【特集】ワイヤレスイヤホンとヘッドホンどっちがおすすめ?徹底比較してみた

スポンサーリンク

コスパ最高!格安ワイヤレスイヤホン サウンドピーツを買ったら毎日が超楽しくなった

食べず嫌いほど、もったいないことはありません。

音楽を聴く時は絶対ヘッドホン

まして格安のワイヤレスイヤホンなんて、これまで選択肢に入らなかったのですが

今回、海外旅行に出かけるにあたって、ヘッドホンでは荷物になるということで、格安イヤホンの代表格であるSoundPeatsを3,500円くらいで購入して

実際に使ってみたところ、あまりにも音質と使い勝手が良すぎたので、

その魅力について、いままで使ってきたBOSEのヘッドホンとの比較記事を書いてみることにしました。

既にSoundPeatsをはじめ、ワイヤレスイヤホンで音楽を楽しんでいる方にとっては、あたり前のことばかりかもしれませんが、

これからワイヤレスイヤホンデビューを検討している方にとっては、参考になれば幸いです。

ワイヤレスイヤホンのメリット(良いところ)

小さい

ヘッドホンと比べれば大きさが圧倒的に小さいので荷物になりません!SoundPeatsだけでなく、ほぼすべてのブルートゥース接続のワイヤレスイヤホンは充電器も兼ねた収納ケースに入っていますが、写真の通り、ヘッドホンとはその大きさは歴然です。

今回、海外旅行に行くにあたって、荷物を減らしたい中ではワイヤレスイヤホンは賢い選択といえるでしょう。

音がかなり良い

今回購入したSoundPeatsは同名イヤホンの改良版ということで商品名もTrueFree+と「名前にプラス」がついているわけですが、とはいっても3,500円くらいのイヤホンなので、BOSEの2万円オーバーのヘッドホンと比べると音質は価格的に全然期待していませんでした。

とりあえず荷物も減るし、3,500円くらいならダメでも諦めがつくし、という勢いで購入したのですが、音質はかなり良くてビックリしました。

インナーイヤータイプなので耳へのフィット感によって音質が変わるのは仕方ないのですが、耳の形状に合えばかなり良い音質で聴けるポテンシャルがあります。

いまのところBOSEヘッドホンの出番は確実に減ってしまいました。

・バッテリー切れがほぼ気にならないほど持ちが良い

イヤホンを外した時は紛失防止のためにもケースに戻しているので、その都度充電されるため、いまのところ使用中の電池切れに遭遇していません。

またケース自体も気になった時に適当に充電しているので、頻繁に充電しなければならない意識もない中で生活ができている状態です。

つまり、いまのところバッテリー切れを意識したことがないというわけです。

カタログスペック上では連続4時間再生、充電ケースと組み合わせで最大35時間再生を可能とありますので、十分すぎるスペックといえるでしょう。

・耳栓に使えるほど遮音性が高い

インナーイヤーパーツの形状とフィットすれば

まるで耳栓をしているかのように遮音性を実現してくれます。

またSoundPeatsはイヤーパーツ部分がポロポロ取れてしまうことありません。

かなり前に購入した国産有名メーカーのインナーイヤホンのパーツはポロポロ取れてしまったので、インナーイヤー型イヤホンって使いにくいという先入観ができてしまっていたので、これには驚きでした。

音漏れが少ない

個人的には周囲に音漏れがして迷惑がかかることに、かなり気にするタイプなのですが、ヘッドホンタイプに比べると、インナーイヤータイプのワイヤレスイヤホンは音漏れがかなり軽減できます。

実際にSoundPeatsを装着した状態で、周りの人に音漏れチェックをしてもらいましたが、まったく気にならないという回答でした。

ペアリングがすぐに完了

ペアリング失敗で、iPhoneやAndroid携帯本体から音が出てしまうことほど恥ずかしいことはない、と個人的には思うのですが

いまのところSoundPeatsではペアリング失敗でそのような状態になったことはまだありません。

ペアリングの正確さはBOSEの2万円ヘッドホンと変わらないレベルで

瞬時にペアリングしてくれる感覚です。

耳が痛くならない

耳の上に被せるヘッドホンはどうしても長時間の装着で耳が痛くなってしまうものです。そんな中でもBOSEのヘッドホン

圧倒的に耳が痛くならない「やさしいイヤーカップ」になっているので、それが購入の決め手になったのは事実で本当に快適です。

でも、ヘッドホンに比べると、インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンは

そもそも耳の上に被せるものではないので、耳が痛くなるということ自体がないのが大きなメリットです。

スポーツに使える

ジムでトレーニングする時に重宝します。

音楽がなくてもトレーニングはできますが、あると退屈しないのと、トレーニングのモチベーションもあがるのでトレーニング効果アップも期待できます。

実際にSoundPeatsを購入してジムトレーニングでも活用していますが

辛いダンベル、バーベルトレーニングがかなりススムようになりました。

ただし、ランニングマシーンなど耳部分に振動が伝わるトレーニングはイヤホンが取れやすいので、向かないと思います。

海外とか盗難の心配がある場所でも使える

イヤホンをつけていると、髪が長い人はつけていることはまったくわからないですし、髪が短い人は、わかるけどそんなに気にならないものです。

一方でヘッドホンは明らかにつけていることがわかりますよね(当然ですがw)

海外旅行とか行った際に、ヘッドホンをつけていると目立ちますし、高級なヘッドホンなら、なおさら盗難のターゲットにされてしまう可能性はあります。

しかしワイヤレスイヤホンならそんな心配はありません。

SoundPeatsは3,500円くらいなので、もし盗難にあっても痛くなく諦めがつくのもおすすめポイントになります。

ワイヤレスイヤホンのデメリット(悪いところ)

