【日傘男子デビューしました】熱中症・日焼けアンチエイジング対策におすすめランキング

スポンサーリンク

男性が日傘をしても恥ずかしくない、キモくない

毎日暑いですよね。

街を歩く女性は普通に日傘をしてますし、カップルで彼女が日傘を持っていると、彼女の日傘にいっしょに入って歩いている彼もいます。男だって日傘の効果を実感しているんです。

でも、男性が日傘を持つと「恥ずかしい」とか「キモいと言われそう」とか、いろいろと目に見えない抵抗感があって、日傘を使ってもいいかも、という気持ちはありながらも、その一歩を踏み出せないという人はかなりいるのではないでしょうか?

実は私もその一人でした。

しかし、気温が40度を超えるようになると、我慢することがもはや無意味で、何かしら暑さ対策をしないと体を壊してしまうのでは!?という危機感を感じてしまうほど、最近の暑さは危険レベルにあると思います。

日傘って、日焼け対策じゃなくて、熱中症、暑さ対策として自分を守るための必須アイテムだと思うのです。この暑さは、もう「恥ずかしい」とか「キモいと言われそう」とか生ぬるい事を言っている場合じゃないんですよ。

というわけで、この夏、ついに日傘男子デビューしてみましたので、日傘男子デビューをするべきか悩んでいる方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

日傘男子ならぬ、日傘オヤジも増えている!?

とはいえ、男が日傘なんて「恥ずかしい」とか「キモいと言われそう」とか、ちょっと周囲の視線が気になってしまいます。

実際のところ知り合いの男性や女性に「男が日傘をすることについてどう思う?」と聞いてみたところ、まだまだ理解度は低い感じでした。

しかし、冷静になって周囲を見渡してみると、

日傘を持っている日傘男子ならぬ、日傘オヤジが結構増えつつあるのも事実。よーくみると、日傘男子、結構いるんです。

でも、よーく見ないと分からないくらい風景に紛れているだけで、そのくらい周囲の人もあまり気にして日傘男子を注視していないんです。だから、「恥ずかしい」とか「キモいと言われそう」とかあまり気にする必要も無いと思います。

ところで日傘オヤジが増えているという話をしましたが、この原因は、あまりの暑さに奥さんが気遣って旦那さんのために、日傘をプレゼントするようなケースが増えているためらしいです。

日傘によるメリット・デメリット

知っているようで、知らない日傘によるメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリット

・熱中症対策

気温40度を超えるような暑さの中で、もっとも注意しなければならないのが熱中症です。日傘がある無しでは明らかに体に及ぼす温度が違います。

リーベン 日傘 晴雨兼用 折りたたみ [amazon]

こちらは、今回実際に購入してみたリーベンというメーカーの日傘なのですが、サーモグラフィの画像をみると、日傘あり無しでは、かなりの温度差がみられますね。

・日焼け対策

健康的な日焼けはカッコいいから、むしろ日焼けしたい男性も多いのは事実ですが、日焼けは肌の老化を進めるのは事実で、年齢を重ねるごとに、しみや肌荒れの原因になります。

歳をとってもカッコよくいたいなら、早いうちからの日焼け対策がおすすめです。日差しが強い夏のちょっとした時間だけでも、しっかり日焼け対策したいものです。

デメリット

・恥ずかしい

機能面でのデメリットは無いのですが、やっぱり男が日傘をする事に対する恥ずかしさが最大、かつ唯一のデメリットでしょう。

私も最初はそうでしたが、しかし、恥ずかしいという気持ちは最初だけです。慣れてしまえば恥ずかしさはあまり気になりません。

実際に購入してみた!おすすめ男性向け日傘

リーベン 日傘 晴雨兼用 折りたたみ [amazon]

実勢価格:約3,000円

いろいろな日傘がある中で、今回、実際に購入してみたのはこちらの日傘です。

選んだ基準は以下3点です。

・バックに入る折りたたみ日傘

・雨でも使える晴雨兼用

・デザイン性は無視、とにかく暑さがしのげる機能性重視

リーベン 日傘は、傘の天井部分が銀色になっているのが特徴です。この銀色の部分にコーティング生地を使っており、太陽熱を効率良く反射します。実際に使ってみると、有ると無いでは明らかに体感温度が違います。

日傘男子おすすめ

↑こんな感じで普通の傘とは外観が違います。

日傘としてのスペック的には

UVカット率99%以上、遮光率99%以上とのことで、高い日傘効果が期待できます。

また、グラスファイバーやアルミを使っていることで重量は約240グラムくらい。折りたたみ傘なのでビジネスバックに持ち歩いても荷物になりません。

日傘 折りたたみ 完全遮光 [amazon]

実勢価格:約2,000円

最後の最後まで迷ったのがこちらの折りたたみ日傘。コンパクトですし、値段も安い、そして見た目は普通の傘と変わらないのでデザイン的にも問題なし。

重量は約220gなので携帯にも優れています。

日傘と併用したいおすすめ日焼け止め

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ [amazon]

日傘と併用したいのが、日焼け止めクリームです。

いくら日傘をしても強い日差しをシャットアウトするのは困難なので、日焼け止めクリームを日常的に使用するのがおすすめです。

女性にとって当たり前の日焼け止めクリームだけど、日常的に使っているという男性はまだまだ少数派。

その理由としては以下の3つがありそうです(私もそうでした)

・毎朝、クリームを塗ることに時間をかけられない

・クリームが白く残ってしまったり、匂いがするのが嫌

・どの日焼け止めクリームを選んだらいいかわからない

これを解消してくれるのが今回紹介するニベアサン プロテクトウォータージェルというわけ。

・ポンプ式なのですぐに使える(面倒じゃない)

・毎日使える量がある(気にせずどんどん使える)

・塗った後が白くならない(ウォータージェルなのでサッと馴染みます)

・匂いがほぼ無い(個人的感想ですが)

毎日の朝の習慣にすることで、日焼けによる肌の老化も防げるので、思い立ったらその瞬間から始めてみるのが良いと思います。私もこの夏から始めました。

ちなみに日焼け止めとしてのスペックはSPF50/PA+++ということで、日焼け止めとしては最大レベルになっています。

でもSPF50というと成分として強いイメージがあって過去に使ったSPF50の日焼け止めクリームでは個人的に肌に合わないものもあったので、それが日焼け止めを日常的に使う事への抵抗のひとつだったりしたのですが、ニベアサン プロテクトウォータージェルは本当に化粧水感覚で使えるUVジェルなので、いまのところ全く違和感なく使えています。

さらに、日焼け止めなのに、ヒアルロン酸に加え、天然植物エキス(うるおい成分)まで配合されているので、ぜひ男性も試して欲しいです

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125g
[amazon]

お得な詰め替え用も用意されていますので、リピートする際はこちらがおすすめです。

まとめ

というわけで、今回、増殖中の日傘男子におすすめ、メンズ日傘をピックアップしてみました。

猛暑が続いていますが、これをきっかけに日傘男子デビューしてみてはいかがでしょうか?最初はちょっと抵抗があるけれど、暑さは和らぎますし、未来の自分のために、日焼け対策としても有効ですよ。

というわけで、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする