【転職活動】転職エージェントと知り合いコネ経由ではどっちがおすすめ?(メリットデメリット比較)

転職活動をするにあたって、気になること

それは転職エージェント経由と、知人のコネ経由ではどちらがおすすめのか?という点があります。

コネ転職だと採用率が高そうな気がするけど本当にそうなのか?

気になる「転職エージェント」と「知り合いコネ入社」のメリットとデメリットについて比較します。あくまでも筆者の実体験に基づく話ですので、皆さんの環境によって変動すると思いますが参考になれば幸いです。

知り合いコネ入社のメリット

知人経由での紹介入社、いわゆるコネ入社はのメリットは「書類審査」「面接」の突破率の高さです。

なぜ、知り合い経由の入社だと採用率が高いのはそれには理由があります。

・知り合いがあなたの能力を理解しているから

・よってあなたを採用しても大きなハズレがないから

企業における人材採用活動は「自社が求める優秀な人材にマッチしているか判断するするためのテスト」で構成されています。

「書類選考」「面接」「適性検査」などはすべて、その人材の能力を判断するためのテストツールに過ぎません。しかし、そのような「テスト」をどれだけやっても、応募者の一部分しか見えず、実際に数年にわたって一緒に働いて、その能力を実感している知人にはかなわないというわけです。

つまり、コネ入社とは紹介してくれる知人の「目利き力」と「信用力」を利用した就職活動と言い換えることもできます。

そして、この採用率の高さは、実際の紹介してもらう知人のその会社内における影響力と比例します。もしその会社内で要職についているとか、評価や影響力が高い場合は採用率がさらにあがります。

もう一つのメリットが表向きでは人材募集をしていないような会社でも入りやすいという点にあります。

どうしても働きたい会社があって、表立って人材募集していない場合は知人経由でアプローチするのがポイントです。

【余談】

ちなみに、これが効くのは国内の企業だけであって、海外の場合は知り合いがいなくても、希望する職種の募集がなくても、自分から売り込んでいくような転職スタイルもありますので、どうしても知り合いがいないけど、入社したい会社があって表向きでは人員募集していない場合は、大代表から自分を売り込むのも方法としてはアリです。

知り合いコネ入社のデメリット

実は知り合い経由での紹介入社には多くのデメリットがあります。

これは意外に聞こえるかもしれませんし、なぜそんな事がいえるのかというと筆者が知り合い経由での転職経験が豊富だからです。実際に入社して感じた知り合い経由でのコネ入社のデメリットについてご説明しましょう。

①知人の社内影響力と比例して採用確率が下がる

もし、紹介してもらう人が、その会社内での評価が低い人なら、その知人経由での転職活動はデメリットしかありません。あなたの能力は適切に評価されず、あなたが優秀であっても落ちる場合が高くなります。

冷静に考えてみてください。社内で評判が悪い人が推薦する外部の人をあなたは採用したいと思いますか?

②条件交渉(ポジション、給料)がしにくい

知り合い経由で入社するということは、あなたの給料や配属先も、その知り合いの意向が何かしら反映されると考えた方が無難です。

もしその人があなたの元上司なら、転職時に元の関係性は、元上司の意向が働き条件に反映されやすくなります。

また、もしあなたが条件に不満があっても交渉はしにくく、最悪の場合「言い値」で給与が決まってしまう場合があります。

③知人との人間関係に依存してしまう

知人経由で入社すると、知人がその会社にいても、またはその会社を辞めても人間関係として依存してしまう傾向があります。つまりあなたはその人に「大きな借りがある状態」を作ってしまうということです。

また、もし今後転職をしたくなっても、その知人の建前上、転職しにくくなる状況は覚悟しておく必要があります。

④入社後の周囲の視線は厳しい

知人経由で入社した人と、正面突破で入社した人は常に社内でも比較されます。基本的に入社後の周囲の視線は「見た目は穏やかでも内心は穏やかではない」と覚悟しておきましょう。

あなたのスキルが十分なら問題ありませんが、もしその会社に対して不足している状態での入社であれば相当頑張らなければ厳しい状況が待っています。

転職エージェント経由のメリット

一方で、一般的な転職手段として「転職エージェントを使う」という方法があります。転職エージェントを使うメリットとして大きく3つ挙げられます。

・転職エージェントの交渉力、営業力、コネクションを活用できる

プロ野球選手における代理人のような立場で、あなたの能力を高く企業に売り込み適正な条件(ポジション、給料)を引き出してくれます。

また、転職エージェントの強力なルートを使うことで書類審査をパスして、1回目から役員面接に進めるなどのメリットがあります。

・複数の転職活動を並行実施できるため時間の節約になる

同時に複数の転職エージェントを走らせることができるため、限られた時間の中で多くの企業にアプローチでき、効率的に転職活動を進められます。

・人間関係にしがらみがない

転職エージェントとはあくまでもビジネス上の関係であるため、しがらみがありません。行きたくない企業はや、満足いかない条件にお断りを入れることになんら配慮は不要です。

転職エージェント経由のデメリット

一方で、転職エージェント経由にはデメリットもたくさんあります。

①転職エージェントの能力に大きく依存する

転職エージェント経由のデメリットは転職エージェントの能力によって、あなたの転職活動が大きく影響を受ける点にあります。

極端な話をすると、どんなにあなたが優秀でもダメな転職エージェントにお願いすると、まともに書類選考すら突破できません。一方で優秀な転職エージェントなら書類選考すらなく、1回目の面接で役員クラスと面接することになります。

②自分の希望と一致しない案件を紹介される場合がある

自分が希望する企業よりも、転職エージェントが抱えている企業案件を紹介されるケースがあります。そして、そこにエントリーするようおすすめされるわけです。これもダメな転職エージェントの分かりやすい例となります。

③人間関係にしがらみがないため結果にコミットしない

転職エージェントとの関係はあくまでも転職活動における「両者の利害関係が一致」しているから成り立っているだけです。

あなたは希望の会社に条件アップで転職できればいいですし、転職エージェントはあなたを転職させて企業から紹介料をもらうことを目的としています。

ゆえに知人経由の転職と大きく異なるのは、あなたに金銭的価値がないと判断されたり、他に優先順位の高い人材が現れた場合は、「あなたを転職させるという結果にコミットしない」という状況が生まれます。

分かりやすい例をあげると

「あなたに企業を1件紹介して書類審査が通過しなかったら、その後、新しい案件の紹介はないとか、または書類審査に出したけど進捗連絡をしてこないとか(審査で落ちているから放置している)」

といった事が実際にあります。

あなたは数多い「商品のひとつ」に過ぎないのです。なぜ、こんな事ができるかというと「人間関係におけるしがらみ」が存在しないからです。

実体験から知人の紹介経由での入社はおすすめできない理由

今回、「知人経由」「転職エージェント経由」におけるメリット、デメリットについてお話ししましたが、その中でもっとも注意したいのは知人経由における転職のデメリットにおける

③知人との人間関係に依存してしまう

④入社後の周囲の視線は厳しい

この2つのデメリットが大きと思います。

あなたにとって今回の転職活動が無意味になる可能性がありますし、今後の人生にも影響を与えるリスクがありますので、この2つのデメリットだけで、知人経由での転職はおすすめできません。

かといって、転職エージェントにおいてもデメリットがある事をお話しました。

これらデメリットを解消する方法は「ダメな転職エージェント」ではなく「優秀な転職エージェント」にどれだけ出会えるか?にかかっています。下記の記事でも触れていますので参考にしてください。

ここを解決できるかが転職活動を成功できるかの分かれ目になります。

【リアル体験】すぐに連絡を絶つべきダメな転職エージェント事例ランキングベスト10

転職活動におすすめ転職サービス

実際に筆者が使ってみた転職サービスや周辺で評判の高い転職サービスだけをご紹介します。もちろん下記以外にも様々なサイトはありますが、

どこに登録しても大差はないのですが、複数登録しておくのがおすすめです。登録しないと始まりませんので、まずは登録しておきましょう(登録は5分くらいで済みます)

JACリクルートメント(大手転職エージェント)

私の場合、JAC経由での面接はすべてZOOM経由で自宅オンラインでした。オンライン面接で最後まで進行できる案件が多かったのでオンライン就職活動にはおすすめです。ほぼ大手企業の求職案件をカバーしていますし、JAC独占の募集案件もあります。

マイナビエージェントIT

IT、Web系の転職ならマイナビエージェントは強いです。登録必須の転職サービスですね。

転職会議エージェント(穴場の総合転職サイト)

総合的な転職サイトはいろいろありますが、リブセンスが運営する転職会議エージェントはクチコミサイトも併設されており、かなり使えます。広く情報収集をしながら転職活動を進めたい人にとっては登録必須のサービスです。

for a career(20代、第二新卒特化型エージェント)

カウンセラーの9割が20代という、まさに20代に特化した転職サービスです。筆者は使った事はないのですが最近、転職してきた20代の若手がここを使っていて評価が高かったので掲載しておきます。

まとめ

今回、「転職エージェントと知り合いコネ経由ではどっちがおすすめ?」メリットとデメリットは?というテーマでお話しました。

実はこれらは全部、10年前の自分に教えてあげたかったことばかりなのです。10年前、こういう事を知っていたら、それ以降の「転職活動」や「転職後の仕事」で悩み迷うこともなかったと思います。

そんな辛い想いを少しでも減らせるように、今回の記事がみなさんのお役に立てると嬉しいです。