【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

PS4・PS4Pro本体ファンの騒音がうるさい場合や熱対策におすすめ7つの解決方法

【2020/7/8更新】

PS4で遊んでいると、PS4本体の冷却ファンの音が気になることはありませんか?

PS4は発熱しやすく、それを冷ますためのファンが本体に内蔵されていますので、ある程度のファンの音がうるさいのは仕方ないところはあるのですが

「音がうるさくてゲームに集中できなかったり」

「PS4が壊れてしまうのではないか気になってゲームに集中できなくなったり」

そんな状況ありませんか?

そこで今回、PS4のファンがうるさくて仕方ないときに、ぜひ試して欲しいおすすめの解決方法をご紹介します。

PS4のファンがうるさい原因は?

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB[amazon]

PS4のファンがうるさい理由は熱問題だけかというと必ずしもそうではありません。私の過去の体験から3つに分類できます。

①一番多いのはPS4本体発熱問題(こればっかりは仕方ないですね)

この発熱問題について今回は対応方法を解説していきます。

②うるさいのはファンではなくPS4本体のHDDの動作音だった説

実はうるさい!と感じていたのは、PS4のHDDの動作音だった!というケースです。普段から結構、音に敏感な人はHDDの動作音でも気になってしまいますね。今回はこれについての解決策は用意していませんが、静音性の優れた最新のHDD、またはSSDに換装するなどの方法があります。

③PS4本体のファンが壊れている説

異常にうるさい場合は、実はPS4本のファンが壊れているケースもあります。

「我が家のPS4は異常にファンの音がうるさくて、今回紹介した方法で解決できない!」

といった場合はPS4本体のファンが壊れている可能性を疑ってみるのもアリです。

スポンサーリンク

【騒音/発熱問題】PS4のファンがうるさい時におすすめ7つの解決方法

今回、PS4の発熱を原因としたファンの騒音問題の解決策について、「すぐに実行できる解決方法から、お金がかかる解決方法まで」試して欲しい順番でご紹介します。

①PS4を風通しの良い場所に移動する

かつてPS3も本体内に熱がこもりやすく、非常にファンがうるさかったのですが、その時の最大の原因はテレビ台の中にPS3を格納していたことにより、テレビ台の中でPS3本体の熱が逃げにくい環境を作ってしまったことでした。

よってPS4を風通しの良い場所に移動して、熱がこもらないようにするのが、まず最初に試して欲しい対策です。

下記のような場所にPS4本体を設置している場合はPS4を移動するだけでも改善できる場合があります。

・風通しの悪いテレビ台やラックにPS4を設置している場合

・隙間など熱がこもりやすい場所にPS4を設置している場合

・PS4の上に布や置物など熱の発散を阻害するものがある場合

・部屋が密閉しており、そもそも室内温度が熱い場合

このような状況は熱がこもりやすくなるため、PS4を移動するだけで改善できる場合があります。

部屋の窓をあけて換気をしてみたり、エアコンをつけてみたり、サーキュレーターと呼ばれる扇風機みたいな機械で空気の循環をよくしてみたり・・・方法はあります。

アイリスオーヤマ サーキュレーター[amazon]

②ファンにゴミや埃が詰まっていないか確認して掃除する

PS4の本体の裏側を見てみましょう。

本体の熱を逃がすための通気口が全面に装備されていることに気づきます。ここの通気口が埃などで汚れていると十分にPS4本体の熱を十分に逃がすことができません。

よってPS4の通気口が埃まみれ、またはゴミなどで詰まっている場合は綺麗に掃除することで熱対策となり、ファンの騒音を抑えることができます。

・部屋が埃っぽい

・部屋の掃除をほとんどしない、ゴミが溢れている

・埃がたまりやすい場所(隙間や部屋の角など)にPS4を設置している

こんな場合はPS4本体裏の通気口をチェックしてみましょう。

薄型PS4(CUH-2000、2100、2200)用フィルター&キャップセット[amazon]

