デジカメを超えた!?一眼レフカメラよりもGoPro HERO6がおすすめの理由(画質・価格・重さ比較)

スポンサーリンク

ミラーレス・一眼レフもいいけどGoProHERO6という選択肢もアリかも

軽くて、高画質、価格も5万円程度で購入できる!

一眼レフカメラよりも、気軽に持ち出せる!お出かけ用カメラといえばミラーレス一眼レフカメラが人気ですが、

そんな中、最近、注目が集まっているのがGoPro HERO6です。

GoProといえば動画撮影に最適なアクションカメラというイメージがありますが、新型のGoPro HERO6を実際に触れてみると、その使いやすさと性能の高さに驚くことでしょう。

私も、本格的な一眼レフカメラを持っていますが、GoPRo HERO6の手軽さを経験してしまうと、ちょっとしたお出かけカメラとしてはGoPro HERO6で十分な気がしています。

今回、新型GoPro HERO6の魅力について詳しく説明していきます。

簡単にまとめてみた「GoPro HERO6」5つの魅力

GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW [amazon]

まずは新型GoPro HERO6の魅力について振り返ってみましょう。

GoPro HERO6が発売されたのは2017年9月29日

発売からしばらく経ちましたが、先代モデルから大きく進化した機能は凄まじいものがありました。

1.とにかく高画質

GP1という新たなチップを搭載し、映像は4K、60フレームと、1080pに対応。前機種と比べると2倍にパワーアップしています。

2.手ぶれ補正機能がすごい

実際に使ってみると手ぶれ補正がかなり効いている印象。前機種のGoPro HERO5でも手ぶれ機能がついていましたが、明らかに違うとわかるレベルで進化しています。手持ちでも、機器にマウントしても、滑らかな映像撮影ができます。

3.耐久性がすごい

別売りのケースがなくても、本体のみで10mまで水中撮影が可能

4.音声コントロールが使える

声でGoProを操作できるので、離れた場所からも撮影可能です

5.タッチパネルで操作できる

サイズは2インチと小さいけど、タッチディスプレイで操作して設定を変更したり、ズームも可能になりました。

というわけで、ここまではGoPro HERO6すごい!という話ですが

実際にお出かけカメラとして使ってみると

・重さは約120グラム、軽い!

一眼レフカメラなら本体だけでも500グラム、ミラーレス一眼でも250グラムはします。さらにレンズが必要なので、実際の重量はそれ以上になります・・・。

実際に一眼レフカメラを持ち出して散歩すると、その重さから結構疲れます。短時間の散歩ならまだしも、ガツガツと結構歩く場合は、後半辛くなってきますね・・・。

お出かけカメラとして持ち出すハードルを下げてくれるのは、軽いという事はかなり重要な要素なのです。

・サイズは62mm×44mm×33mm、とにかく小さい!

手のひらにすっぽり収まってしまう程度の大きさだから、使いたい時に取り出せます。バックに一眼レフカメラを入れてお出かけしても、いざ使いたいという時に、バックから取り出すのが面倒なんですよね。

それと比べると、GoPro HERO6ならランニングポーチにも入るくらいの大きさなので、使いたい時にすぐに取り出せます。

FREETOO ランニング&サイクリング用 ベルト ランニングポーチ  [amazon]
・広角撮影ができる

スマホのカメラで写真撮影すると、目で見た風景よりも狭い範囲しか映らなかったという経験をした人も多いかもしれません。

これはスマホカメラが広角撮影を苦手なのが原因なのですが、GoProはインスタグラム用カメラとしても人気のように、広い範囲を撮影できる広角撮影を得意としています。

もちろん、一眼レフカメラでもレンズを交換する事で広角撮影ができますが、GoProの手軽さは一歩先を行くものがあります。

カメラを買っても、実際に使ってみて価値があるというもの。でもスマホカメラの画質では満足できない、という方にはGoPro HERO6はおすすめです。

今となっては一眼レフカメラよりも外出時の出番が多くなってしまいました。

【大人気ミラーレス一眼】ミラーレス一眼 Nikon1 J5

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL [amazon]

もちろんミラーレス一眼だって小型化、高性能化が進んでいます。

こちらのニコンのミラーレス一眼は重さ約231グラム(レンズ含まず、本体のみ)

薄さは約31.5mmという軽量ボディーが魅力で人気となっています。

GoPro  HERO6の120グラムと比べると重いのですが、ミラーレス一眼レフカメラならではの強みがあります。

・背景をボケさせてカッコいい写真撮影ができる

一眼レフカメラの魅力のひとつ、GoProではできないこと。それが単焦点レンズによって背景をぼかすことで生まれる「やわらかい世界」を撮影できます。

・背景をボケさせてカッコいい写真撮影ができる

一眼レフカメラの強みとしては、夜景をキレイに撮影できるところにあります。このあたりはスマホカメラはもちろん、GoProでも苦手な部分で、ミラーレス一眼に軍配があがります。

・所有欲を刺激してくれる

Nikon1 J5は、その質感、デザイン、どれをとっても秀逸で、手に取って持ち出したくなる存在感があります。これはスマホカメラや、GoProにはない部分です。

GoPRo HERO6の実勢価格は2018年2月時点で5万円を切るくらい、

一方でNikon1 J5はダブルレンズセットで5.5万円くらい。価格的には同じレンジになっています。

NiKon1 J5だけでなく、その他のミラーレス一眼こちらから探すことができますので、気になる方は一度検索してみては?

GoPro HERO6か、それともHERO5か?おすすめはどっち?

GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601 [amazon]

 GoPro アクションカメラ HERO5 Black CHDHX-502 [amazon]

ミラーレス一眼レフカメラも気になるけど、GoProが自分の目的に合っているかも!と思ったら、あとは機種を選ぶだけ。

とはいっても最新機種のGoPro HERO6か、前機種のHERO5なのか、2択になるわけですが、その違いを簡単にまとめてみました。

機種 GoPro HERO6 GoPro  HERO5
実勢価格(2018年2月時点) 5万円くらい 3万円くらい
写真 12MP / 30FPS 連写 / タイムラプス 12MP / 30FPS 連写 / タイムラプス
ビデオ 4K60 / 2.7K120 / 1440p120 / 1080p240 4K30 / 1440p60 / 1080p120
10m防水(防水ハウジング不要)
音声コントロール ◎さらにパワーアップ
QuikStories
電子式手ぶれ補正 ◎ さらにパワーアップ
GPS
Wi-Fi+Bluetooth
タッチズーム ◯ 
HDR撮影 ◯ 

GoPro HERO6とHERO5の価格差はだいたい2万円くらい。2万円あれば、安いデジカメが1台買えてしまうくらいなので、価格だけみればGoPro HERO5を選んでしまいそうですが、

GoPro HERO6は、ビデオ部分はHERO5の2倍!

さらに音声コントロール、手ぶれ補正が大きく進化しており、これだけで2万円の価値はあります。さらに画像の明暗をくっきり撮影できるHDR撮影もHERO6からの新機能となっています。

一方で、このあたりの違いに、それほど重要さを感じない方は、GoPro  HERO5はかなり安くなっており、お買い得価格だと思います。

まとめ

というわけで今回、お出かけカメラとしても大活躍中のGoPro HERO6にフォーカスしてみました。

インスタグラム用としても人気ですが、大きくパワーアップした最新機種HERO6は普通のカメラとしてもかなり使えるレベルになっています。

もちろんミラーレス一眼レフカメラも多くの強みはありますが、軽量、バックからの出しやすさではGoPro HERO6は本当に使いやすいので、スマホカメラから卒業して、一歩ステップアップを考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする