【衝撃】発売日は2020年12月12日??新型PS5はPS4と互換性あり(SSD搭載最大8K対応・プレステ5)

スポンサーリンク

【衝撃】発売日は2020年12月12日??新型PS5はPS4と互換性あり(SSD搭載最大8K対応・プレステ5)

ついに公式発表されたプレイステーション5の実態!

公式アナウンスでは「2020年末発売予定」とされていますが、当サイトではズバリ発売日は2020年12月12日と大胆にも予測してみました。

その理由について詳しく解説していますので、ゲーム好きならぜひ読んでみてください!

発売日は2020年12月12日!?

歴代プレイステーション発売は全部、何かしらの数字合わせであり、PS2以外は土日発売でした。

PS2だけ木曜日になっているのは、当時、ゲームソフトは木曜日に発売されるのが通例で、それを反映したものと思われます。

なぜ木曜日発売かというと、木曜日に発売されて売り切れても土日で再入荷できるというお店都合の原理が働いていたためです。

一方で、平日である木曜日にプレイステーションのような朝から並んでも買いたいゲーム機が発売されることで、学校をサボってゲームを買いにいく現象がみられたため、PSP以降は土日発売というように配慮されてきました。

また、ソニーハードの発売日については何かしらの数字合わせがされています。

唯一の例外がPSVITAであり、12月17日というあまり意味がない数字合わせになっていますが、それ以外は綺麗に考えられた発売日といえるでしょう。

1994年12月3日(土)  初代PlayStation

1999年3月4日(木)  PlayStation2

2004年12月12日(日) PlayStation Portable (PSP)

2006年11月11日(土) PlayStation3

2011年12月17日(土) PlayStationVITA

2014年2月22日(土) PlayStation4

2020年12月12日(土) PlayStation5 ??

現時点でソニーから発表されているPS5の発売時期は2020年末ということですが、2020年12月の土日で、数字合わせが良い日がひとつだけあります。

それが2020年12月12日(土)なのです。

開発の遅延がない限りPS5はほぼ、この発売日ではないかと推測できそうです。

PS5のハードウェアスペックまとめ(2019年10月11日時点)

現時点で発表されているPS5のスペックについてまとめてみましょう

・超高速アクセス可能SSD搭載

・AMD社カスタムチップ搭載

・3Dオーディオ処理ユニット

・ゲームに限り最大8Kまで出力対応

・PS4との互換性あり(予定)

・PSVR対応(現行VRがそのまま使える?)

・コントローラに抵抗力を感じるトリガー採用

・ウルトラHDブルーレイ搭載(ゲーム用には100G使用可能)

ざっくり発表されたスペックだけ見ると

SSDといえばPS4でもSSD換装して楽しんでいる人もいるし、

8Kを楽しむには8Kテレビが必要だし、

ウルトラHDブルーレイも既にXboxOneで搭載されていたし

今までにないゲーム機!というほどではないかもしれません

シャープ 70V型 液晶 テレビ AQUOS LC-70X500 8K [amazon]

8Kテレビって、まだ30万円くらいするのですが、我が家なんてまだ4Kも買えておらず、2Kのままだったりします。

50V型 液晶テレビ HDR対応 4K対応 [amazon]

ようやく安いメーカーの4Kなら5万円くらいで買えるようになってきたので、もうしばらく4Kが売れ筋だと思うのですが、PS5には8Kを広めたいというソニーの狙いも含まれているのかもしれませんね

一方で、

PSVR対応、PS4との互換性ありといった、これまでのゲームソフトの資産を無駄にしない対応がされているので、既存のゲームファンとしては嬉しいですね。

現時点での印象としては

PS5というより、PS4.5という感じかもしれません。

というのは、次の項目でも詳しく説明しますが2019年5月に開催されたソニーの発表会で、ソニーのジムライアンさんから出た発言にさかのぼるのですが

「PS4はこの先、3年間は現役」という発言をしているためです。

最低3年間、2022年までPS4は現役ハード説

PS5は2020年末に発売される予定

でも2019年5月時点のソニーからの発言によると、これから3年間はPS4は現役(ゲームを発売していく)という意味

とすれば2022年あたりまではPS4でもソフトを出していくし、PS5が2020年に発売されてからは両方のゲーム機で同一ソフトを発売していく可能性がありそうです。

同じような現象はPS4が発売された2014年から2015年にかけてもありました

龍が如く 維新! – PS3 [amazon]
龍が如く 維新! – PS4[amazon]

2014年2月22日のPS4発売日と同時に「龍が如く維新」はPS3、PS4の両ハードで発売されています。

PS4がどれだけ売れるかわからないタイミングでの発売においては、龍が如く維新のように、ふたつのハードで同時発売しリスクヘッジをしようという考えが働くわけです。

このような両ハード同時発売対応を含めて3年後の2022年までPS4は現役ハードであるという発言に繋がったのか、

もしくはPS4はもう一段階、価格の値下げをしてさらに普及させる戦略を用意してからの発言だったのかもしれません。

ファイナルファンタジーVII リメイク [amazon]

とはいえ2020年3月3日にはいよいよFF7リメイクも発売されますし、まだまだPS4で話題が尽きないのも事実です。

新サクラ大戦[amazon]

漫画ブリーチの久保帯人をキャラデザに迎えた新しいサクラ大戦

ドラゴンボールZ KAKAROT [amazon]
カカロットになってドラゴンボールの歴史を追体験できるアクションゲーム

龍が如く7 光と闇の行方 [amazon]
アクションゲームからPRGに衝撃のジャンル変更を果たした龍が如く新シリーズ

といった話題作も2019年から2020年にかけて続々発売されますので、まだまだPS4は現役ですね!

【悲報】PS5はPS3、PS2、PS1とは互換性なし

一方で、ゲームファンの中では

PS4とPS5の互換性については検討中という発表がされた事に対して、

それならPS3、PS2、PS1との互換性もつけてほしいという声が多くあがっています。

実際のところ、PS3、PS2、PS1は過去のハードですので、いまからPS5と互換性を維持する必要はないのですが、

過去にはPS2とPS1、PS3とPS2といったハードの間で一部互換性が保たれてきました。この互換性については下記にまとめていますので参考にしてみてください。

【保存版】ゲームソフトの互換性を徹底解説

まとめ:PS4はまだ買いか!?PS5まで待ちか?

1年後のPS5の発売日を控えて

まだPS4本体を持っていない人は、待ちか、それとも買いなのか?

みたいな話、頻繁に出ますよね?

PS5の発売まで3ヶ月!!だったら「待ち」という判断もありですが、ゲーム好きなら1年なんて絶対に待てません。

迷わず、PS4本体を買って充実したゲームを遊んでください!

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB [amazon]

ただし8K対応となるPS5が登場するということで、現行のPS4スリムはまだいいのですが4K対応したPS4Proのポジションは、やや微妙な感じになるかもしれません。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB [amazon]

もう少し値段が下がってくるとPS4Proも魅力的なのですが、今後の値下げに期待したいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする