【保存版】ニンテンドースイッチmicroSDカードの選び方|おすすめのサイズ容量メーカーは?

スポンサーリンク

後悔しない任天堂スイッチ用マイクロSDカード(メモリーカード)選び

ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入したい周辺機器といえば、microSDカード。しかし、メモリーカードのサイズ容量や、読み込み書き出し速度など、どれを選べば良いのか見当も付かないという人、多いのではないでしょうか。

そこで、今回はニンテンドースイッチ本体用として別売microSDカード購入を検討する際に知っておくべき情報をとことん集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ニンテンドースイッチ本体内蔵メモリと別売microSDカードの違い

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド [amazon]

実はニンテンドースイッチ本体には32Gの保存領域が用意されています。

となると

「別売りのmicroSDカードなんて必要ないのでは?」

と思われる方もいるかもしれませんが、本体に内蔵されている32Gの保存領域と別売りのmciroSDカードでは保存できるデータの種類に違いがあるんです。

ニンテンドースイッチ本体内蔵の保存領域(32G)

・ニンテンドースイッチのシステム領域に一部使用されているため32G全部が使えるわけではない

・セーブデータは本体内蔵の保存領域にしか保存できない

・ダウンロード購入したゲームデータや画像データを保存できる

別売microSDカード

・セーブデータは保存できない。本体内蔵の保存領域のみに保存できる

・ダウンロード購入したゲームデータや画像データを保存できる

つまり、セーブデータはニンテンドースイッチ本体のみに保存する必要があるので、その分の容量を圧迫しない程度に本体の保存領域は確保しておく必要はありそうです。

別売microSDカードには購入したダウンロードゲームなどを保存するために使うことになります。

ということは

「ダウンロードゲームは購入する予定なし、パッケージ版オンリーです」

という方がmicroSDカードは不要というわけですね。

 ニンテンドースイッチ本体で使えるmicroSDカードの種類は?

ニンテンドースイッチでは下記3種類のmicroSDカードが使用できます。ただし
microSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要があるため、ネットに繋げる環境がない状態で、すぐにゲームを遊びたいならmicroSDXCメモリーカード以外を選んでおくのが無難です。

ところで使えるmicroSDカードは3種類あるのですが、その違いについて簡単に説明していきたいと思います。

microSDメモリーカード(2GBまで)

microSDHCメモリーカード(4〜32G)

microSDXCメモリーカード(128〜265GB)※ネットに繋いでシステム更新必要

簡単にまとめると、XCメモリーカードになるほど容量サイズがアップする感じ。よって、大容量のmicroSDカードを選ぶ場合は必ずmicroSDXCになります。

より高速な読み込み速度(転送速度)をもったmicroSDカードがおすすめ

とりあえず、microSDカードであればなんでも問題なし!

ということで、あとは値段が安いものを選んでしまいがちですが、より快適にゲームを遊ぶためには、読み込み速度(転送速度)が速いmicroSDカードを選んでおきたいところ。

値段の安いmicroSDカードの中には読み込み速度が遅いモノもありますので、値段だけで選んでしまうとあとで後悔してしまうことも!

「しかし、いろいろな規格があって、よくわからん!」

という方もいると思いますが、そんな時はUHS-I(Ultra High Speed Phase I)に対応したメモリーカードを選んでおけば無難です。目安となる読み込み速度は60~95MB/秒程度は欲しいところです。

UHS-I(1)読み込み速度最大40/MB

UHS-Ⅱ(1)読み込み速度最大260/MB、書き込み速度最大120/MB

UHS-Ⅱ(3)読み込み速度最大270/MB、書き込み速度最大250/MB

となると、ニンテンドースイッチ用としてはUHS-Ⅱ(1)、もしくはUHS-Ⅱ(3)を選んでおきたいところ。UHS-Ⅰ(1)とUHS-Ⅱ(1)では読み込み速度で6倍以上の違いがありますので、実際に使ってみた際の快適さが断然違ってきます。安いからといってUHS-Ⅰ(1)を選んでしまうと読み込み速度の遅さにイライラするかも!?

ニンテンドースイッチにおすすめmicroSDカード容量サイズは?

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB [amazon]

繰り返しになってしまいますが

「ゲームのダウンロード版購入はしない、パッケージ版だけで遊ぶ」

という方がmicroSDカードはすぐ購入する必要はないと思いますが、

「ダウンロード版購入を結構考えています!」

という方はmicroSDカードは本体とセットで真っ先に購入検討すべき周辺機器です。

そこで、まずは今人気の主要スイッチソフトのダウンロード版のファイルサイズについて調べてみましょう。

10GBオーバー

[14.3G]ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版 [amazon]

[13.1G]Xenoblade2|オンラインコード版 [amazon]

5GB以上〜10GB未満

[9.8G]モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.|オンラインコード版 [amazon]

[6.8G]マリオカート8 デラックス|オンラインコード版 [amazon]

[6.6G]ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch|オンラインコード版 [amazon]

[5.3G]スーパーマリオ オデッセイ|オンラインコード版 [amazon]

5GB未満

[4.1G]Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版 [amazon]

[1.3G]1-2-Switch(ワンツースイッチ)|オンラインコード版 [amazon]

[3.1G]ARMS|オンラインコード版 [amazon]

ニンテンドースイッチ本体の内蔵メモリは32G

そのうち約4GBがシステム領域ですでに使われていますので、実際に使えるのは32GBのうち約28GBくらい。

ゼルダの伝説(14.3G)+ゼノブレイド2(13.1G)の2タイトルをダウンロード購入すると27.4G使ってしまいますので、セーブ領域も不足してしまいます。

となると

ダウンロード版のゲームを中心に遊ぶならmicroSDカードは64G以上推奨

とはいえ64GBでも人気ソフトをいろいろダウンロード購入すれば、まったく容量足らなくなるのは想像できそうです。

よって予算が許すならば、ぜひ128Gを選んでおきたいところです。

公式ライセンス商品、ノンライセンス商品のどっちがおすすめ?

必要なSDカード容量が見えてきたところで、次に悩ましいのがmicroSDカードでもニンテンドースイッチのロゴがプリントされた「公式ライセンス商品」と、見た目はノーマルの「ノンライセンス商品」

※ノンライセンスとはいえメーカー独自でニンテンドースイッチ本体で動作確認を行っているものもあります。

いずれもmicroSDカード規格なので使えないことはないのですが、どっちを選ぶか?ということになるわけです。

ニンテンドースイッチ公式ライセンスmicroSDカード

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード64GB [amazon]

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード128GB [amazon]

任天堂のゲーム機WiiUはSDカードに対応していたのですが、当時は任天堂自体が自社ブランドのSDカードを発売していましたが、ニンテンドースイッチでは自社ブランドでの発売は行わず、周辺機器メーカーで有名なHORI社が、任天堂から公式ライセンスを受けたマイクロSDカードを発売しています。

2018年1月時点での実勢価格と、1Gあたりの単価は下記の通りです。最大容量は128Gということで、1Gあたりの単価は若干割高ですが、ダウンロード版のゲーム容量を考慮すると128Gか、またはコスパの高い64Gが選択候補になりそうです。

16G 約2,000円(1Gあたり125円)

32G 約3,000円(1Gあたり93円)

64G 約5,000円(1Gあたり78円)

128G 約16,000円(1Gあたり125円)

一般的なmicroSDカードの実勢価格と比べると、公式ライセンス商品は若干割高ではありますが、任天堂の厳しい動作チェックを受けたライセンス商品ということでもあるので信頼性が高いのがポイントです。

※microSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要です。

ノンライセンスmicroSDカード

Samsung microSDXCカード 128GB EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 (最大読出速度100MB/s:最大書込速度90MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC128GA/ECO [amazon]

128G 約8,000円(1Gあたり62.5円)

任天堂の公式ライセンスを受けたmicroSDカードではないけれど、一般的なmicroSDカードの中では人気なのがサムソン製のこちらのモデル。

メーカー側もニンテンドースイッチでの自発的な動作チェックは行っているようですが、任天堂から公式ライセンスを受けた商品に比べれば、動作チェックにかけた時間とその深さに違いがありそうです。とはいえ実売価格がかなり安いのは大きな魅力。

その他、microSDカードを探している方はこちらから検索してみてください。

※microSDXCメモリーカードを使用する場合はニンテンドースイッチ本体をネットに繋いで本体のシステム更新をする必要です。

まとめ

というわけで、今回、ニンテンドースイッチ本体といっしょに購入したいmicroSDカードについて、とことん解説してみました。

そこまでの容量は使わないのに、無駄に大容量のメモリーカードを選んでしまうのも勿体無いですが、容量が全然足りず2枚目、3枚目のmicroSDカードを購入しなければならなくなるのも、なんとなく勿体無い。

必要な容量をよく検討した上で、用途にあったメモリーカードを選んでくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする