【当サイト人気カテゴリー】
ニンテンドースイッチPS5PS4無料PCゲーム

【エコで繰り返し使える】充電式LEDランタンがおすすめの理由10個(メリット・デメリット比較)

スポンサーリンク

充電式LEDランタンの使い勝手が良すぎる!おすすめの理由を徹底解説

最近、ソロキャンプを始めました。

キャンプにハマると必ずブチ当たるのが「ランタンの選び方」です。

オイルランタンにするべきか、LEDランタンにするべきか、

悩んでしまうところなのですが、今回は実際に充電式LEDランタンを使ってみてわかった10個のメリットについて実体験を踏まえてご紹介します。

もし、この記事を読んでいる皆さんが充電式LEDランタンの購入を迷っているなら、参考になれば幸いです。

最後に実際に購入してみて使い勝手が良かったLEDランタンについてもご紹介いたします。

充電式LEDランタンおすすめ理由1:火を使わないので火災の心配なし

オイルランタンはその名前の通り「オイル」を使って火を燃やします。

よって火を取り扱う必要があり、キャンプには燃料となるオイルも持参しなければなりません。

よってランタンの取り扱い次第では火災の心配があります。

さらにオイルを持ち運んだり、自宅に保管する上での厳重な注意が必要となりますので、手間がかかります。

一方で充電式LEDランタンはバッテリー駆動するため、火災の心配も取り扱いの面倒臭さもありません。

ここは大きなメリットと言えるでしょう。

充電式LEDランタンおすすめ理由2:密閉したテントの中での一酸化中毒の不安なし

オイルランタンは「火」を使うため、密閉した空間の中で長時間延焼していると一酸化中毒の心配が出てきます。

キャンプはアウトドアですから普通に考えれば一酸化中毒の心配は無いのですが、例えば冬の寒い時期にテントの中でオイルランタンを使う場合は注意が必要です。

一方でLEDランタンは火を使いませんので、一酸化中毒の心配もありません。

充電式LEDランタンおすすめ理由3:乾電池不要!繰り返し充電して使えるのでランニングコストがかからない

STAR(スター) アウトドア キャンプ ランタン用オイル [amazon]

当たり前ですがオイルランタンの場合はオイルが必要です。

1リットルで2000円くらいのランニングコストがかかります。

一般的な電池式のLEDランタンは乾電池が必要になります。

こちらもランニングコストはかかるというわけです。

一方で充電式LEDランタンはキャンプに出かける前に充電しておけば、2泊程度のキャンプでも十分に対応できてしまいます。

さらに繰り返し使えますので環境にも優しく、ランニングコストがほとんどかからないというメリットがあります。

充電式LEDランタンおすすめ理由4:LEDなので熱くならず火傷の心配なし

オイルランタンの場合は火を燃やしているわけですから当然、熱くなります。

一方でLEDの場合、ほとんど熱くならないため火傷の心配がありません。

また夏など暑い季節の場合、さらにその暑さに拍車をかけるような事がなく、快適に使えるというメリットがあります。

充電式LEDランタンおすすめ理由5:LEDなので明るい

LEDランタンの場合は、当然LEDなのでオイルランタンと比べても圧倒的に明るいというメリットがあります。

よってLEDランタン1個あるだけでも、キャンプにでは重宝しますし

複数あれば昼間と変わらないくらいに快適な夜キャンプが可能になります。

充電式LEDランタンおすすめ理由6:コンパクトなLEDランタンもあるので荷物にならない

LEDランタンはその構造自体が非常にシンプル、かつコンパクトになっているので、荷物にならないというメリットがあります。

もちろん大型のLEDランタンもありますが、小型でも性能的に極端に劣るというわけではないので、小型のLEDランタン1個でも十分にその役割を果たしてくれます。

車で行くオートキャンプなら荷物にそれほど気を使う必要はありませんが

バイクや自転車でソロキャンプに出かけるなら、荷物の量は極限まで減らす必要がありますので、LEDランタンはかなり重宝するというわけです。

充電式LEDランタンおすすめ理由7:値段が安いので複数購入して使える

その昔、LEDがまだ登場して間もない頃は非常に高額でしたが、

最近は一般化してしまった事もあり、1000円程度でも十分使えるLEDランタンを購入することができるようになりました。

安いので気軽に新しいLEDランタンを購入しやすいですし

複数買いでもお財布に優しいというメリットがあります。

充電式LEDランタンおすすめ理由8:軽いのでテントやタープにクリップで付けられる

小型のLEDランタンの場合は、とにかく軽いので

テントやタープなどに直接取り付けることもできます。

実際にこちらはタープに取り付けてた写真になります。

つまり取り付ける場所を選ばないという点はオイルランタンにはないメリットになります。

充電式LEDランタンおすすめ理由9:LEDランタンからiPhoneへの充電も可能

キャンプに出かけるにあたって皆さんスマホも持って行くと思いますし、スマホ用の充電モバイルバッテリーを持参する人も多いのではないでしょうか

しかし、その充電バッテリーが切れてしまった場合、皆さんはどのようなバックアップ案を考えていますか?

充電式LEDランタンの多くはモバイルバッテリーとしての機能も備えているため、スマホへの充電も可能となっています。

これはいざという時にかなり役立ちますし

オイルランタンや、電池式LEDランタンには無い機能です。

充電式LEDランタンおすすめ理由10:防滴仕様なら雨天でも使える

LEDランタンの中には多少の雨でも問題ない防滴仕様になっているものもあります。

キャンプで雨に見舞われてしまった場合でも防滴仕様のLEDランタンなら、急いでテントの中に取り込まなくて、そのまま外に置いていてもある程度は問題ありません。

安くて使える!おすすめLED充電式ランタン

ここまで充電式LEDランタンのメリットについてご紹介してきましたが

非常にメリットが多く、キャンプ初心者から中級者には使い勝手が良いと思います。

もちろんオイルランタン、電池式LEDランタンにもメリットがあります。

オイルランタンには実際の「火」ならではの趣がありますし

電池式LEDランタンには電池を現地で購入すれば使えるというメリットもあります。

しかし、総合的に見ると充電式LEDランタンは使いやすく、筆者も現在は充電式LEDランタンを使っています。

そこで、実際に使ってみたからこそオススメできる充電式LEDランタンについてご紹介いたしましょう。

LE LEDランタン パワーバンク(モバイルバッテリー不要メインランタン)

LE LEDランタン パワーバンク[amazon]

実勢価格:3,000円くらい

いろいろなLEDランタンがありますが、その中でもこのランタンはイチオシです。

大きさは6.5インチのスマホサイズなので、iPhone11くらい。ランタンとしてはコンパクトな部類に入ります。

下のコネクタでUSB経由でランタン本体を充電して、上のコネクタからスマホへの充電ができます。カタログスペック上のバッテリーサイズは4400mAhなので、iPhone11なら1回フル充電できるくらいなので緊急時の予備バッテリーとしても使えます。

実際に使うととにかく明るく、むしろ眩しいくらいなので

真っ暗なキャンプ場ではむしろ明る過ぎる可能性はあるのですが4段階で切り替えられるので、キャンプ場の状況に応じて調整できるのは嬉しい機能です。

類似商品も多いのですが、それらは電池式だったりするので

価格、充電式、機能性を考えるとかなりおすすめの LEDランタンになります。

もちろん防滴仕様なので、この価格からすると文句のつけようはありません。

Finnart  LEDランタン(軽量充電式LEDランタン2個セット)

Finnart  LEDランタン(軽量充電式LEDランタン2個セット)[amazon]

実勢価格:2,000円

コンパクトな充電式LEDランタンが2個セットで実際価格2,000円というお買い得過ぎる商品です。

重さは100グラム程と軽量で、かつ手のひらに乗るくらいの大きさなので荷物になりません。

さらにカラビナフックがついているのでタープやテントのフックに取り付けることもできます。取り付けても100グラム程度の重さなのでタープがたるまることもありません。

こんな感じでタープについている通し穴に引っ掛けることで、テントサイト全体を明るく照らしてくれます。

キャンプではほぼ使わないのですが、マグネットも内臓しているので金属部分に取り付けることもできます。

そしてこちらIP65防水機能となっており、濡らしても泥に落としても問題ないので、雨天のキャンプでもそのまま外で使うことができます。

2個セットで実勢価格はなんと2,000円くらい!

これだと壊れる前提で気軽に使えますね。

Goal Zero LIGHTHOUSE micro FLASH

Goal Zero LIGHTHOUSE micro FLASH[amazon]

とにかくコンパクトなLEDランタンを探しているなら、ソロキャンパーにも人気なゴールゼロのランタンがおすすめです。

小さな懐中電灯!?

と思うくらいにコンパクトながら十分にソロキャンプにおけるランタンの役割を果たしてくれます。

こちらのゴールゼロなのですが定価は3,000円くらいなのですが、あまりにも人気で2倍の6,000円くらいで売られているのが残念です。

定価に近い価格で販売されていたら迷わず買いです。

実際にこんな感じで使っていますが、ゴールゼロに傘をつけることで、さらにランタンっぽい使い勝手になるなど、カスタマイズすることもできます。

今回紹介したLEDランタンには気になるものがない!という方はAmazonには数多くのランタンがありますのでこちらからチェックしてみてください。

ランタンといえばコールマンですし、それ以外にもキャプテンスタッグや、懐中電灯のメーカーとして有名なジェントス等からもランタンが発売されています。

AmazonでLEDランタンを探す

LEDランタンスタンドがあるとさらに快適

ムーンランスキャンプテーブル[amazon]

ムーンランス用ランタンハンガー[amazon]

テーブルの上やテントやタープにLEDランタンを取り付けてもいいのですが、ランタンハンガーを使うとさらにLEDランタンを有効活用できます。

筆者も使っていますが、ムーンランスのキャンプテーブルと、そのオプションパーツであるランタンハンガーを組み合わせはおすすめです。

多くのキャンパーが使っている定番となっています。

FLYFLYGOランタンスタンド [amazon]

テントの周辺を灯でともしたい場合は、ランタンスタンドという選択肢もあります。LEDランタンを購入する際には、このような周辺機器もあると使い方が広がりますよ。

まとめ

今回、充電式LEDランタンのメリットについて解説してみました。

キャンプ沼にハマると最終的にはオイルランタンに行き着くのは間違いないのですが、充電式LEDランタンはメリットが多過ぎるので、

手軽にキャンプを楽しみたいなら、賢い選択肢だと思います。

ちなみに、LEDランタンは最近、一般化してきた在宅業務におけるオンライン会議の照明としても使えます。

下記の記事でも書いていますので参考にしてみてください。キャンプ以外の日常でも使えるのでおすすめです。

【大発見】キャンプ用LEDランタンが在宅業務ZOOMオンライン会議の照明におすすめだった