表面上の埃ならとれますが、PS4本体の内部に埃が溜まってしまうと掃除しにくくなります。そこで、埃がPS4本体に入らないようにするためのフィルターも発売されていますので、こちらも予防向けアイテムとして活用できます。

PS4本体専用 冷却ファン[amazon]

PS4の通気口に装着する冷却ファンもあります。冷却するだけでなく、埃が蓄積しにくくなるのでこちらも対策として検討する価値あります。

ダスキン エレクトロン・エル-E [amazon]

埃をとってくれるお掃除ブラシなども有効です。とにかくPS4本体に熱がこもってファンがうるさく周り出さなように、こまめに掃除することが重要です。

③本体を縦置き・横置きに変えてみる

あまり効果があると思えないかもしれませんが、私の場合は改善したのでご紹介しておきましょう。

PS4本体を「横置き」←→「縦置き」で置き換えるだけです。

PS4の期限が悪くファンがけたたましく回転している時に、「PS4の置き方」を変えたら騒音がおさまったことがありました。

PS4本体の置き方によって熱放出効果が変わったことが原因だと推測されます。

PS4の機嫌が悪い時には試してみる価値はあります。

④キャプテンスタッグアルミテーブルを使う

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル [amazon]

キャンプアイテムとして大人気のキャプテンスタッグのアルミテーブルの上にPS4を置いて熱対策をしている人も結構多いです。

・アルミテーブルなので冷え冷えである

・床との間に隙間ができるのでPS4の熱が逃げやすい(風通しも良くなる)

というのが理由のようです。

アルミテーブル自体は安いですし、アウトドアでも使えます。

⑤ノートPC向け冷却ファンを使う

HAVITノートパソコン PC用 冷却パッド[amazon]

PS4と同様、ノートPCも発熱問題を常に抱えているデバイスです。ノートPCの熱対策として定番の「冷却パッド」はPS4にも使えます。

ノートPCと同じように、冷却パッドの上に横置きでPS4を置けば、ガンガンに冷やしてくれるというわけです。

PS4に使わない時はノートPCに使う

ノートPCで使わない時はPS4で使う

といったようにフル活用ができるので、1台あれば余すことなく活用できます。

⑥PS4冷却ファン付きスタンドを使う

新型PS4スリム 縦置きスタンド[amazon]

PS4 Pro 専用 縦置きスタンド[amazon]

PS4用の冷却スタンドを購入することで、熱対策はかなり改善します。

PS4の冷却ファン付きスタンドを探しているなら、「PECHAM」というメーカーがおすすめです。数あるPS4のスタンドメーカーの中でも圧倒的な人気と支持を得ているからです。

底面には冷却ファンが2つ装備されているだけでなく、デュアルショックコントローラーが2個格納+充電も可能です。そしてPS4には2つしか装備していないUSBを3つに増設できるUSBハブポートをさらに3つ追加できます。

単なる冷却グッズだけでなく、PS4をさらに便利にしてくれるスタンドとしての機能も持っています。

⑦本体HDDを消費電力が低いHDD、またはSSDに交換する

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD[amazon]

冒頭でHDDの動作音がうるさいのが原因!という話をしましたが、動作音がうるさいHDDはその分だけ発熱量も高くなります。そこで静音性の高いHDDか、またはSSDにすればハードディスクからの騒音だけでなく、発熱量も抑えることもできます。

HDDに比べてSSDは発熱が低いので、SSDに換装するだけでPS4本体の発熱対策になります。ただしHDD換装はメーカー保証が受けられなくなる可能性が大であり、そもそも換装自体が一般ユーザー向けではないので、オススメしにくいという点はあります。

PS5では全モデルがSSDになると言われていますので、PS5になるとPS3、PS4よりも発熱やファンの騒音に困るようなことは軽減されるかもしれません。

まとめ

今回、「PS4のファンがうるさい時におすすめ7つの解決方法」をご紹介しました。今後、新しい対策方法がみつかりましたら随時追加していきます。