耳から外れて落としやすい

今回使ってみて、装着している時はあまり外れてしまうことはないのですが

取り外す時にポロっと落として転がって隙間に入り込んだりするようなケースに何回か遭遇しました。

ケーブルイヤホンやヘッドホンに比べると、圧倒的に落としてなくすリスクが高いので、取り外すして充電ケースにしまう時は細心の注意が必要です。

また外でランニングをしたりするような激しく運動するようなシーンでも向きません。

遮音性が高いので周囲の環境音が聴きにくい

SoundPeatsの標準付属のインナーイヤーパーツが私の耳の形と非常にフィットしたからかもしれませんが、

非常に遮音性が高く、まるで耳栓をしているかのような状態になります。

その結果、非常に良い音質を体感できているわけですが、一方で、周囲の環境音まで遮断されてしまう点はマイナスポイントとしたいです。

音楽を聴きながら歩く時などは、ヘッドホンタイプよりも注意が必要だと思いました。

耳の形状に合わない場合がある

マイナス評価で多く見かけるのが

音質が悪い、耳にフィットしないなど

付属のイヤーパーツが合わないことが原因のケースが多いのですが、付属品の中に予備のイヤーパーツがついているので、これでフィットすれば問題解決なのですが

合わない場合は別売りのイヤーパーツを探す必要が出てきます。

この辺りはインナーイヤー型イヤホンを選ぶ上でのリスクと言えます。

イヤホンを取り外した時に耳カスが付着していると恥ずかしい

すごく個人的な話のですが

インナーイヤーイヤホンを取り外した時に、たまーに耳カスがついていることがあって、

人前で取り外す時は注意していたりします。

常に耳は清潔に保っているのですが、

インナーイヤー型は耳の奥まで密着した状態で挿入する感じになるので、そういうのが影響していると思われます。

それだけ耳にフィットしているというわけですがw

ワイヤレスヘッドホンのメリット(良いところ)

冬はイヤーパッド的な防寒具としても役立つ(暖かい)

個人的に冬場はとにかく耳が冷えるのですが、ヘッドホンをしていれば暖かく防寒具としての役割を果たしてくれました。

なので音楽を聴くというだけでなく、イヤーパッド的な防寒具としてもこの冬は活躍してくれました。

首にかけることでファッションアイテムとしても使える

イヤホンに比べてヘッドホンは単なるオーディオ機器ではなく

ファッションアイテムとしても活躍してくれると思っています。

首にかけるだけでも、

「この人音楽好きなのかな?」

とまでは思われないかもしれませんが、トータルファッションのアクセントになる小物として使えると思います。BOSEのヘッドホンは質実剛健、音質、使い勝手勝負なのでファッション性を追求するならBeatsのヘッドホンですね

Beats solo3 wirelessオンイヤーヘッドホン [amazon]

ワイヤレスヘッドホンのデメリット(悪いところ)

夏は暑くて汗だくになる

メリットのパートでヘッドホンは冬は防寒具として使える!と言ったくらいですから、夏のヘッドホンはイヤーパッド部分が汗でベタつくのは想像の容易いでしょう。

そんな汗でベタついたヘッドホンを、真夏に使い続けるのは潔癖症な私はちょっと無理です。

イヤーパッド部分が劣化しやすく、交換コストがかかる

QC35交換イヤーパッド [amazon]

汗でベタついた状態のイヤーパッドは劣化も早く、イヤーパッドが劣化してボロボロになってくると、パッド自体も交換が必要になります。

純正のパッドは高いので、非純正のパッドを私も選んで交換してみましたが使用上は特に問題なし。でも、非純正でもそこそこのお値段はします。

イヤホンよりも、ヘッドホンの方が消耗しやすく、メンテナンスが必要な音響機器という認識が必要ということになります。

周囲に対する音漏れが気になる

インナーイヤー型イヤホンに比べると、ヘッドホンの方が周囲に対する音漏れは注意が必要です。

耳とイヤーパッドの間に空間ができるので、音漏れは仕方ないのと

その空間が素敵な音源再生に一役買っているのでヘッドホンゆえ仕方ないということになります。

持ち運びに場所をとる、物理的に壊れやすい

ヘッドホンゆえに、イヤホンと比べると場所は取ります。

イヤホンに比べると物理的に壊れやすい構造をしているので、持ち運び用、破損防止用のケースに収納すれば、すっきり持ち運びはでいますが、これも荷物になる要因のひとつですね・・・。

ケースに入れても満員電車で押しつぶされそうな時は、ヘッドホンが壊れないかヒヤヒヤするシーンも度々遭遇しました。

まとめ:ワイヤレスイヤホン「サウンドピーツ」がオススメの理由

 SoundPEATSTrueFree+ ワイヤレスイヤホン [amazon]

というわけで、今回、ワイヤレスヘッドホンとワイヤレスイヤホンのメリット、デメリットについて比較してみましたがSoundPEATSTrueFree+を買ってみて、かなり快適に使えているのでオススメです。

・3500円程度とは思えないほど音が良い

・安いからガンガン使える

・落として無くしても諦められる

・ジムトレーニングや海外旅行が楽しくなった

これに尽きます。

とはいえ3500円程度のワイヤレスイヤホンなのでスペック的に限界はあります。よってオーディオに厳しい人なら、ツッコミどころ満載なイヤホンだったりしますが、普通に音楽を聴く程度の人なら、かなり満足度高く、音楽生活が変わると思います。

Amazonプライム会員ならAmazon musicが特典として使えるので、iPhone+Amazon MUSICアプリ+ワイヤレスイヤホンの組み合わせで、かなり毎日の生活が楽しくなると思います。

私もAmazonプライム会員で毎日の通勤、車の中でもAmazon Musicを楽しんでいますよ。

というわけで、長文記事ながら最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする