッシュレートが高いモニターを選んでおくのが良いという事になります。

とはいえ、比例して価格もアップするため、

スペックと価格のちょうどいいバランスが重要になってきます。

とはいえ、PS4、PS4Pro、ニンテンドースイッチの場合、最大60フレームまでしか描写できないので、リフレッシュレートは60Hzあれば十分です

でも応答速度の速い液晶は欲しいところだし、PCでもオンラインゲームをプレイしたい!PCと家庭用ゲーム機でモニターを共有したい!という方は、144Hz以上のリフレッシュレートを選んでおきたいところ。

そこで、今回、応答速度1ms以下、リフレッシュレート60Hz、75Hz、144Hz、240Hzで、値段が3万円以下のおすすめモニターに絞ってご紹介いたします。

PS4・ニンテンドースイッチ・PCにおすすめゲーミングモニター5大メーカー

I-O DATA ゲーミング モニター 24.5型(0.8ms〜0.6ms/60Hz〜240Hz)

I-O DATA ゲーミング モニター 24.5型  [amazon]

0.8ms 60Hz  ※実勢価格16,000円

0.7ms 144Hz ※実勢価格30,000円 

0.6 240Hz  ※実勢価格43,000円
応答速度1msを超えた0.8から0.6までのモデルをラインナップした予算から選べる、いまおすすめのゲーミングモニターです。

リフレッシュレートは144Hzは欲しいので、となると0.7msか、0.6msのどちらかを迷ってしまうのですが、

実勢価格としては13,000円の価格差と

HDMI端子は0.8ms、0.6msモデルは2つ付属しているのに対して

0.7msモデルはなんと3つも付いているので、複数のゲーム機を同時接続して切り替えながらプレイする事もできて便利です。

というわけで、0.7ms 144Hz がベストバイのモデルとなります。

Acer ゲーミングモニター(応答速度1ms/144Hz)

Acer ゲーミングモニター KG251QFbmidpx 24.5インチ [amazon]

実勢価格26,000円くらい

応答速度は1ms、リフレッシュレート144Hz

スペックと価格とのバランスが取れた人気モデルです。3万円を切る価格帯で、ゲーミングモニターとして必要なスペックを盛り込んでいます。

ステレオスピーカーもディスプレイ本体に内蔵されているので、ヘッドフォン端子もありますが、ヘッドホン無しでもBGMが楽しめるのもポイントです。

ASUS ゲーミングモニター  (応答速度1ms/60Hz)

27型  (応答速度1ms/60Hz)※実勢価格20,000円

24型  (応答速度1ms/60Hz)※実勢価格16,000円

21.5型  (応答速度1ms/60Hz※実勢価格12,000円

リフレッシュレートは3機種とも60Hz

144Hzのモニターからすると見劣りはするけれど、応答速度は1msなので、勝利にとことんこだわるセミプロFPSプレイヤーにはおすすめできないけど、普通にプレイして楽しむ分には特に問題ないゲーミングディスプレイです。

とはいえ、21.5インチから、27インチまで画面サイズも豊富なのですが、なんといっても実勢価格がかなり安い!

大画面を必要としないなら、21.5型  (応答速度1ms/60Hz)なら12,000円くらいで購入できてしまいます。

限りある予算の中で、いま現時点でベストな選択をするならば、ASUSのゲーミングモニターは、かなり現実的な判断だと思います

BenQ ゲーミングモニター GL2460BH(1ms/75Hz)

BenQ ゲーミングモニターGL2460BH 24インチ [amazon]

応答速度1ms、リフレッシュレートはHDMI接続時75Hzと60Hzよりちょっとだけ高スペック、それでいて実勢価格は約15,000円程度

こちらも非常にコストとスペックのバランスが取れたモニターです。

BenQといえばモニターメーカーとしては、世界的有名ですが、その中でもゲーミングモニターを探しているならば、こちらのモデルがおすすめです。

厳密には細かい部分もパワーアップしているもののの、BenQ 24インチ(1ms/144Hz)という、75Hz→144Hzにパワーアップしたモデルもあります

しかし、リフレッシュレートのアップだけで実勢価格も約30,000円と2倍にアップ!ここからも、いかにGL2460BHがお買い得過ぎるかが実感できると思います。

iiyama ゲーミング モニター G2730HSU-B1 (27インチ/1ms/75Hz)

iiyama ゲーミング モニター  G2730HSU-B1 [amazon]

実勢価格は約22,000円くらい

大画面27インチで、応答速度1ms、リフレッシュレート75Hz

27インチの中で、リフレッシュレートも、応答速度もそこそこ維持しているこちらもコストパフォーマンスの高いモデル。低価格の大画面ゲーミングモニターを探しているならが、こちらはベストな選択だと思います。

画面サイズは小さくなるけれど、同じiiyamaのリフレッシュレートが144Hzの

24.5インチ(応答速度1ms/リフレッシュレート144hz)モデルは実勢価格が約30,000円くらい。

となると、G2730HSU-B1のコストパフォーマンスの高さは光っていますね。

[比較・違い】おすすめゲーミングモニターまとめ

というわけで、今回紹介したゲーミングモニターについてスペック表を作成してみました。

メーカー 画面サイズ 応答速度 リフレッシュレート 実勢価格 amazon
IO-DATA 24.5 0.8ms 60Hz 約16,000円 チェック
IO-DATA 24.5 0.7ms 144Hz 約30,000円 チェック
IO-DATA 24.5 0.6ms 240Hz 約43,000円 チェック
Acer 24.5 1ms 144Hz 約26,000円 チェック
ASUS 27 1ms 60Hz 約20,000円 チェック
ASUS 24 1ms 60Hz 約16,000円 チェック
ASUS 21.5 1ms 60Hz 約12,000円 チェック
BenQ 24 1ms 75Hz 約15,000円 チェック
BenQ 24 1ms 144Hz 約30,000円 チェック
iiyama 27 1ms 75Hz 約22,000円 チェック
iiyama 24.5 1ms 144Hz 約30,000円 チェック

今回紹介したモデルはどれもおすすめなのですが、その中でも4つの用途に分けて、特にお買い得モデルをピックアップしてみましたので参考にしてください。

①予算度外視スペック追求派

★PS4・スイッチだけでなくハイスペックPCオンラインゲームもする人におすすめ

実勢価格は高いけど、応答速度0.6ms+リフレッシュレート244Hzは大きな魅力!IO-DATAのゲーミングモニターがおすすめ

②予算に上限はあるけれど144Hzはゆずれない派

★PS4・スイッチだけでなく、PCオンラインゲームもする人におすすめ

応答速度1ms+リフレッシュレート144Hzといったゲーミングモニターのスペックを十分満たしながらも、実勢価格約26,000円という低価格を実現したAcerのバランスの良いモデル

③とにかく予算重視派 

★PS4・スイッチにおすすめ

応答速度1ms+リフレッシュレートは60Hzよりも高い75Hzを実現しながら、実勢価格は約15,000円!BenQのお買い得モデル

④ゲームは迫力ある大画面モニター重視派  

★PS4・スイッチにおすすめ

大画面27インチでありながら、応答速度1ms+リフレッシュレートは60Hzよりちょっとだけ高い75Hzを実現。それでいて実勢価格は約22,000円!!iiyamaの欲張りモデル

まとめ

というわけで、今回、ゲーミングモニターについて特集してみたわけですが、個人的に気になるのは、お金に糸目をつけない場合、

どこまで応答速度が速く、高いリフレッシュレートで、大画面ゲーミングモニターが買えるのか?という話

どうやら現時点では24インチで144Hz、240Hzが上限で、27インチを超えてくると144Hzはあるのですが240Hzは、なかなか見つけられませんでした。

その中でも27インチでリフレッシュレート240Hzを達成しているのが

LG ゲーミングモニター ディスプレイ 27GK750F-B [amazon]

こちらLGの27インチゲーミングモニターディスプレイです。リフレッシュレートは240Hzを誇るのですが、一方で応答速度は2msとなっています。実勢価格は約40,000円くらい。応答速度が気にならなければ、ちょっと魅力ですね。


ASUS ゲーミングモニター 湾曲ディスプレイ 27インチ ROG SWIFT PG27VQ [amazon]

そして、こちら27インチで応答速度1ms、リフレッシュレートは165Hzというモデルもあります。湾曲ディスプレイが採用されているという事もあり、実勢価格はなんと10万円オーバー!でも、湾曲ディスプレイのゲーミングモニターは、お財布が許すならば一度は所有してみたくなるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする